NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 7月号

  • 37人登録
  • 3.82評価
    • (1)
    • (7)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 6レビュー
制作 : ナショナル ジオグラフィック 
  • 日経ナショナルジオグラフィック社 (2014年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌 (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 4910068470744

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 7月号の感想・レビュー・書評

  • 宇宙生物学のいま

    生命は、地球の外にも存在するのか? はるか昔から人類が抱き続けてきた大きな疑問が、私たちの世代で解決されるかもしれない。

    文=マイケル・D・レモニック/写真=マーク・ティッセン

     地球外生命の探査チームは、なぜか地球上の、意外なところで研究に取り組んでいた。

     凍てつく北極圏の湖と、毒ガスが満ちた熱帯の洞窟。一見したところ対照的な二つの場所は、ともに「地球の外に生命はいるのか」という、大昔から人々の興味をかき立ててやまない謎に迫るための手がかりを秘めている。

     太陽系の内外を問わず、もし別の星に生命がいるとすれば、それらは木星の衛星エウロパにあるような氷結した海や、火星にあるようなガスの充満した洞窟で生きている可能性が高い。つまり、地球上のそうした過酷な環境で生きる生物を発見し、その形質を特定できれば、地球外生命の探査は一歩前進することになるのだ。

     地球外生命の探査がいつ頃から、空想科学ではなく科学の領域に加わったのかははっきりしない。だが1961年に開かれた、ある天文学の会議が重要な役割を果たしたことは確実だ。主宰したのは米国の若き電波天文学者フランク・ドレイク。彼は異星から送信される電波の探索に深く興味を抱いていた。
     会議の席上、ドレイクは一つの計算式を黒板に書きつけた。その意味するところは明快だった。合理的に考えて、宇宙にはどれほどの数の文明が存在するのだろうか?
    太陽系外惑星の発見ラッシュ

     それから約30年を経て、ようやくドレイクが提案した方程式の各項の大まかな推定値がぽつぽつと出始めた。1995年にスイス・ジュネーブ大学のミシェル・マイヨールとディディエ・ケロが、太陽以外の恒星を周回する惑星を初めて発見したのだ。
     地球から50光年ほど離れたその「ペガスス座51番星b」は巨大なガス惑星だった。大きさは木星の約半分、公転軌道が小さいため“1年”はわずか4日で、表面温度は約1000℃もある。

     この地獄のような環境に生命が存在するとは誰も思わなかったが、たとえ一つでも惑星が見つかったことは大きな突破口となった。1996年には米国のジェフリー・マーシーが第2、第3の太陽系外惑星(単に「系外惑星」ともいう)を発見し、その後はせきを切ったように見つかり始めた。今では地球より小さなものから木星より大きなものまで、2000個近い系外惑星が確認され、さらに数千個が確認を待っている。

     発見済みの系外惑星に地球とそっくり同じ条件のものはないが、それも遠からず見つかるだろうと科学者たちは確信している。これまでに発見された比較的大きな惑星を基準に、天文学者が最近計算したところでは、太陽に似た恒星のうち、生命を宿しうる地球型惑星をもつものは2割を超すという。

     さらに、惑星ハンターたちは近年では、太陽に似た恒星だけに的を絞る必要はないと考えている。
    「私が高校生の頃は、地球は平均的な恒星である太陽を周回していると教わりました。でもそれは嘘でした」と、米国ハーバード大学の天文学者デビッド・シャルボノーは言う。実際、銀河系の恒星の約80%は、太陽よりも低温で暗く小さなM型の赤色矮星だ。地球型の惑星が赤色矮星から適度な距離をおいて周回すれば(その距離は地球と太陽の距離よりも近くなるだろう)、太陽に似た恒星を周回する場合と同様、生命の足がかりとなりうるのだ。

    ※ナショナル ジオグラフィック2014年7月号から一部抜粋したものです。
    編集者から

     アストロバイオロジーの最先端をレポートした今回の特集からは、この、いささか“浮世離れ”したテーマに夢中になって取り組む研究者たちの熱気が伝わってきて、編集しながらも胸が熱くなりました。
     文系の家庭に育ち、家にある本... 続きを読む

  • アフリカ全体で200万人の中国人が生活している。

  • 前回から食料についてのシリーズが続いている。記事を読みながら、最近の中国での問題や、『貧困大国アメリカ』シリーズを読んだ時のことを思い出した。

    今のところの自分の結論としては、地産地消とその時期にあった食材を食べることを基本にすべきということ。年間を通して世界中の食材が手に入って、しかも安全だなんていうのは必ず無理があるし、さらに安いコストに抑えようなんていうのは虫が良すぎる。

    うまくアフリカの農業が発展してもらいたいけど、現地の人を尊重することを重視してもらいたい。

  • 「生命は地球の外にも存在するのか?」
    SFの世界のようでワクワクしますね^^

    生命が誕生するための3つの材料。
    液体の水、炭素・窒素・硫黄等の必須元素、そしてエネルギー源。
    木星の衛星であるエウロパの記事が興味深かったです。
    私が生きている間に新たな発見があるでしょうか…?

    「巨岩の帝国」も面白かった!
    中国にある桂林は、10年以上前に訪れた思い出の場所。
    当時は皆自転車しか乗っていなかったし、
    朝はとにかく静かで清々しく、鳥の声で目が覚めたのを覚えています。

    今ではすっかり様変わりしてしまっているようですが、
    奇岩、洞窟だけはどうかそのままの姿で残して欲しい。
    水墨画のような素晴らしい景色が、損なわれる事がありませんように。

全6件中 1 - 6件を表示

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 7月号を本棚に「読みたい」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 7月号を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 7月号を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 7月号を本棚に「積読」で登録しているひと

NATIONAL GEOGRAPHIC (ナショナル ジオグラフィック) 日本版 2014年 7月号はこんな雑誌です

ツイートする