すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版 [Kindle]

  • 29人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 村上龍
  • 村上龍電子本製作所/G2010 (2014年6月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版の感想・レビュー・書評

  • 連載30周年記念・完全版

  • 同時代に読んでいたら「なんて奴なんだ」と思っただろう(透明に限りなく透明に近いブルーについてはそう思った)。
    こんな不良・ろくでなしがTV東京でキャスターもどきをやるようになるとは思わなかった。

  • 「すべての男は消耗品である」というコラムの30年分。kindleでただで読めたので読んでみました。
    村上龍は初めて読んだのですが、相当図太いんでしょうね。
    日本を批判し、男を批判し、メディアを批判し。それはそれぞれ的を射ていますが、なんというかニヒルな表現がいつもおんなじ。いくつか連続で読んでいると、「またかよ…」と思えてきます。本人は過去に書いたコラムをどの程度読み返しているのでしょうか?
    言葉を使うのが上手い人の、酒場でのグチの集まりです。でも、上手く表現できない感情に言葉を当てはめるのは物凄く上手なんだと思いました。そこは参考になります。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版を本棚に登録しているひと

すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版を本棚に「読みたい」で登録しているひと

すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版を本棚に「積読」で登録しているひと

すべての男は消耗品である。VOL.1~VOL.13: 1984年8月~2013年9月 連載30周年記念・完全版はこんな電子書籍です

ツイートする