ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]

  • 279人登録
  • 3.90評価
    • (28)
    • (39)
    • (20)
    • (4)
    • (3)
  • 30レビュー
監督 : クリス・コロンバス 
出演 : ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967068993

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • イギリス英語が聞きやすいのなんのって。
    いやぁ当たり前ですけど、子役たちが子供です。
    もうだいぶ大きくなりましたけどね。

    あーそうだった。こういう始まりだったなぁ。
    って懐かしく見始めました。
    USJに行く前に全編観賞頑張ります(*^^*)

  • 小説も映画ももちろん既に何度も読んだり観たりしている作品ですが、何度観ても飽きない、珠玉の名作といえるでしょう。

    ハーマイオニー役のエマ・ワトソンが一生懸命セリフを言ってる感が微笑ましい(^^♪です

  • オープニングの音楽が流れるだけで高鳴る鼓動。
    時代を超えて、マグルを魔法の世界へ連れていって。

  • huluの全作配信で視聴。本は未読。テレビ放映した時にながら見したことがあるけど、ちゃんと見たのは初めて。世界観と映像が素晴らしい。「ロード・オブ・ザ・リング」を見た時も感じたけど、どうやら自分にはファンタジー属性がないようで、のめり込むというほどではなかった。

  • 王道、児童文学。
    王道ファンタジー。

  • 小さい時はファンタジーが苦手だったけど、今観たら面白かった!
    ハリーとハーマイオニーかわいいなぁ。

  • 魔法ファンタジーの金字塔。

    箒で空を飛んだり、杖を振って呪文を唱えたり…
    何回観ても面白い。

    USJにも行きたくなるッ!

  • テレビ鑑賞/ワクワク感がすごい!ロンかわいい。
    何回観ても途中で挫折してたんですがなぜかはじめておもしろいと感じました(よかった)。

  • どんどん物語の中に吸い込まれていった^ ^

  • 幼いハリー、ハーマイオニー、ロンが可愛い!
    原作読んでたから、3人の出会いがかなり印象的かな。
    ダーズリー一家がかなり嫌いだった。
    ロンの男前な感じが垣間見れた気がする。
    やっぱり、みんな可愛い(^ω^)

  • 前にも見た事あって、やっぱりハリーポッターと仲間達と悪者を倒すのを見て面白い。ドキドキとファンダジー有りです(^ ^)

  • 金曜ロードショーで。公開されたのは随分前なんだなぁとしみじみ。あのころの最先端のCGだったのかな、とか思いながら人間の技術の進歩って凄いなぁと違う関心をしてました。原作は4作目くらいまでしかみていないので、本も映画もこれを気に最期までみようと思います。

  • 【あらすじ】
    両親を亡くし叔母夫婦の元で日夜いじめられているハリーにある日謎の郵便物が届き継父に隠されるが、口が良く滑る屈強な野人的男に「君は魔法使いなので魔法学校に入学して勉強シル」と薦められ入学を決意→道中会った赤毛の坊ちゃん多毛のお嬢と知り合いになり同じ寮に入ることに。ハリーは赤ん坊時代に当時の魔法界で暴れていた魔法使いヴォルデモートから生き残った且つ魔法の才能が存分にあったため割と目立つ存在であった。ある飛行術の授業で才能を発揮したハリーはクィディッチという花形スポーツの選手に抜擢。

    【以下ネタばれあらすじ】
    いきなり試合で名プレイ→チームを勝利へ導く。一方その頃からダークなスネイプ先生の動きに怪しさが増す。野人が隠した何かを狙っているのでは?とハリー+坊ちゃんお嬢は深夜図書館へ忍び込んだり怒られて森へ探索に行ったりして、何か=賢者の石と確信を持って友人の阻止も振り切り地下へ→蔓やらチェスやらを勇気と友情で乗り切り本陣へ→実はラスボスこそあのヴォルデモート(に心酔したクィレル)だった→ハリーの持つ何らかの力で退散。寮対抗競争の期末締めで一旦別の寮が1位だったが、友情加点でハリーの寮が優勝。

    スリザリンが何でそこまで悪い方悪い方に描かれるのか。

    ※2006年3月-2011年1月までやってたブログより転載

  • 原作が面白かったのと、クィディッチの映像化にとても興味があって。

    キャスティングはやはり絶妙。1年生のハリーたち、まだあどけなさが残ってて可愛らしいなぁ。
    生徒たちのそれは当然のこと、先生方の陣営もなかなか秀逸。マグゴナガル先生の厳しく誇り高い雰囲気と、
    スネイプ先生のねっとり感(!)は特に素晴らしい。

    エピソードはいろいろと端折られているので、原作を読んでいない人にとっては、ハリーの言動に疑問がわくこともあるんじゃないかなぁ。まぁ、映画なので娯楽性が高くなるのは、ある程度は致し方なしか。

  • 子供たちと鑑賞。

    賢者の石にまつわる話も面白いけど、ハリーが初めてダイアゴン横丁に行くシーンや、杖を選ぶシーン、9と3/4番線に入るシーン、ロウソクが宙に浮いている、ホグワーツの大広間の映像、組分け帽子が新入生の寮を決めるシーンが好き。
    何度観てもワクワクする。

    4歳の次男は、ハーマイオニーがトロールに襲われそうになるシーンや、煙のような状態になったヴォルデモートがハリーの体をすりぬけるシーンが相当怖かったようで、子犬のように小刻みにブルブル震えていたのが可愛かった笑。

    小4の長男も、怖いシーンになると、近くに置いてあった落第忍者乱太郎のマンガをおもむろに読みだして、怖さを半減させようとしていて面白かった笑。

  • 11/13 ツタヤレンタル

    途中を全然見たことなかった。
    リアルチェスも1巻の話だったのね。

    映画だけ見てると、スリザリンの逆転負けは、ちょっとかわいそう。ダンブルドアの贔屓が過ぎる。と思った。また先の話を見て戻ったら感じも変わるんだろうけど。

    (本を読むとハリーが主人公なのも、スリザリンが負けて気持ちいいのも分かったわ。ダンブルドアが凄い人なのも。)

  • 興行収入を塗り替えたヒット作。特撮は面白い。小説の映画化だが、子供の夢がふんだんに
    盛り込まれている。飛行、冒険、怪獣退治など。子供になった気分で楽しめた。

  • 面白かった。

    最後に予定調和的にグリフィンドールが勝つのは、スリザリンの子どもたちが可愛そうだと思った。
    なんだよハリー60点って。
    さっきまでみんな50点加点だったじゃん!

    そらひねくれるわ。
    スネイプ先生最高!

  • 最初から才能や勇気やいろんなものを持ってる主人公にはあまり感情移入できない。
    子供たちは夢中だからこれはこれでいいんだろうね。

  • 何度観ても良いですね~。久しぶりに観るとハリー達がちっちゃくてかわいい。今回はグリフィンドール談話室の一角獣と貴婦人が確認できました。

  • テレビで見ました。何回目かだけど、毎回ワクワクしながら見れるストーリー。

  • 原作の雰囲気を壊さず、脚本も
    ほぼ忠実な映画化
    クィンデッチのシーンは映画ならでは
    見るのは2回目か

全30件中 1 - 25件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ハリー・ポッターと賢者の石 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする