乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS) [Kindle]

  • 44人登録
  • 3.33評価
    • (2)
    • (4)
    • (10)
    • (2)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 外山滋比古
  • 扶桑社 (2014年4月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (61ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊賀 泰代
デール カーネギ...
岸見 一郎
ジャレド・ダイア...
ジェイムズ・P・...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS)の感想・レビュー・書評

  • 読書の技術について書かれた楽しいエッセイ集。

    セレンディピティ ( s e r e n d i p i t y )とは、思いがけないことを発見する能力を指す。著書の外山滋比古さんは乱読によって、精読では出現し得なかった残像が思考経路に現れ、以前からあった記憶と科学反応を起こし、新しいアイデアが生まれるとする。
    知識を詰め込んでも知的メタボリックにしかならず、新しい価値は生まれては来ないというのが、本書の趣旨。
    「読書がいけないのではない 。読書 、大いに結構だが 、生きる力に結びつかなくてはいけない 。新しい文化を創り出す志を失った教養では 、不毛である 」。

    外山さんは、乱読を勧め、自分の専門以外の様々なジャンルの本を読み、本は自らのお金で買い、途中で投げ出してしまった本も無駄ではないと断言する。
    「乱読の本では 、よくわからないところが多い 。本の内容が 、そのまま物理的に読者の頭の中へ入るということはまずない 。わからないから 、途中で放り出すかもしれないが 、不思議なことに 、読みすてた本はいつまでも心に残る」。

    個人的なことを言えば、だいたい軽めのノンフィクション、少し難しめのノンフィクション、そして小説の3冊を同時に読んでいる。インドネシアにいて、本が手に入らない状況が15年以上続いたせいか、乱読には若干抵抗がある。したがい、この本に完全に賛同はできないが、それでも、この本は面白い。乱読を勧めてはいるが、極端な速読には論外としている。
    「十分間で一冊読み上げる法などを言いふらしている向きもある 。そんな本なら 、いっそ読まない方が世話がない 、とは考えないところが 、かわいい 」という意見は痛快。

    母親の婦人雑誌を盗み読みした経験など、面白いエピソードも多く、楽しい本。自分の読書法について考えるきっかけにもなり、読んで損はない★4つ。

  • 常に、乱読中の私の為?の一冊となるでしょうか・・

    セレンディピティ‥思いがけないことを発見する能力。
    特に、
    科学分野で失敗が思わぬ大発見につながった時に使われる。

    私が感じていたセレンディピティのニュアンスとは違っていたけれど、この本からまた新たな出会いをしたような・・。
    著者の作品を何冊か読んでいます。

  • ひとつひとつは直接的に関係なくても、組み合わせて考えることで新たな発見が見つかる。読書に関わらず、生活習慣や人付き合いにも適用される話。

  • この本を読んでいる途中で「私が描いた思考の整理学という本が25年経ってから売れ始めて…」と書いてあるのを見て、え?!?!って思った。

    私が大絶賛した「思考の整理学」の著者だったのだ。

    それを知らずに私はこの本を読んでいた。

    でも、この本は思考の整理学ほどの感動や発見はなかった。
    乱読のメリット…というのはほんのちょっと書いてあるだけで、ほかは文学とは、とか本を読むよりも人と話すことの方が良いと言ったような感じで、若干読書はおすすめしない的な感じに捉えてしまった。

    私は思い出を忘れやすく、小学生はもちろん中学生や高校生の時の記憶があまりない。
    家族とどこに行った…とかは覚えているが、そこで何が起こったとかそういうのは覚えていない。

    私の妹や弟はそういうのを鮮明に覚えていて、私は自分が薄情なのか頭が悪いのか…と少し悩んだが、この本を読んで解決したように思う。

    くだらないことをさっさと忘れてしまうから、また新しい記憶が頭に定住できる。といったことが書いてあって、納得した。

    私の頭はいつもアップデートされているような感覚がある。
    というか基本あまり何も覚えていない。
    でも何か常に考えている…というような感覚だ。

    これはいいのか悪いのかわからないが、だからと言って思い出を鮮明に覚えておくようにしようとまでは思わない。

    話はずれたが、この本はそういう発見があったので良かった。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS)を本棚に「積読」で登録しているひと

乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS)はこんな電子書籍です

乱読のセレンディピティ (扶桑社BOOKS)の単行本

ツイートする