タイトル未定 [Blu-ray]

  • 53人登録
  • 3.93評価
    • (6)
    • (16)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 14レビュー
  • Amazon.co.jp ・映画

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
又吉 直樹
有効な右矢印 無効な右矢印

タイトル未定 [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2015年公開
    監督 : J・J・エイブラムス
    ==

    悪の帝国軍が滅んでから30年後、新たなる脅威の胎動と、ある少女の数奇な運命の始まりのお話し。

    いや、最高でしたやはりというかなんというか。JJがすごいのか、ディズニーがすごいのか、テクノロジーの進歩がすごいのか。まあ全部なんだけど、やっと表現がSWの世界観に追いついたというか、その表現がさらにSWの世界観を引き上げたというか。そこはディズニー×JJのタッグの成功なんだろうな。

    ストーリーはね、細かいこと書くと怒られそうだから書きませんが、つながったよね違和感なく。そこがものすごく難しいことだったと思うので。ただ、なんでこんなことになっとんねん!っていう突っ込みどころも多数あり、それは次回作への撒き餌なんだろうなと、それすらも楽しみであります。

    大きなテーマはやっぱり、「親子」なんだね。
    4DXでもっかい見ようかなっていう、2015年しめくくりにふさわしい一作でした。

  • 待ちに待った新作。公開初日に観てきました。

    感想は、STAR WARSファンの怒りを買うことを承知で言えば、単作としてストーリーを見ると失敗、かな。今後の連作を通しで観るのが前提の作品で、EP7~9の新三部作(という言い方で良いのかしら。今までは新三はEP1~3の事だったけど…)序章、という見方をすれば、ストーリーの起承転結がイマイチ甘いのも納得できるかなぁ、という感じ。

    ストーリーは、とにかく監督の旧三部作愛が溢れていて、至る所にあるオマージュに狂喜乱舞出来たのは良かったけど、兵器の弱点が一緒ってのは頂けないわー(笑)

    あれだけ資金を費やした戦術兵器が前の型と弱点が同じとか、そんな馬鹿な!(笑) ファーストオーダーどんだけ馬鹿なんだよ、って話になっちゃうので、監督のSW愛はとても感じたのだけど、そこはオマージュしちゃ駄目だろ!って上映中に心の中でツッコみまくってました(笑)

    映像はとても綺麗だったし、旧作キャスト(地球系人類以外も含む/笑)が30年の歳月を重ねた顔で実際に、そのキャラとしてスクリーン上で動いているのは、思ってた以上に感動した。アグバー提督も現役だったし(笑)

    総括すると、次回作も楽しみにしてます!ってことです(ただのファンです/笑)

  • ※ネタバレが酷いので注意

    ・3Dで見てきた。4DXは激戦でチケットが取れず…;
    3Dで毎回思うけど、「平たい顔族専用の3Dメガネ」を作ってほしいと思う。鼻が低いからメガネがずり落ちてきちゃって大変でした;

    ・新作は女性が主人公!
    この女性が物凄い漢前で、タフで雄々しい主人公でした。

    ・フィンが良い。こういうキャラって今までいなかった気がする。迷ったり葛藤したりする姿に人間味があって、すごく親身になれるキャラだった。
    ハン=ソロも一瞬逃げたりしても、なんだかんだいって、強気なヒーローだしなあ。最後には華麗に活躍して解決してくれる。

    ・新キャラのカイロ=レン。あっさりマスクを外して、展開早いなと驚いた。物凄いハンサムかと期待していたので、ちょっとがっかりした。

    うまくいかないと癇癪を起こして計器をムチャクチャにぶった斬るなど、キレる若者感が凄くて、しょっぱなから笑ってしまった。

    そういえば新3部作のアナキンもよくキレる子だった印象が…。その血の運命か…。

    ・ハリソンフォードがえらいおじいちゃんになってて、ファルコン号にもまた会えて、往年のスターウォーズファンにも嬉しい内容だろうと思った!胸熱ってやつだ!

    でも、ハリソンフォードが歳いってるし、この新シリーズが完結するまでに亡くなったりしないか?と心配していた。
    そうしたらあの展開だったので、納得した。途中で亡くなったりしたら撮りようがないもんねえ。

    ・あと、レイア姫のキャリー・フィッシャーが凄い美しいおばあちゃんになっていて驚いた。
    若い頃より今の方がなんか綺麗だぞ!?あの野暮ったい感じがない!

    ・ラストの主人公vsカイロ=レンの戦いが最高だった!
    レイがライトセーバーを持った瞬間、感動して泣きそうになった。

    また、粗削りながら戦う姿が物凄い雄々しくて、野生の獣って感じがした。すごい女やでえ…!

    ・最後にマーク・ハミルを見てまた号泣した。おじいちゃんになったね…ヒゲのせいかな?
    エピソード8が楽しみ!!



    (ネタバレ注意)










    ・皇帝ってEP6で溶鉱炉みたいな場所に落ちた後も生きてたのかな?バケモノみたいになってた。

    ・あと、スターウォーズってシリーズ3部作のうち、1本目と3本目でデススター的なものが爆発するなと思った。(エピソード3は除く)

    ・レイはアナキンの娘なんだろうか?それとも、ルークとレイアみたいに カイロ=レンの兄弟なのかな?
    とりあえず、2017年の次回作が楽しみ!!

  • 新解釈のスターウォーズエピソード4という感じ。

  • 賛否両論あるようだが、エピソード4からの往年のファンでも、十分楽しめた。初めての女性ヒロインも、冒頭ナウシカのような設定で、登場から格好良い。固太り気味の二の腕と目ぢからも独特の魅力。ハン・ソロ中心の物語展開もファンには嬉しい。何より、1〜3ではSWらしくなかったメカニック・デザインが、旧3部作風に戻っていたのが良かった。もったいなかったのは、カイロ・レン絡みの物語展開が少しはやかったところ。もう少し次回に引っ張った方が良かったかも。☆4

  • このシリーズ初めて見たんだけどすごくストーリーに入っていきやすかった。

  • これを観るためにいそいでスターウォーズ4-6を一気観した。
    ディズニーが買収したので、ディズニーっぽさが出てて微妙だったという人と、大絶賛してる人とで分かれてたけど、総じて面白かったと思う。

    第1部の感じの無骨さはなくなってて、その少し大雑把なところというか突っ込み満載の感がスターウォーズの愛らしさだと思っていたので、そういうのがなくなり洗練されすぎてしまっていると感じると少し寂しさは残る。

    けどストーリーは相変わらず面白いし、新たな幕が始まったのだと感じさせるThe Force Awakensだった。

    BB-8かわゆい。

  • 2015.12.25 ユナイテッドシネマ 4DXで鑑賞

    フォー‼︎サイコー。
    ストーリー自体は大した事なし。
    しかし、この映画にとって、そんな事は問題ではない。

    かっこ良かったー。何度も叫びそうになるシーンがあったよ。
    レイもいい。フィンもいい。カイロレンは好きになれない。
    ハンソロも良かった。チューバッカも。BB8も。最後のルークのカットもブルッと来た。

    イヤー、何度も見たい。

  • 凡庸で推進力に欠ける物語。魅力ある往年の登場人物と、存在感の薄い新キャラクターたち。

    映画館にて鑑賞。新スターウォーズ3部作の序章である。
    「フォースの覚醒」の物語展開には、全く新鮮味がない。帝国の残党「ニュー・オーダー」は武力で銀河の覇権を握ろうと画策。通路で対峙する父と子。反乱軍「レジスタンス」は、要塞の急所を叩き壊滅。EP4~6の名シーンの焼き回しが続く物語であるため、到底、様式美とは呼べない。過去作を彷彿とさせようとする監督の意図がくどすぎるため、観客は「またかオマージュか」と、映画への没入間を削がれる。オマージュの連続した構成は、ちぐはぐに貼り合わせているだけであり、連続性がなく違和感を覚える。上映時間の大半を、過去作へのリスペクトに捧げすぎているため、新たな物語の軸が回転し始めるのは、終盤の10分ほどである。EP7を銘打ってはいるが、EP6より引き継いだ続編の幕開けとしては、物語の推進力が心もとない。上映時間の大半が、全くと言って良いほど、新章の開幕を思わせない。個人的には、スターウォーズ「EP7」ではなく、「EP6.1」を観た気分である。
    レイア、ハン・ソロとチューバッカ、そしてドロイドたちは時代を経ても変わらない存在感と魅力を放っている。一方で、新しく登場する人物たちは、往年の登場人物と共演すると影が霞んでしまう。そのため、本来は物語の主人公であるはずの、レイやフィンに集中することが難しい。敵対勢力でも同様に、新三部作から登場したダース・モールやグリーヴァス将軍のような魅力あるキャラクターが、本作で見られなかったことは非常に残念である。新サーガで敵の中枢と思われた、カイロ・レンにさえ、全く魅力が備わっていないのは問題である。恐らく、次回作でも登場するであろう彼は、次期製作陣にとって、扱いにくいキャラクターという負債になってしまっただろう。
    かなり贔屓目に見て、今作は新たな三部作の序章に過ぎないと、肯定的に捉えることもできる。その観点から言うと「フォースの覚醒」は、十分であるとは言えないが、新しい人物関係や時代背景を観客に提示する部分と言えよう。寛容なファンたちは、今後の展開を見守っていかねばならない。

  • 長らくの刻を越えて、懐かしく新しい物語が帰ってきた。
    新しい物語は、僕の知っている昔のスターウォーズで、昔と変わらない新しいスターウォーズでした。
    レイの主人公としての説得力はすごくて、常に目の奥に火が灯っているように映るくらい。
    フィンやポーもむちゃくちゃ格好いいし、敵機に弾を命中させて興奮するフィンとか、ポーの具合は、こっちまでのめり込んで興奮してしまうくらい。
    こんな物語を見せられて、数年生殺しなんて、昔のスターウォーズファンのつらさが少し伝わってきました。

全14件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

タイトル未定 [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

タイトル未定 [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする