社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方 [Kindle]

  • 25人登録
  • 3.08評価
    • (2)
    • (3)
    • (3)
    • (2)
    • (2)
  • 4レビュー
著者 : 佐藤達郎
  • 株式会社あさ出版 (2014年6月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (125ページ)

社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方の感想・レビュー・書評

  • いろんな働き方を組み合わせて生きる方法を教えてくれる!
    本業に加えて専門的な知識を持っている人はいっぱいいるはず!
    それを生かさない手はない!
    働き辛さを感じている人にぜひ読んでほしい!
    自分の生き方に希望が持てる!

  • 思考整理には良い
    自己啓発の内容止まりなのが残念

  • 自分の気になる業界、組織に実際に勤めておられる筆者の生の声が聞こえてきて、ものすごく勉強になった。就活前に長期的にみた「働き方」をゆっくりこの本を通して改めて考えられたと思う。留学中なのでこちらで受講しているマーケティングの授業と並行させながら読み進められたというのもあり、この時期にこの本に出逢えたのは良かったと思う。来学期、帰国前のテーマみたいなものも見えてきた。

    佐藤さん、ありがとうございます!(^_^)


    内容に触れると、

    自分の所属する組織、環境の影響というのはやはり大きくて、嫌でも毎日触れるものだから、そういった影響が弱みに転じることがある、というのは頭の中に置いておくべきだと思う。だから、意識的に異分野や新しい環境に自ら足を運んで、その場で議論されている内容や視点、考え方を自分の中でしっかり咀嚼できるかどうか、そこでの出逢いを深められるかどうか、が、今後の自分の働き方や生き方に大きく影響してくるのでは。

    あと、4つの目指すべきタイプは非常に参考になる。

    ①専門性追求拡張タイプ
    ②本業キープ拡散タイプ
    ③憧れ中心下支えタイプ
    ④テーマ中心雑食タイプ

    さらに、それぞれ具体的な人物を取り上げてどういった働き方をされているのか生の声が聞けるのは、学生の自分にとって「こういう働き方もあるんだよ」と教えていただいているように感じ、非常に有難かった。

    そして何より、これらが「可変」であるということが言及されていたのが印象的だった。「時間軸」「環境の変化」「長期的スパン」みたいなものを見落としがちで、「今の自分」視点で書かれている本が多く見受けられるためである。

  • 2014年6月初版
    佐藤達郎 著
    ==

    「会社員」「フリーランス・独立」に加えて”第3の働き方”として、その考え方や実践方法を紹介した一冊。

    いろいろなノウハウとかワークシートも紹介されており、一歩踏み出す上でやる気が出るような気もしつつ、要するに「いかに自分が働くことについて、自覚的・能動的にいられるか」が全てのテーマである一冊です。これは逆説的かもしれませんが、結局サラリーマンでもフリーでも一緒。運用における可変領域を増やして、責任は増えるけど自由にいきる方法もあるよ!?という、その上での提案として、読むといろいろ発見がありました。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方はこんな電子書籍です

社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方のAudible版

社畜もフリーもイヤな僕たちが目指す第三の働き方の単行本(ソフトカバー)

ツイートする