サイコブレイク - PS4

  • 52人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (4)
    • (8)
    • (2)
    • (2)
  • 5レビュー
  • ベセスダ・ソフトワークス (2014年10月23日発売)
  • PlayStation 4
  • Amazon.co.jp ・ゲーム
  • / ISBN・EAN: 4562226430741

サイコブレイク - PS4の感想・レビュー・書評

  • チャプター9から一か月放置していて、もう遊ばない気がするので遊んだとこまで書きます。
    「バイオハザード」の生みの親である三上真司さんが手がけた作品との事で凄く楽しみにしていたし、ゴアモードが予約特典という事も手伝って予約して買いました。
    正直ガッカリ感が半端ないです。それなりに楽しいのですがストレスが物凄い。いわゆる死にゲーですがチェックポイントまでが長いので死ぬとかなり前まで戻される。当然アイテムも取り直したりといちいち面倒。
    又、ザコが強い。三発ぐらい殴られると死ぬ。変なところに即死トラップとかもあるので何度死んだだろう?また死ぬとカット出来ないムービーが入ったりと本当にイラつきしかおきない。
    それなりに楽しめていたのにチャプター7で心折れました。何度コントローラーほり投げたか!!
    だいたい主人公のセバスチャンが体力無さすぎ(怒)コイツ警官か?ってぐらい弱いし走ると三秒でバテるし。このセバスチャンがゼーハーゼーハーやってて敵に追いつかれて死んだりとか、そんなんばっか。スニークキルも最初だけで後は敵がうじゃうじゃわいてスニークキルなんて無理です。そしてホラーなのにイラつきまくりな為か全く怖くないという・・・・。ゴアモードもたいした事なかったですし予約して買って損しました。ア○○ンでの激安ぶりが今作の出来を物語っていると思います。愚痴しか出ないのでこんなレビューで申し訳ないですが正直な感想を書けと言われると、こんなんしか書けないです。すみません。

  • プラチナトロフィー。
    サバイバルホラーでバイオ4~にステルス要素と即死ポイントを増やした作品。

    世界観や設定、ステージの雰囲気はいいもののストーリーやキャラクターに魅力は感じず、システムに関してもステルスは敵の感知範囲は狭く、強制集団戦が多いです。しかし集団戦が多いわりには銃は微妙(燃やす行為が強いので銃で殺すということをあまりしない)。
    どちらをとっても中途半端で今ひとつな印象。
    ホラーとしても使い古された演出ばかりで新鮮味はなく、他にもAIやカメラ酷いなど問題点多数。

  • 充分面白いんですけど、上下の黒帯はプレイの邪魔です。ちゃんと足元見たい。シネスコサイズは映画なら格調高い感じがするけどゲームでは不要。

  • 大きな欠点が1つ。
    死にゲーなのに、死んだ後の復帰時のロードが長く、
    それまでに回収したアイテムも再度回収しなければならないという、
    死ぬのがめんどくさい仕様になっていること。
    それ以外は面白い!

  • 難しかった!!!
    こんなにやりごたえがあってハラハラするレベルデザインのゲームは久しぶり
    びっくり系の怖さじゃなくて弾がなくなったりしてジワジワと追い詰められて行く恐怖は凄い
    システムはバイオ4で、そこからホラー寄りに進化したようなゲーム
    グラフィックとかはPS4にしては多少荒いけど、タンゴは新規ゲームデベロッパーだしその辺は愛嬌
    リメイクバイオのような生々しい空気感はちゃんとあった
    もし次回作やDLCがあるならまた絶対やりたい

    完全には明かされないストーリーがとにかく気になって、賛否両論あるかもしれないけど自分はガチハマりした
    結局このストーリーはどういうことだったのかということを考えてるだけで楽しい
    考察サイトとかを調べるだけでまだまだ楽しめそう

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

サイコブレイク - PS4はこんなゲームです

ツイートする