【カラー版】怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫) [Kindle]

  • 16人登録
  • 3.56評価
    • (1)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 高野秀行
  • 集英社 (2007年9月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (180ページ)

【カラー版】怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「格闘記」「インドへの道」というところがミソかな。キタさんの活躍に注目。「神に向かって走れ」と併せて読むと面白い。

  • いやー、これはないだろ高野秀行……。

    出版する価値のある話ではなく、辺境作家としての名を貶めこそすれ、高めるものではない。まあ、何とか洒脱な筆致で読めるは読める本になっているので星3つ。

  • 人生は旅のごとし。旅もまた人生のごとし。ゴールに辿り着くことが楽しいのではなく、ゴールに辿り着く過程を楽しむということか。「腰痛探検家」で知った高野秀行さんの約10年前の作品。インドで目撃されたという、サメのようなシーラカンスのようなワニのような背中にトゲトゲのある怪魚ウモッカを探しに行くことにまつわる格闘記。本書には、「腰痛探検家」の中でも少し触れられている腰痛回復部分が出て来たりもします。高野さんの本には自虐的な文章が随所に出てきてそこが面白い。読んでいてクスッと笑ってしまう。

  • 面白い。旅立つ前の高揚感、海外で起こるハプニング(政府関連は特に)は怖い。海外旅行を始めたばかりの頃を思い出した。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

【カラー版】怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫)を本棚に登録しているひと

【カラー版】怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

【カラー版】怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

【カラー版】怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫)はこんな電子書籍です

【カラー版】怪魚ウモッカ格闘記 インドへの道 (集英社文庫)の文庫

ツイートする