チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書) [Kindle]

  • 12人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 武田尚子
  • 中央公論新社 (2010年12月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)の感想・レビュー・書評

  • 昼休みの楽しみは弁当の後の昼寝。目覚めた後のコーヒーとひとかけらのチョコレート。この習慣は10年続いている。なんでも、カカオに含まれているテオブロミンという有機化合物が精神をリラックスさせ、集中力を高める効果があるそうだ。
    キンドルを立読みしているときに本書を見つけ、「チョコレートやココアは社会的スイーツである」という一文に興味を覚え購入した。

    本書は商品の「グローバル化のふたつの成長エンジンである『貿易体制』と『生産・加工体制』に着目し、カカオが新大陸から欧州にいかに広がっていったか、カカオが商品としてのココアやチョコレートに変遷し、大衆に受け入れられていったかが記されている。
    と書くと小難しい本のようだが、産業革命後のチョコレート工場、17世紀の英国のコーヒーショップ、チョコレートやココアの広告やパッケージの写真が豊富に掲載されていて、大変楽しい本になっている。

    マヤ文明ではカカオが「万物との交換が可能な神秘的な力」を持つとされ、貨幣の役割も果たしていたこと。産業革命後は、英国の大衆に浸透し、当時、朝の血糖値の上昇に欠かせないとされていたアルコールに取って代わり、労働者の健康や労働効率の上昇に貢献したことなど、ココアやチョコレートが社会に何をもたらしたかが丁寧に記述されている。
    また、終盤では、キットカットのオリジナルメーカーである「ロウントリー社」の歴史が中心になっている。従業員へのモチベーションアップ策やキットカットの「ミゾ」の話など、娯楽性のあるノンフィクションと思う。

    中公新書には「ジャガイモの世界史」のように、我々が日常接している物の世界史の本が数冊出ているが、どれも外れがない。本書も、まぁまぁお勧めの★4つ。

  • チョコレートとココアについての歴史の本。タイトルにもあるとおり、基本的にはヨーロッパにおける歴史となる。

    ヨーロッパにおいてココアはコーヒーやお茶と同時期に入ってきた飲み物である。宮廷ココア担当官なんて職が作られるほどにスタートダッシュは決まったが、やがて国民的飲料の座はコーヒーかお茶に取られることになる。しかしカカオはチョコレートとして生き延びる道を見出し、今に至る。

    カカオが世界史に与えた影響として着目すべきは、奴隷制廃止に一役買い、さらには労働者への福祉制度を作り上げたことにある。それはイギリスのココアビジネスを手がけていたのがクエーカー教徒であったからなのだが、彼らは信者同士を「フレンド」と呼んでいたというインパクトの強さにやられたので説明はここまでとする。

  • 世界中で愛されているチョコレート。南米の王侯が珍重したカカオにヨーロッパが出会ってから500年。大航海時代から奴隷貿易、産業革命、市民社会の到来と世界の歴史の大きな流れとともに、チョコレートの流通、普及、あるいは技術が進化してきた。はじめは希少で刺激の強い薬であったカカオが、誰の手にも入る甘美な菓子に変貌したのは、そうした歴史の賜物だと言える。チョコレートの歴史とは、経済史であり文化史でもある。
    特に面白いのが、産業革命期から20世紀初頭までのイギリス。都市部に住むクエーカー教徒が資本制工業の中心となり、チョコレート産業を飛躍的に発展させた。ウェーバーのプロテスタンティズムの典型例として、チョコレート産業が存在したという。そして、資本制工業で必然的に生まれるワーカークラスの健康と娯楽としてもチョコレートは役に立った。チョコレートは社会福祉としてクエーカーの教義にも合致していた。
    そんなクエーカーのチョコレートメーカーがキャドバリーだったりロウントリーだったりというのがまたすごい。今に続くブランドが、チョコレートの歴史を作ってきた。ほかにも、ヴァン・ホーテン、ネスレ、リンツといった有名どころがチョコレートの進化に大きな影響を与えてきた。
    ふだん何気なく食べているチョコレートにも、こうした歴史の積み重ねがあるというのはとても新鮮で面白い。

全3件中 1 - 3件を表示

武田尚子の作品一覧

武田尚子の作品ランキング・新刊情報

外部サイトの商品情報・レビュー

チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)を本棚に登録しているひと

チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)はこんな電子書籍です

チョコレートの世界史 近代ヨーロッパが磨き上げた褐色の宝石 (中公新書)の単行本

ツイートする