ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [DVD]

  • 168人登録
  • 3.69評価
    • (9)
    • (22)
    • (17)
    • (4)
    • (0)
  • 13レビュー
監督 : デイビッド・イェーツ 
出演 : ダニエル・ラドクリフ  ルパート・グリント  エマ・ワトソン 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967069013

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • huluの全作配信で視聴。この5作目が今までで一番面白かった。対決モノの要素が強くなったせいで、ファンタジーに今ひとつピンとこない自分にも見易くなったみたい。

  • さてさて、盛り上がって参りましたー!!

  • 面白いっちゃ面白いが、自分としてはそこまではまれない。
    コーネリウスVSダンブルドアの構図を描いた話。

  • 過去シリーズの中で一番よくわからない展開だったかもしれない。前作が唐突にダークな感じで終わったので、その流れをひっぱっているかんじ。前作を見ていないとなんのこっちゃ。ハリーもなんか迷惑かけたくないから一人で頑張ると周りと溝がある。それを乗り越えようとしている感じもちょっと寒い。新校長のオバチャンはうざいし、見ていてすかっとするようなことも楽しいこともなく。

  • 金曜ロードショー。
    ハリーポッターは全部観たことあると思っていたら、多分このシリーズ観たことないから、全部が新鮮だった。

  • だんだん展開がシリアスになってきて、色々謎が解けてきて。ハリーの内面もだんだんドロドロしてきてます。
    今作は、個人的にはムーディたち不死鳥騎士団とハリーの水上飛行と、シリウスとハリーのやり取りと、スネイプとハリーのやり取りがよかったです。特に若かりし頃のスネイプは必見です(いろんな意味で)。
    でもあの登場人物が死んじゃうところは悲しかった。

  • 気付けば5巻
    小説の設定うまく詰め込めてないのかなー全体的に駆け足感。
    幽霊ぽい馬は可愛かったな

  • 2015年2月2日観賞。ハリー・ポッターシリーズ第5作。ホグワーツ学園に広がりつつある闇の勢力、それを認めようとしない魔法省に対し、ハリー友人と「ダンブルドア軍団」を結成し対抗しようとするが…。基本的にこのシリーズにあまり興味がないのだが、前4作と同じで役者の子供たちなどや学園内の雰囲気はとてもいいが、それだけの映画、という気がする。魔法はドラゴンボールのかめはめ波のように無限に出すだけだし、彼らが勉強する魔法が動く肖像画や新聞、この世界のテクノロジーとどうつながるのかよくわからないし…。

  • 何かが違った。まあ、でも、うーん……。

  • ここから、セドリックの死を受けてどんどんどんどん暗くなっていき、観てるのが辛くなってきた。それでもまだ、先生の目をかいくぐって皆でいろいろ冒険する感じもあり、ロンとハーマイオニーの恋もありで楽しいところもある。
    でも、ハリポタは、あのファンタジー!!って感じが好きなんだよ私は…。
    チョウとの恋愛が端折られ過ぎてて、そりゃ突っ込みたくもなりますわ。全体の流れから考えたら、この後わりとすぐジミーに移行するんだし、いっそ触れなくても良かった気がしないでもない。

全13件中 1 - 13件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 [DVD]はこんな映画です

ツイートする