のすりの巣(百舌シリーズ) (集英社文庫) [Kindle]

  • 20人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 逢坂剛
  • 集英社 (2005年4月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (376ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
湊 かなえ
東野 圭吾
池井戸 潤
有効な右矢印 無効な右矢印

のすりの巣(百舌シリーズ) (集英社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 百舌シリーズの5作目。
    今までの話から随分とスケールダウンした印象が。
    倉木も津城も亡きいま、物語に刺激を与えられるカリスマが大杉しかいない分、線が細くなっているような気がします。

  • 途中から百舌はどこ行った状態の百舌シリーズ本編終了。
    スピーディな展開でシリーズ通して飽きる前に読了。
    大杉良太と倉木美希がシリーズ通しての主役でしたね。
    ハードボイルドにはエロが必要なのね(¯―¯٥)

  • 逢坂剛・百舌シリーズの第五弾。
    誤解を恐れずに言うのであれば、この作品は百舌シリーズの中で
    いちばんスッキリ出来る体を為している。ここまでの作品も
    スリリングなハードボイルドだったのは間違い無いのだけど、
    少々昔の作品であるため、テクノロジー関連の時代設定が若干古い。
    しかし、この5作目では携帯電話やICレコーダーといった
    現代ミステリーに欠かせないアイテムが普通に登場してくるので
    読んでいて安心出来るのが良い。

    主要登場人物が前作までで半減した所為か、事件自体のスケールは
    やや小さくなった(^^;)。しかし逆に展開に無理がなく、先を想像
    しながらワクワクして読めるのはさすが。もしかしたらシリーズの
    中でいちばん好きかもしれない。

    残るはスピンオフ系の一作を残すのみ。
    その後、別の作品にも手を出しちゃうんだろうなぁ、きっと・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

のすりの巣(百舌シリーズ) (集英社文庫)はこんな電子書籍です

のすりの巣(百舌シリーズ) (集英社文庫)の単行本

のすりの巣(百舌シリーズ) (集英社文庫)の文庫

ツイートする