人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫) [Kindle]

  • 35人登録
  • 3.60評価
    • (1)
    • (4)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 綾辻行人
  • 講談社 (2010年8月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これも…館シリーズって事なんすね
    う〜ん。。。

    犯人がずっと身近にいる感じと、じわりじわりと近寄ってくる感じと、両方味わえる。
    孤島などと違って、京都市内という誰でも犯人になりうる舞台で一体どんな人物が犯人候補になるのか…

    結末まで読んじゃえばあっけないかもしれないけど、やっぱ「本格」だわ

    まだ読書量の少ない十代の時に読んでみたかったな〜

  • 作者本人も異色作、と言っている『人形館の殺人』。

    ・・・これ、厳密に言うと館シリーズに入るのかなぁ、という疑問が拭えない。だって中村青司の建築じゃないよね?この館。いや作者がシリーズに入れてるのはわかってるんだけど。

    最近の綾辻作品は、どちらかというとこの作品の系統が多い気がする。新本格のファンとしては「そっちの方向に行き過ぎないでね」という気持ちになる。シャッターアイランドとか、そっち系?あれは映画だけどさ。
    これと『暗黒館』にはイマイチ感がつきまといますが、シリーズとしてはやはりはずせないのかも。

    さて、次は『十角館』と並ぶ傑作『時計館』を読むことにしよう。何度も読んでるのにわくわくするよ(笑)。

  • トリックや探偵役など前三部作があってこそのこの作品。電話の伏線あたりは見事。
    でも犯人がちょっとオーソドックスすぎるような。

全3件中 1 - 3件を表示

人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)のその他の作品

綾辻行人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三島 由紀夫
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印

人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)を本棚に登録しているひと

人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

人形館の殺人〈新装改訂版〉 「館」シリーズ (講談社文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする