聲の形(4) (週刊少年マガジンコミックス) [Kindle]

  • 115人登録
  • 4.16評価
    • (12)
    • (12)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 大今良時
  • 講談社 (2014年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

聲の形(4) (週刊少年マガジンコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 1~4巻まで一気読んだ。アニメ映画化で話題になってたがテーマから敬遠してた作品。
    いじめのシーンより高校生になった彼らのぶつかり合いがメインであり、苦しくなる。
    青春群像劇には偽善的なものが多いが、今作は一切そんなことはない。植野の性格が何よりそれを物語ってる。
    西宮姉妹がかわいく幸せになってほしい。
    4巻ではおばあちゃんっこの私は泣いてしまった。
    もっとおばあちゃん登場して欲しかったな。
    ゆづも心根が優しいがゆえに生きづらい子だ。
    テーマが社会派でありとっつきにくいが、案外笑える場面も多く読みやすい。特に永塚がいい味になっている。
    続きも読みたいと思う。
    変わらない人もいればちょっとしたきっかけで変わる人間もいる。そんなリアルなメッセージを感じる作品である。

  • 西宮母の苦労を思うと。。

  • 目が離せないのに、人間関係にイライラしちゃう

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

聲の形(4) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

聲の形(4) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

聲の形(4) (週刊少年マガジンコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

聲の形(4) (週刊少年マガジンコミックス)はこんな電子書籍です

聲の形(4) (週刊少年マガジンコミックス)のコミック

ツイートする