東京難民(DVD)

  • 126人登録
  • 3.35評価
    • (7)
    • (19)
    • (25)
    • (6)
    • (3)
  • 24レビュー
監督 : 佐々部清 
出演 : 中村蒼、大塚千弘、青柳翔、山本美月、中尾明慶、金子ノブアキ、井上順 
  • キングレコード (2014年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003827908

東京難民(DVD)の感想・レビュー・書評

  • 借金を抱えた父が失踪し大学生活をおう歌して
    いた青年の生活が一変してしまいます。
    学費未納で大学を除籍され住居も追い出されて
    路頭に迷います。そこから始まる彼の転落人生
    を現代日本のさまざまな社会問題を織り交ぜて
    リアルに描いています。体を危険にさらす医薬
    品のバイトや過酷なノルマを課せられるホスト
    業など職を転々とする修。即日払いのバイトで
    は税金分をピンはねされ土木工員は肉体を酷使
    する割に低賃金しか支払われないなど非正規労
    働者のハードな現実が浮き彫りにされる。
    どん底まで墜ちる主人公を演じた中村蒼をはじ
    めフリーターや風俗嬢など苦境の中で懸命に生
    きる人々に扮した出演陣の力のこもった熱演に
    心を打たれました。原作も面白いと思って読み
    終えましたが映画化も面白かったです。

  • ゼロゼロ賃貸とかへ〜ってなりました。でもここにある不幸の原因8割くらいるいちゃんのせいでは…?あとラストがなまぬるいのと、とりあえずな感じで震災絡めてくるのがちょっとな〜でした。が、大塚千弘がかわいいからいいです。そして脱いでえらい!ナース姿もかわいい!!あと脱いでえらい!!

  • 江戸時代だったら納得。現代の設定で話を飛躍すると破綻するから、嘘のレベルを上げないで展開しようとするとバッドエンドになるっていうのは、ひどい話だと思う。仕方がないけど。

  • 小説も良かったのですが、現代を舞台にした話は映画でも映像から伝わる風景がリアルで良いなという感じでした。
    大塚千弘がはまり役で良かったです。

    日本は、一つ歯車が外れて逸脱すると、再び同じ状態に戻ることは難しい社会のシステムです。
    年をとると、若いというだけで若者に可能性を感じますが、若者自身は、自分の置かれている境遇に環境に絶望し、自らに可能性など感じる余裕などないということでしょう。

    ただがむしゃらに行けばいい時代はすでに終わっていますので、若者は、既得権益に乗っかったり、すり寄ったりしながら生きていくしかないのでしょうか。

  • 洋画ばかり観てるのは、邦画だと感情移入しすぎて心が過度に揺さぶられることを恐れているからなのかもしれないと思った。

  • リアルさを出そうしているのに、今の社会を説明するようなセリフで冷めてしまう演出。
    ホストのありがちなくだりも退屈。

    結構ひどいことしてる女を救いながら、
    先輩ホストが殺そうとするのを止めない主人公にとっても違和感。
    演技自体、見てられこともあり。

  • 構成や設定には幾らか無理があったり、飛躍があったりしているが、人間誰もが一歩間違えれば堕ちていく境界におり、(余程の富裕層や権力者はまだ踏み止まれるかもしれないが)辛うじてこちら側に踏みとどまっているのが現実ということを教えてくれる。
    また主人公の甘さやだらしなさや思慮の浅さを指摘する面も多いようだが(自分はあんなに浅はかでないと)、社会や共同体や血の支えによってたまたま平穏な世界にいるということも自覚すべきだと思う。

  • 転落してくってことなんだろけど、もっとすさむでしょ
    環境への慣れが一番の怖さ

    悪くないけど、なんでホームレスに場末の風俗嬢があんな髪も肌もきれいに整ってるの
    ホームレスやってる時くらい髪洗うな
    脂でもつけといて… そんな修を抱き締めてくれて価値があると思うんだけどな

  • ありえる話とありえない話がごっちゃ。
    現代の問題を盛りだくさんに・・・という感がある。
    もう少し限定的でもよかったと思う。

  • 平凡だと思っていた日常の一寸先に存在する底なしの闇の存在に気付かずに生きていることの危うさ、昨日まで味方だと信じていた人に今日には敵になっている怖さ。「日本のどこかにきっとある闇」が生々しく描かれていてゾッとする。どん底に見える日々の中にもキラッと青春めいて映る瞬間が確かに存在してるから、ラストのなんとなく希望の見える終わり方に心底ホッとする。

  • ひとつ階段を踏み外しただけで、地の底まで落ちていくしかなかった、みたいな話。
    痛々しすぎて、見るのが辛かった…

    主人公は、父親の失踪で仕送りが止まり、アパートを追い出され、ネットカフェ難民からホストクラブ、恐ろしい夜の世界、ホームレスの居場所までさすらっていく。
    今の日本は、再チャレンジができない、弱いひとに冷たい世の中になってしまってるんだろうなぁ…。
    どんな場所にも、やさしいひとはいるんだけど…。
    ホームレスのおじさんの言う「死んでもないのに、終わるやつはいないよ」。そうなんだけどね…しにたくもなるよね…
    キャストがすごく豪華だなーと。

  • つまらなかった。

    東京難民。行き着く先がホスト。

    確かに普通の大学生だったはずが、急に家なし金なし。なんて想像もつかないけれど。

    それにしても行動や考えが甘すぎるんじゃないかしら?
    自ら招く不幸もあったんじゃないかな?
    世間知らずってこわい。

    題名も東京難民じゃなくて、世間知らずとかにすれば良かったのでは?

    ボス役の人もいつもあんな感じの役ばっかりだし、雰囲気も一緒。

    何を訴えたくて作った映画なのでしょうか?
    バカバカしい映画。


    貧困イコール底辺まで落ちていく。
    この結びつきは失礼でしょう。

  • ほんとにありそうこわい...

    ボスいいやつやー

    このような状態になったら
    どうすればいいんだろうって
    考えさせられる映画だった。

  • リアルすぎて怖い。自分も貧困に陥る時は一瞬だと思った。生きる力を身に付けなければ。ウシジマくん見たときの焦りと同じものを感じた。自分の金銭感覚をもう一度見直そうと思う。

  • 制作年:2013年
    監 督:佐々部清
    主 演:中村蒼、大塚千弘、青柳翔、山本美月、中尾明慶、金井勇太、落合モトキ、田村三郎、岡村洋一、大谷ノブ彦(ダイノジ)、吹越満、福士誠治、津田寛治、小市慢太郎、金子ノブアキ、井上順
    時 間:130分
    音 声:日:ドルビーデジタル5.1ch


    授業をさぼったり合コンに興じたりとごく普通に大学生活を楽しんでいた時枝修だが、ある日突然大学を除籍される。
    生活費を工面していた父親が借金を抱えたまま失踪し、授業料が支払われていなかった。
    家賃も支払われていないため修はアパートからも強制退去させられ、ネットカフェで過ごす、いわばネットカフェ難民となった。
    日払いのバイトでなんとか食いつないでいたものの、騙されて入店したホストクラブで高額の料金を吹っかけられ、払いきれずにその店でホストとして働き始める。
    働くうちに裏のビジネスを目にする修。
    ホストクラブから抜け出そうにも無傷では抜け出せず、修はついにホームレスにまで転落する…。

  • 貧乏一直線の急降下。
    ただし、ウシジマくんとか
    他のホームレスネタとか
    ホストネタとか、色々かぶって
    オリジナリティーが薄い。。。
    ラストもどうかと思う。

  • 沢山の東京難民がいるんだろうと思う。
    結局うまい話はないと言う事でつけが回ってくるのでしょう。悪の道は巧妙だねー。正直者は気をつけなくては。

  • ×日本語字幕
    *
    *
    *
    面白かったけどきれいな難民だと思った。
    問題の優しい部分、上澄みみたいなきれいさ。
    現実はもっと悲壮で誰も助けてくれなくて人を想う余裕なんてなくてもっと底辺に転がり落ちるだろう。
    人情とか筋とか思いやりがわずかだけどあったし、主人公は恵まれている。
    金があってもあそこまでの人間関係は作れない人がいるのに。
    ぎりぎりの人が観たら何とも言えん気持ちになる。
    思うところがある作品。
    順矢はほりえもんかと思った。
    調べてビックリ劇団EXILE!しかも29歳!
    貫禄ありすぎ。

  • これは…なかなかヘビーな映画でしたね。

    主人公はごく普通の大学生。
    親が学費を払わず逃げてしまったため大学を除籍。
    家賃滞納で立ち退きを迫られ、ネットカフェで寝泊まりし、
    あれやこれやといううちにあっという間に底辺まで落ちてしまう。

    正直「底辺」という言葉は嫌いです。
    職業には貴賤はないと思うし、どんな仕事であっても
    社会が成り立つためには絶対に必要なものだから。
    それでも、そんな言い分も綺麗事と思えてしまうぐらいに、
    たった半年で落ちるところまで落ちてしまった、そんな印象。
    ホストになった主人公に恋をしてしまった茜さんが不憫すぎる。

    ネットカフェ難民、貧困ビジネス…
    経済大国である日本の裏側は、まさにこの通りだと恐ろしくなりました。
    一度落ちるところまで落ちると、そこから這い上がるのは難しい…。

  • 原作とだいぶ話しの内容変わってたけど、これはこれで成立してる気がする。金子ノブアキはまり役。

全24件中 1 - 24件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

東京難民(DVD)を本棚に「観終わった」で登録しているひと

東京難民(DVD)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする