サクラサク [DVD]

  • 30人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (7)
    • (5)
    • (0)
    • (1)
  • 5レビュー
監督 : 田中光敏 
出演 : 緒形直人  南果歩  矢野聖人  美山加恋  藤竜也 
  • TOEI COMPANY,LTD.(TOE)(D) (2014年10月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988101180110

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

サクラサク [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 地味な作品ながらも緒形直人と長男役の矢野聖人が良かった。
    あの往年の二枚目、藤達也がこの役を引き受けたのは勇気がいったろうな…。失禁だけでなく便ももらすシーンがあるんだもの。
    妻が夫にわだかまり(夫の浮気、子育ての無関心)があって介護に協力的でないのに堤防から海に飛び込んだ一件で消えてしまうものなのか?疑問だったけど。

    サクラサク 2014 107 東宝 BSプレミアム
    監督 : 田中光敏
    原作:さだまさし
    出演 : 緒形直人 南果歩 矢野聖人 美山加恋 藤竜也
    大杉蓮 佐々木すみ江 津田寛治

  • 田中光敏監督、小松江里子脚本、さだまさし原作、2014年作。緒形直人、南果歩、矢野聖人、美山加恋、藤竜也、嶋田久作、大杉漣出演。

    <コメント>
    ・認知症の父•妻•子の関係がテーマ。主人公の俊介(緒形)は出世して仕事が忙しくなり、かつ向き合えない妻子とは疎遠になる一方、父の認知症が進んでいくのが最初の設定。そこから家族の絆が回復していく話し。その意味では、テーマの割に安心して見ていられる映画。

    •エンドロールで流れるさだまさし作の曲、「残春」が、この映画のテーマを端的に語っている。

    '若さを嗤(わら)わず
    老いを恨まず
    いつか 来た道
    いつか 行く道”

    俊介も昭子も若かった。俊太郎は老いた。でもそれをあざけったり、恨んだりしてはならない。
    誰しもそうなるからだ。
    その背後には、心のままに生きること、運命をあるがままに受けいれることを是とする価値観がある。

    '心に咲く花は
    季節を選ばない
    与えられしいのち
    かなしきもまたよろし”

    <あらすじ(ネタバレ)>
    認知症の父、俊太郎(藤)の介護も子育ても妻の昭子(南)に任せ、仕事しか頭にない俊介(緒形)は、専務の中川(大杉)が社長に昇格するのに伴い、部長から常務への昇進が内定する。その矢先、俊太郎が自宅で脱糞、放尿、その度に妻や咲子(美山)から呼び出される。ある日、俊介は俊太郎から、大介(矢野)が紙おむつの世話をしてくれること、相手に向き合うことが大切であることを教えられる。大介の父親参観に行ってくれたのは俊介ではなく俊太郎だった。
    常務内示を控えるも、俊介は俊太郎の故郷、敦賀に車で家族旅行に行く。大介や咲子は俊太郎に優しいが、昭子は相変わらず不機嫌。生まれ育った敦賀の寺に行く途中で車から降り東京に帰ろうとする。追いかける俊介に、橋の上から飛び降りると脅すと、機先を制して俊介が川に飛び込む。近くの民家で服を乾かさせてもらいながら、昭子は、俊介が子に向き合わなかったことへの不満を明かすし、俊介は理解を示す。
    あっけなく良妻スイッチが入った昭子とともに、俊太郎の育った寺を見つけ、美しく咲く花を見た桜の木の株の周りで、桜が咲いたことを思い出して幕。


    残春(さだまさし)

    若さを嗤(わら)わず
    老いを恨まず
    いつか 来た道
    いつか 行く道

    いのちを恥じず
    いのちに怯えず
    永い永い坂を
    黙して独り行く

    心に咲く花は
    季節を選ばない
    与えられしいのち
    かなしきもまたよろし

    涙に逃げず
    怒りに任せず
    笑顔を汚さず
    悲しみに負けず

    未来を憂えず
    過去に惑わず
    いつか 夢見た
    いつか 届く場所へ

    季節に咲く花は
    時を疑わない
    与えられしいのち
    楽しきもまたよろし

    心に咲く花は
    季節を惜しまない
    与えられしいのち
    かなしきもまたよろし

    若さを嗤わず
    老いを恨まず

  • HUMICでの請求記号「DVD15/0026/著作権済/(107分)」

  • 緒形直人が俳優やってるの久しぶりに観た(@@;) 
    美山加恋が大きくなっててビックリした。

    ありがちなストーリーだし、現実はこう上手くはいかないかも知れないけど、
    家族とはこういうものであってほしい、という形で終わったのは救いだと思う。
    こういう話は、ドキュメンタリーでなければ、現実をそのまま描いてしまうと
    辛いだけの映画になってしまうと思うから。

  • h28.3.28観賞

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする