ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 [Blu-ray]

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
監督 : デイビッド・イェーツ 
出演 : ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967068924

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART2 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  • ヴォルデモート達に魔法省は乗っ取られ、ホグワーツ新校長にスネイプが就任するなど、激変する世界。
    ダンブルドアが語らなかった分霊箱の真実、そしてハリーの母・リリーとスネイプの過去…
    全ての謎が解き明かされるシリーズの完結編です。

    まぁ、もっと早くこの展開に到達してほしかったな…というのが本音ですね。
    「不死鳥の騎士団」の頃からそうですが、本作も画面暗過ぎで何やってるかサッパリなシーンが多いのが残念。

    ただ、最後まで観終えた今は、もう一度「賢者の石」から観直してみたいという気持ちもあります。
    これまではハリーの視点で物語を観ていましたが、今なら別のキャラ視点で観る事間違いなし。

    よかったらチェックしてみて下さいな♪

  • ようやく第7部までたどり着いた。第1部の朗らかさはどこへいったのかってほどに暗い。画も露出アンダーめで彩度も落としてとても暗い。デヴィッド・イェーツの演出もソツなくカチッとまとまって悪くない。やっぱり演出に面白みはないけど、アルフォンソ・キュアロンが監督してたらもっと安っぽくなってただろうから、結果的にイェーツ監督で良かったのかもしれない。
    ヴォルデモートとの決着がつくパート2は言ってしまえば消化試合みたいなもので、それよりもひたすら追い詰められていくパート1のほうが圧倒的に面白い。ホグワーツの外での話だけど、その逃避行は学園生活の延長として機能している。振り返って面白かったのは3、6、7-1で、やっぱり学園生活をしっかり描いてるものがいい。
    しかし、こんな長大な物語を8作もかけて作り上げたというのは、ほんとにすごい。それだけでも賞賛に値することだと思う。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする