ハリー・ポッターと謎のプリンス [DVD]

  • 179人登録
  • 3.56評価
    • (10)
    • (16)
    • (19)
    • (2)
    • (3)
  • 7レビュー
監督 : デイビッド・イェーツ 
出演 : ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967069020

ハリー・ポッターと謎のプリンス [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • huluの全作配信で視聴。全体的に出来が悪いとまでは思わないけれど、恋愛パートの間が悪く、グダグダしている。前作からその傾向があったが、今作では特に場面転換が唐突なところも目立つ。

  • 半純潔のプリンスかっこいー!(笑)

  • ハリポタ・シリーズの第6作め。
    闇のヴォルデモート卿は魂を7つに分けているので、彼を倒すには「分霊箱」を探す必要が出てきて、話がドラゴン・ボール化してきた。

    ハリーたちもどんどん成長し、ドラコくんは予想通りダークな道に進むんで、ダンブルドア校長を暗殺しようとしていました。

    恋愛話も進行。
    この回でハーマイオニーちゃんがロンくんを好きなことがハッキリするんだけど、小説版を読めばその過程というか理由がわかるのかな?

    映画版だけを観ていると、どう考えてもハリーくんのほうがビジュアルも性格も才能も地位も名声もロンくんより上だし、かわいそうな部分も多いから、女性的な面からも母性的な面からもロンよりハリーだろって思うんだけど…。

    あと、ハーマイオニーちゃん以外でハリーくんに「恋人」として絡む女の子は魅力のない子が多いね。
    今回から付き合いだして、いずれは奥さんになる娘さんからも、美しさやりりしさは感じられないし…。

    校長先生も死んじゃったし、ハリーたちは学校を離れることを決めたみたいだし、いよいよ最終章へ突入って感じ。

    「謎のプリンス」がスネイプ先生だったことがわかり、彼が影の主役であることも明確になってきました。
    さぁ~て、どうなるのかな?

    とにかく映像がきれいだし、いろいろ楽しんで&大金を注いで作られているな~って思いました。

  • 冒頭の音楽が前作の余韻を想起させる。深い悲しみの中で過ごすハリーは、ホラグ・スラグホーンと出会い、彼が握るヴォルデモートとの秘密に迫ることになる。
    前作から登場したルーナが可愛くて、出番も多くて嬉しい。
    ハリーはチョウ・チャンとは自然消滅したようで、原作だともう少し丁寧に描かれていたのかもしれないが、もう記憶も定かではなく、映画だけを見るとハリーもチョウも尻軽だな?という印象。そして突然大きくなるジニーの存在感。
    クィディッチでもジニーの存在が光る。ラストを知っているので、ジニー役の女優がかわいく成長してくれて嬉しい。
    ロンとハーマイオニーの素直じゃないやりとりが続くが、そういう時ってあるよね・・・と生温かく見守っている。
    この巻は、スネイプの出番が増えるので好き。
    明かされるドラコとスネイプの関係、スネイプの過去。意外だったハリーの父親の性格。ハリー自体もショックをうけつつ、これまで脇役だった人間の背景も明らかにされていき、この作品がシリーズのラストに向けての重要な骨格になっているような気がした。
    そして今度はダンブルドアが死ぬ。
    巻が進むごとにハリーの大切な人が死んでいく展開に、原作を読んでいる時は鬱になったが、改めて映画で見ていると、ラストにむけての布石がこの話にもいくつか散りばめられており、希望がちりばめられているのが分かった。原作に忠実な映画作品だからこその技か。
    余談になるが、原作に変な演出や脚色を加えて捻じ曲げるより、原作の世界観を守って読者のイメージを大切にする作品作りがヒット作を生むのだと思う。

  • コレジャナイ感にびっくりした。

  • 物語は、ここから完全に暗い方向に進んでいきます。その証左に、前回まできゃっきゃと無邪気に雪玉投げつけたり新校長の腰巾着やったり可愛かったマルフォイが、急に深刻な顔になります。
    かわいい。

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハリー・ポッターと謎のプリンス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする