プリズナーズ [DVD]

  • 265人登録
  • 3.59評価
    • (16)
    • (66)
    • (42)
    • (12)
    • (2)
  • 51レビュー
監督 : ドゥニ・ヴィルヌーヴ 
出演 : ヒュー・ジャックマン  ジェイク・ギレンホール  ポール・ダノ  ヴィオラ・デイヴィス  マリア・ベロ 
  • ポニーキャニオン (2014年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013059481

プリズナーズ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • BSジャパン録画,吹替>痛々しかった。。ジェイク・ギレンホールにポール・ダノ,ヒュー・J.さんとなかなかの俳優陣♪なんで期待大。
    何だか無実なポール・ダノ(アレックス)が不憫で可哀想(;^ω^)。。まさかの犯人で驚いたわw
    娘を誘拐されたからって容疑者を監禁・拷問していい訳ではありません!!絶対にない><!!!
    展開が色んな転がり方をしたので面白かった。
    おヒューさんが割と悪い親父役でしたw失踪した娘の身を案じ、許せない思いと悲しさゆえの怒りなんでしょうけど。
    ラストは罰が当たったんだなwwまぁジェイク刑事が気付いてくれそうな気配ENDだったのも巧いわねぇ~~♪

  • 身代金が要求されない幼児誘拐は捜査が困難ですね。誘拐される側、誘拐する側の心にいずれも狂気が宿っています。そこには信仰が絡んでいますが、キリスト者じゃなくて充分理解できません。でも、ラストのどんでん返しまで行き詰まるサスペンスでした。

  • 子供たちの失踪事件をダークでヘビーで狂気な世界で描かれている。ヒュー・ジャックマンとジェイク・ギレンホールの好演と、ロジャー・ディーキンス撮影監督のハイセンスな映像によりグロテスクなシーンすら上質に感じることが出来る。テンポがマッタリとしているのでけっこう疲れてしまった。おそらくこの監督の持ち味だろうボーダーラインよりは楽しめたと思う。

  • 重たい作品でした。
    ヒュー・ジャックマンさん演じるケラーさんの娘を想う気持ち物凄く分かるんですが、だからといってあの拷問はやりすぎやと思います。
    誰か分からないぐらい腫れあがった顔になってしまったポール・ダノ君が気の毒でした。
    確かにポール君物凄く怪しいのですが、ここまで拷問するともし違ってたらこの父ちゃんどうするつもりなんやろ?と今度はそのことばかり気になってました。
    案の定犯人は別人。しかもポール君も被害者やったし。
    警察の調べが手ぬるいのでジェイク・ギレンホールさん以外無能の集まりに見えてイライラするし色々ツッコミたいこともいっぱいありました。
    そして何より長い!!2時間半は長すぎでした。
    重たい作品なので、もう少し短くしてほしかったです。

  • 衝撃の「灼熱の魂」のヴィルヌーヴ監督作品。
    この映画もまたかなり衝撃の展開でした。

    しかし、数奇なシチュエーションだが
    奇抜な語り口ではなく非常に巧妙でどっしりとしていて
    落着いて見られる作品でした。

    子供の失踪、容疑者、周辺の人々
    親の気持ちの尺度、恐るべき真実・・・

    ヒュージャックマンの父親の姿もデフォルメされているが
    子供を持つ親なら分からないではない行動。

    ギレンホールの刑事も描き方が良い。
    身勝手な行動をとる父親にどこかでやってられないと
    放りだすのではと、ありがちな展開を予想しながら見ていたが
    どこまでも冷静で真摯に捜査する姿がかえって斬新。

    世界一困った顔の似合う男、ポール・ダノ!

    ラストのシークエンスのアレについては
    薄々感づいてはいましたが
    幕引きも秀逸。

    やっぱり、この監督の腕力はすごいなぁと思う。
    (編集かな?)

    さ、「複製された男」も楽しみに見よう。

  • 事件前の幸せな雰囲気から引き込まれるから、いい予感したが大当たり。

    舌打ちしつつも静かななかにあつい刑事、いいなぁ。
    はまりすぎの配役。父親との距離感が絶妙。

    容疑者の母親が真犯人とは衝撃。
    この母親もいい表情ではまるなぁ。

    ラスト、心のそこから見つけてほしいと願ってしまう。
    ホイッスルが聞こえて振り返るだけで終わる、なんともいい余韻。

    カメラワークに音楽もはまってるのもあって
    2時間半があっという間。

  • ちょっとちょっとー!パパ、暴走しすぎー!!(笑)
    もう何だかずっとハラハラしながら観ていたような気がします。

    ほんのちょっと目を離したすきに、娘を誘拐された父親。
    犯人と見られるのは、10歳の知能しか持たないという青年。
    決定的な証拠がなく警察はなかなか動かない…
    そして父親のとった行動とは…

    最後の最後まで展開が読めず、
    2時間半というなかなか長い映画ですが全然飽きさせられなかった。

    何が善で、何が悪か、観ているうちに分からなくなってくる。
    自分の身を守るのは自分だけ。自分の家族を守るのも自分だけ。
    もし私が父親の立場だったらどうするだろうか?と、
    思わず考えてしまう映画です。

    それにしたって暴走しすぎです(笑)

  • プリズナーズとは【捕虜、捕らわれた人】
    みんな何かに捕らわれていた。物理的に、精神的に、立場的に。

    うたい文句に「これは他人事ではない」と言うようなことを言ってたけれど、出てくるどの人も皆、昔は悪人で今善人。もしくは昔は善人、今悪人。みたいな人達ばかりでなるほどなーと。どこで悪になるのか善になるのか…私は善でいられるだろうか。

  • 字幕: 松浦美奈

    物語の展開は二転三転して面白い。

    彼らを取り巻く環境が、そもそも抑圧とか鬱屈とかで包まれていることを暗示しているような、一度も晴れることのないペンシルヴァニアの風景もいい。

    優秀だけれどもどこか闇を抱えていそうな、神経質そうに瞬きをするロキ刑事という役作りをしたギレンホールもいい。(もちろんポール・ダノもいい。)

    残念だったのは、上質な犯罪ドラマにするには、なかなかの逸材が揃っているのに、一人ヒュー・ジャックマンが浮いているように見えたこと。敬虔なクリスチャンで娘を愛するあまり…と言われても、なぜかその"狂気"に説得力が感じられなかった。ローガンとかジャン・ヴァルジャンに見えてしまう。(海外では好評だったようだけど。)

  • ジェイク好き。

全51件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

プリズナーズ [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

プリズナーズ [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする