本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! AmazonKindle術シリーズ [Kindle]

  • 71人登録
  • 2.91評価
    • (1)
    • (5)
    • (19)
    • (10)
    • (0)
  • 17レビュー
著者 : 和田稔
  • 金風舎 (2014年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (90ページ)

本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! AmazonKindle術シリーズの感想・レビュー・書評

  • 読書を楽しんでいる人が活用している一般的なテクニックが紹介されているので、自分が実施している活用方法の棚卸や比較評価などに使えるので、電子書籍初心者から上級者まで楽しく読めると思う。
    値段も安いので購入しておき、空き時間を利用してサラッと読んでもいいだろう。ただし、積置すると読まなくなるので購入したら早めに読んじゃおう。
    自分の感想としては、タイトルの「本好きのための・・・」ではなく、「和田稔の・・・」に変更したほうが内容的にはしっくり来るような感じがした。

  • Unlimitedで気になったので読んでみた。

    案外悪くなかった。個人的には期待以上だったなぁ。ただ、タイトルは少々変えてもいいのかもしれない。変えるのはサブタイトルの方かな。

    要するにどうやってまとめるか、って話と、どうやって整理するか、という話に終始しているので、普通にKindle使ってる人ならそんなに目新しい話はないはず。僕もKindleの機能についてはほぼ全て知ってたし、自分なりの管理方法を作り上げてるから、参考になる話は少なかった。

    一方で、いくつかのヒントになるところはあって、例えば「ハイライトしたところは後で活用する」「Instapaperに保存したWebページをKindleに送る」「FeedlyでRSSをKindleに配信」とかね。こうやってBooklogでまとめていく時にも、参考になるものがあったのは良かった。

    特にInstapaperからKindleへ送るのは、ちょっと発想になかった。僕は普段はPocketを使っているので、それを応用してみよう。

    ハイライトのはわざわざPC使って吸い出したりする?それはさすがに面倒なのでそこまではやらないけど、でも今までにほとんどハイライト使ってなかったから、今後はもっと積極的に使うことで、インプットとアウトプットが効率良くなるかもな。

    正直、これはタイトルとかサブタイから期待する内容で買うと失敗しそう。でもKindle初心者とかイマイチKindleでどうやってまとめていくかまだ見えていない、なんかもっと情報を集中させたい、的な悩みを持っている人なら、参考になると思う。

    てか、タイトルを改めて、Kindle特化でもいいから「インプットを一箇所に集めて多方面へアウトプットする」「世界で一番簡単なシングルインプット・マルチアウトプット術」ってタイトルにした方が売れる気がするなぁ。

  • 知識よりも、情報だった。
    本のアウトプットの掲示板のオススメやセール本を買うためのコツもあるけれど
    サイトでキンドルの使い方について調べるのとそこまで変わらないなぁという印象だった。

    あとは、電子書籍としての読書術が何か得られるかと思い読んだ。
    でも電子書籍も紙の本も、「読書」という意味では変わりない。
    目的を持って読んだり、アウトプットが重要という点は、電子書籍だろうが紙の本だろうが区別するものではないと思えたのは
    これから本を読んでいくのに良い気づきだったと思う。

  • いくつか、これは!というのがありました。
    それだけでも読んだ価値がありました。

  • ちょっと内容薄いかな……。なので星2つです。

  • Kindleの便利な使い方が参考になった。特にハイライトを一覧で見られるサイトはとても便利!樺沢さんの本を先に読んでたので内容はそれほど濃くなかったが、そのサイトの存在を知れただけでも十分。あとはジップロックとかやらないけど、なるほどと思った。紙と併用してどんどん読むぞ!

  • この空いた時間で読めるていうのが電子書籍の最大の魅力なんだよね。

  • 目新しい話がほとんどなかった。何のためにこの本読むんだろう???ちょっと疑問。

  • 多くは既に知っている事だったが、Kindleのすべてのクラウドサービスをまだ十分使いきってなかったなぁ〜とか、この本の中で紹介されたリンク集は面白かった。

  • Kindle読書は良くするので購入。Kindleの使い方のコツ、本の購入のコツなどの情報がメインでしたが、Kindleとして参考になるサイト情報は助かり、早速ブックマーク化しました。Kindle本ということで量としては3章構成ですぐによめる内容であり、こういう手軽な本が今後も増えていくのかなとも思いました。

  • 最後、急にマインドマップの話になり違和感あったものの、内容的には同意できることが多かった。

  • 結論は良かった。
    僕は自分なりに、読書が大好きで、Kindle端末も持っているし、iPhoneにはKindleアプリをいれているし、Kindle読書には自信かあった。
    しかし“読書術”とのネーミングにより読書本を好きな僕としては興味本位で軽い気持ちで読んでみた。
    情報はすでに知っているものもあったし、今は無いサービスに関する記述もあったし、僕が知らない情報も有った。
    内容はまあ満足できる本だった。

    しかし、文章の読みやすさに驚いた。
    著者はITエンジニアだというが理系なのに読者に自然に入ってくる文章だったのだ。
    素直に受け入れられる書き方は勉強になった。

    将来Kindle本を出したいと思っている僕としては非常に参考になった。
    いつか著者に逢えたらいろいろと聞いてみたい。

  • こんな方法もあるのかぁ~という感じ。
    もっと読書管理をしようと思った。ハイライト機能、どんどん使っていこう!

  • 自分にとっては、まだまだ紙の本にはかなわないが、kindleをこれからも使っていこうというモチベーションになった。

  • 有益な情報は特に得られなかった(´-ω-`)

  • 2014年6月刊。電子書籍 (Kindle) の初心者向けの内容。
    電子書籍の利点を活かした読書方法や、紙の本との上手な使い分け方など。
    周辺情報も広く浅く網羅されているので、はじめての人には重宝しそう。

    ◆【引用メモ】特にどの本にも書かれている同じことというのは、その分野の常識のような内容だったりするのですが、不思議なことにこれらの常識的な情報は、書籍以外の媒体で探そうとしたとたん急に探すことが難しくなります。(中略)やはり書籍のほうが見つけやすい情報というものが存在するのです。(loc.805)

全17件中 1 - 17件を表示

和田稔の作品一覧

和田稔の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! AmazonKindle術シリーズを本棚に「読みたい」で登録しているひと

本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! AmazonKindle術シリーズを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! AmazonKindle術シリーズを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! AmazonKindle術シリーズを本棚に「積読」で登録しているひと

本好きのためのAmazon Kindle 読書術: 電子書籍の特性を活かして可処分時間を増やそう! AmazonKindle術シリーズはこんな電子書籍です

ツイートする