ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 [DVD]

  • 30人登録
  • 3.10評価
    • (1)
    • (2)
    • (4)
    • (3)
    • (0)
  • 7レビュー
監督 : マイケル・ベイ 
出演 : マーク・ウォー  ドウェイン・ジョンソン 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2014年9月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113829687

ペイン&ゲイン 史上最低の一攫千金 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 実話というのがすごい。
    こんなにアホでマヌケな犯罪者がいるのがびっくりです。

  • 制作年:2013年
    監 督:マイケル・ベイ
    主 演:マーク・ウォールバーグ、ドウェイン・ジョンソン、エド・ハリス、アンソニー・マッキー
    時 間:129分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1chサラウンド、日:ドルビーデジタル5.1chサラウンド


    筋トレだけが生きがいのジムトレーナーのダニエルは、自分の冴えない人生にうんざりしていた。
    そこで彼はジムに通う裕福なビジネスマン、ヴィクターの誘拐を計画する。
    早速彼はジムで共に働くエイドリアンと、ジムの新入りで前科者のポールと共に誘拐を決行する。
    なんとか計画は成功したかに思われたが、命からがら逃げ出したヴィクターは、私立探偵のエド・デュボイスを雇い、ダニエルらを追い詰めていく。

  • 実話をもとにした犯罪映画で、筋トレマニアが一攫千金を狙って金持ちを誘拐する話。
    女性受けはあまりよくないとあちこちで言われていますが、たしかに私はツボがあわなかったのかあんまり笑えなかった。実話だと思うと余計に…。
    ブラックコメディだと思えばなかなかおもしろかったです。あまりにも無茶な計画(計画とさえ呼べないような行き当たりばったりの犯行)が少しずつ破綻していくのはじわじわと主人公たちの焦りを煽っていきこちらもハラハラしました。

    マーク・ドウェイン・アンソニー、三人の鍛え上げられた肉体がすごくすごい。

  • 実話を基に作られた映画で、筋肉バカ3人の境遇及び引き起こす事件が”ペイン”、引き起こした事件から得たものが”ゲイン”だと思うのですが、”ペイン”に対しての”ゲイン”があまりにもくだらないなもの。
    破滅型人生を歩む人達にとっては丁度良いのかも。。。正直、おすすめできません。

  • ★★☆☆☆
    お馬鹿事件だけど、まじめにイマイチ
    【内容】
    筋トレ男達が大富豪を誘拐するお話。

    【感想】
    ずさんな計画による、誘拐監禁事件の実話。

    無駄にスローモーションだったりが鼻につきます。
    あまりに現実離れしていますが、実話です。あまりに突飛です。

    キャラが立っているわけでもなくいまいち面白くありません。

  • こんな行き当たりばったりの3人組がよくもまぁこんな大それた事をやったもんだ…思わず笑っちゃうような映画だけど実話なんだから本当に事実は小説より奇なり…って話だね~しかしマークウォルバーグはこう言った喋り捲って切れるような役には嵌るなぁ~だんだん見慣れてきたからか、彼が多才と云うよりはこれが地なんじゃないかって思っちゃうね。ドウェインもちょっとトボケキャラがよく似合ってて俳優が板についてきたって印象です。マッキー君はこれからですねぇ~ハチャメチャブリは面白いけどまぁそれだけって作品ですね。メチャメチャ暇であんまりモノを考えたくない時に見てください。

  • フィットネスジムでトレーナーをしているダニエル(マーク・ウォールバーグ)は同僚のダメ男エイドリアン(アンソニー・マッキー)とダメキリスト教信者ポール(ドウェイン・ジョンソン)を誘って、アメリカンドリームを叶えるための作戦を考えて、実行する
    ジムの客で知り合ったヴィクター(トニー・シャルーブ)を誘拐して、財産を横取りする作戦
    何とか財産を横取りできたものの馬鹿だからお金がもっと欲しくなって、またもやジムの客をターゲットにして、出たとこ勝負の作戦を実行
    ヴィクターの必死の復讐で墓穴を掘り続けてる3人は警察に容疑者として追いかけられることになる
    3人は一体どうなるのか!?
    ヴィクターはお金を取り戻すことが出来るのか!?

    バッドボーイズ2作でお馴染みの舞台はマイアミ!
    マイケル・ベイ監督作でトップ5に入る馬鹿3人組が主人公(残る2人は「パールハーバー」のベン・アフレックとジョシュ・ハートネット)
    パッケージにはマーク・ウォールバーグとドウェイン・ジョンソンしかいないけどそこにアンソニー・マッキーが入ってなきゃいけないところ
    入ってないからパッケージの印象で見つづけるとアンソニー・マッキーの絡みが多くて意味がわからなくなるので注意が必要
    邦題はものすごく合ってる。最低で笑えない馬鹿3人
    悩んだらダンベルを持ち上げて、体で考える!
    アクションも犯罪も痛快ではないし、コミカルでもない
    馬鹿作戦ってだけなので正直、物足りない
    だけど、この犯罪は実際にあった話らしい、、、そう思うと、怖ろしすぎる
    この映画の良心はエド・ハリス演じるリタイアした警察官とその妻
    2人の登場は唐突すぎるけど、やっと物語も後半って感じ

    PAIN & GAIN (4/07/'14)

全7件中 1 - 7件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする