母の身終い [DVD]

  • 25人登録
  • 3.31評価
    • (2)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (2)
  • 3レビュー
監督 : ステファヌ・ブリゼ 
出演 : ヴァンサン・ランドン  エレーヌ・ヴァンサン  エマニュエル・セニエ  オリヴィエ・ペリエ 
  • TCエンタテインメント (2014年9月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4562227882730

母の身終い [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 僕は認められないかもしれない…作品自体はいいのだが、やはり切なくなる。自分のお袋が親父との別れを子供に相談せずに決めたことは僕は後悔しなかった。それが一番いい道で一番の別れ方だと思ったからだ。でも、自分がお袋と別れるときにどんな決断を下せるのだろうか?僕はお袋よりも強くはない……

    「母の身終い」
    https://www.youtube.com/watch?v=M0QN6-VvoZ0

    作品の冒頭を観ているとぶつかり合うところは我が家と同じような気がする。まぁ~子供はいつまでたっても子供ですからね。

    重度の脳腫瘍を患った母親の選択肢は自殺だった。自殺幇助が違法である祖国を離れスイスでの決行……俺なら付き添うことなんて不可能だし、もちろん止める。お母さんの主演女優賞は認められるが、この感情を表にあまり出さない主人公の主演男優賞は認めたくないものだな!

    僕なら「半落ち」の道を歩みそうな気がします・

  • 「どういうふうに死ぬか」は人にとってとても重要なこと。死が人間どうしの関係をつくっている面もある。
    あなたの人生は幸せでしたか、と聞かれて、人生は人生ですから、と言いきるクールさや、死生観を描きながらも押し付けがましくないところがとても良い。
    ターミナルハウスは思った以上に幻想的な美しさが流れる空間で、スイスにはこういうところがあるのか、と、噂には聞いていたが、新鮮な驚きだった。
    いよいよ最期を迎えるときの母役の方の演技が、なんだかとっても良かった。

  • 出所した息子と年老いた母。何かとぶつかり合う2人だが、母の最期に対する決意を聞き息子は...。
    尊厳死。本人の意思を尊重したい気持ちと、終末期医療での延命を望む家族。どちらも正論。
    しかし、尊厳死は自殺ほう助として犯罪になる国もある...。
    果てしなく難しい問題です。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする