ルーズヴェルト・ゲーム <ディレクターズカット版> DVD-BOX

  • 42人登録
  • 3.61評価
    • (2)
    • (10)
    • (11)
    • (0)
    • (0)
  • 13レビュー
監督 : 福澤克雄  棚澤孝義  田中健太 
出演 : 唐沢寿明  檀 れい  石丸幹二  工藤阿須加  六角精児 
  • TCエンタテインメント (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571390739147

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ルーズヴェルト・ゲーム <ディレクターズカット版> DVD-BOXの感想・レビュー・書評

  • まんまとやられた。最初は興味なかったのに続きが気になり最後まで見てしまった。
    株主総会で涙の感動ってそんなのアリか?
    結果、非常に満足。

  • 半沢スタッフで同じ原作者のドラマと言う事で見た。

    最初は社会人野球?とあまり興味なかったけど見てるうちに面白くなってはまった。
    唐沢&江口コンビも良かった。
    ただ壇れいの演技が一人浮いてたような。
    あれはそういう演出なんだろうか?

  • dTVで。
    倒産寸前の会社と廃部寸前の野球部が起死回生の大逆転を狙い奮闘する物語。相変わらず大和田常務がいい味を出している。もともと池井戸潤の原作が面白いという事もあるが、ドラマの作りも上手いと思う。野球のシーンも本格的だったし、イツワ電器とのイメージセンサーコンペは感動的だった。こういう元気になるドラマは是非続けて欲しい。

  • 相変わらずの企業もの。とても良い。
    ただ、野球と経営のニ軸で話が進むので、パワーが分散してしまってる感は否めない。

  • 「野球で一番面白いゲームスコアは8対7だ」 かつて野球を愛したルーズヴェルト米大統領は言った。
    舞台は中堅精密機器メーカー・青島製作所。
    予期せぬ不況の波と同業他社との抜きつ抜かれつの激しい攻防戦で、倒産寸前に追い込まれた会社を守り抜くため、男たちは“奇跡の逆転劇「ルーズヴェルト・ゲーム」を巻き起こせるのか?
    決して諦めないサラリーマンたちに贈る、逆転につぐ逆転の物語! (amazonより抜粋)

    小説をかなり前に読んでいたのですが、ぼんやりしか覚えておらず観ました。
    面白かったですよ。
    でも半沢TVと比べるようにCMやったりするからどうしても見劣りしてしまうのはしょうがない。
    だって主人公が社長だもん。
    感情移入がどうしても出来にくい。

  • 強い信念、絆、時には運。
    様々な人間模様が交錯し、挫折での沈みが深い程、逆転劇に心を熱くさせた。

    負けを知らない者は強くなれない。
    ハッピーエンドになる事が分かっていても大いに楽しめました。

  • すっかり工藤君のファンになってしまった(笑)

  • 録画したドラマ見終わりました。唐沢さん主演なので見て観ました。「業績不振な青島製作所・・・」会社のドラマ」かと思っていたら、それだけでなく野球部存続の話等。。。男泣きシーンが多過ぎるくらい、熱い男たちの話でした。

  • 面白かった。最初は主人公とされる社長の真意が分からなくて感情移入できずに微妙だったけど、気付けば男泣きに次ぐ男泣きのドラマ。良かった。

  • 野球のくだりとメーカー政治の話と二つがリンクするようには感じられず、間延びした印象。工藤の息子はかっこよかった。半沢を模すなら、もっと痛快にやってほしかった。

  • 半沢を意識し過ぎで・・・。

全13件中 1 - 13件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ルーズヴェルト・ゲーム <ディレクターズカット版> DVD-BOXを本棚に「観たい」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム <ディレクターズカット版> DVD-BOXを本棚に「観終わった」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム <ディレクターズカット版> DVD-BOXを本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ルーズヴェルト・ゲーム <ディレクターズカット版> DVD-BOXはこんな映画です

ツイートする