海賊とよばれた男(1) (イブニングコミックス) [Kindle]

  • 49人登録
  • 3.67評価
    • (4)
    • (7)
    • (1)
    • (1)
    • (2)
  • 6レビュー
  • 講談社 (2014年6月23日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (208ページ)

海賊とよばれた男(1) (イブニングコミックス)の感想・レビュー・書評

  • 何のために働いているのか?判断基準は一つ。「社会のため」という明快な判断基準。ビジョンに共感して集まった社員。そんな会社の結束は強いし、持続性があることを実感しました。

  • 1巻のみ期間限定かセールで購入(覚えてない)。各話の間に簡単な説明がある(図+文書)。
    面白い。こうやって今の日本があるんだなと改めて感じる。まだまだこれからが大変なことはよくわかる。次巻悩む。
    最低限の歴史や用語を知っておく方が興味深く読めるので、小学生低学年、中学年には少し馴染みにくいかもしれない。

  • 熱い夢を忘れていない良き時代の日本。店主の哲学。人は財産という考え方が素晴らしい。日本を豊かにするためなら赤字でも意義があるという哲学。己の私欲よりも公益を優先する理想の指導者像

  •  
    ── 百田 尚樹+須本 壮一《海賊とよばれた男 20140623 講談社》Kindle
    http://booklog.jp/users/awalibrary/archives/1/B00L06ABNO
     
    http://d.hatena.ne.jp/adlib/19400330
     出光姓の人々
     
    (20160321)
     

  • 出光の創業者の話。



    偉人伝がマンガになったような感じ。船に油を売るために、土の上では止められるから、海の上で売ったら海賊と呼ばれたという。大家族主義的な会社経営をしてたよう。日本という国の国益を守るために行動した的な。。



    俺は伝記は外国人のものしか読んでないので、マンガでもなければ日本人のものを読むことはなかったかな。ここまで伝記に徹したマンガは珍しい感じ。

  • フォルトゥナの瞳は図書館予約数400件。この小説は300件なのでマンガで。ヒットを続ける人はユーザーの心に響かせるのが巧く、しかも沢山創作できる人だ。

全6件中 1 - 6件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

海賊とよばれた男(1) (イブニングコミックス)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

海賊とよばれた男(1) (イブニングコミックス)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

海賊とよばれた男(1) (イブニングコミックス)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

海賊とよばれた男(1) (イブニングコミックス)を本棚に「積読」で登録しているひと

海賊とよばれた男(1) (イブニングコミックス)はこんな電子書籍です

海賊とよばれた男(1) (イブニングコミックス)のコミック

ツイートする