夜の床屋 [Kindle]

  • 22人登録
  • 3.88評価
    • (3)
    • (2)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 沢村浩輔
  • 東京創元社 (2014年6月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (202ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊藤 計劃
米澤 穂信
百田尚樹
有効な右矢印 無効な右矢印

夜の床屋の感想・レビュー・書評

  • 変哲なさめの題名でした。
    表紙絵に惹かれ読み始めました。

    浮世と思って読んでいたら、存外むこうのほうでした。
    直球でつながっているわけてはないのてすが、最後の作品が全ての作品に影響を与えるうまさを感じました。

  • 連作短編集というのか壮大な一つの物語というのか。
    道に迷い無人駅で一泊しようとした大学生たちが、深夜に一軒の理髪店が営業しているのを見つけて店の扉を開けると…という表題作から軽い日常の謎短編集かと思いきや、後半から予想外のところに連れて行かれる構成が面白かった。少々強引だがインパクトあり。この著者は別の作品も読んでみたい。

  • 不思議な感じ。

  • いわゆる本格物と云っていいのだろうか。日常で起こった、およそ現実的には起こりえない出来事に対して、鮮やかな謎ときが展開されるという、形式は古いけれどミステリーの王道といえる短編が前半続く。ちょっと説明調になってしまうのが残念な感じだが。
    後半は幻想的な中編。ミステリーとしての評価は余り高くないようだが、個人的にはこちらのほうが好み。

  • なんで、夜中に床屋が開いてるの?
    から始まるミステリ連作。
    最後の、「こんな所まで連れてこられた」感が
    嬉しい驚き。

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

夜の床屋はこんな電子書籍です

ツイートする