望郷 (角川文庫) [Kindle]

  • 10人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 森瑤子
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年6月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (300ページ)

望郷 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • 朝ドラの先が知りたくて購入。ざっくりとストーリーがわかって、これで安心してドラマを楽しめます。この本に出てくる人、老人になると喋りの語尾が「…じゃよ」なってしまってるのが気になってしょうがなかった。なぜ?

  • 20年も前に、森瑤子は朝ドラの原作的小説を書いていたのだった!しかもドラマとはちょっと佇まいが違うというかノリが全然違うのよね。セリフも翻訳本みたいな調子で、男は40歳くらいになるといきなり「わしは・・・なんじゃが。」とか言い出すし。それが風情といえば風情なんだけどわたしにはどうも。。。しかもだんだん主人公の性格がおかしくなっていくし。つまらなくはなかったけど、ドラマだけ見るほうがわたしにはよかったかも。(ドラマも土曜しか見られないけど)

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

望郷 (角川文庫)の文庫

ツイートする