バチカンで逢いましょう [DVD]

  • 112人登録
  • 3.63評価
    • (9)
    • (17)
    • (24)
    • (2)
    • (0)
  • 23レビュー
監督 : トミー・ヴィガント 
出演 : マリアンネ・ゼーゲブレヒト  アネット・フィラー  ミリアム・シュタイン  ジャンカルロ・ジャンニーニ  ラズ・デガン 
  • ポニーキャニオン (2014年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013059788

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

バチカンで逢いましょう [DVD]の感想・レビュー・書評

  • カトリック教徒のマルガレーテはローマ法王に
    会うため一人でバチカンにやって来る。 
    だが、老詐欺師の出現で予定が総崩れしてしま
    い成り行きでドイツ料理店のシェフをすること
    になってしまいます。
    ロックバーでダンスを踊りタトゥーまで入れて
    しまうマルガレーテがキュートでした。
    「バグダッド・カフェ」のマリアンネ・ゼーゲ
    ブレヒト演じるポッチャリおばあちゃんが世間
    知らずだけれど心優しく、愛に一生懸命なとこ
    ろがチャーミングだと思いました。 
    心に響く逸品から選んだ映画で本当に心に残る
    作品でした。

  • バグダッドカフェの主演女優さん目当てで観たけど、ほのぼのしていていい映画だった。
    こういうのみると、楽しく生きなきゃなと思う。肩の力が抜ける。

  • 年を重ねてもパワフルでキュートに生きたいなと思わせてくれる映画。
    オマのパワフルさでこっちまで元気をもらえる。一生懸命生きて、一生懸命笑って、一生懸命恋をしたい。

  • 人の人生はその人のものだと尊重すること。

  • 原題:OMAMAMIA
    エネルギッシュで誰もがとりこになるオマを中心とした家族3代の話。なんでカナダへ移住した(?)のかイタリアでどんな風にステイするのかなど細かい内容は映画なのでさておいて。それぞれのシーンが愛らしい。ところどころププっと笑えてホロリと泣ける。ヒトって間違ってばかりだけど、悪くないなって思えてくる映画。

  • 楽しくてあっという間に終わっちゃたー。優しい心とおいしい食べ物

  • バチカンイタリア大好きなので風景だけでも大満足なんだけど。イタリア語ドイツ語英語が混在する、おばあちゃんハッスルな痛快映画。出会えて良かったと思える1本。また見たい

  • エネルギッシュな映画。エネルギッシュな人たち。感情むき出しにして、自分のやりたいこととやりたくないことにとても素直で、そういう人は時に周りの人からは嫌われるかもしれないけれど、同時に見ていて胸のすくような気持ち良さもある。こういう人たちが増えたら世界は平和かも、なんて錯覚まで持つ。つまんないことでくよくよせずに飛び出せばって思う。明日からまた元気になれそうな作品でした。カイザーシュマーレン!懐かしのドイツ。大好き。それぞれのキャラクターたちみんな、人に流されないその生き方がかっこいい。

    (20160309)

  • とっても楽しい映画だった。みんな粋だな~!愛と愛嬌と信念を持ってる人はいくつになっても魅力的。素敵なシーンがいっぱいだった。

  • ★4.0

    色々とはちゃめちゃだけど、最後はハッピーな気持ちにさせてくれる。

    私は無宗教だから、ローマ法王にあそこまでこだわる主人公の気持ちはあまりわからないけれど、様々なことを受け入れるオマは素敵だなと感じる。

    感情豊かで怒ったり気落ちしたり大笑いしたりなオマは、マリアンネ・ゼーゲブレヒトぴったり!

    イタリアに行ってみたくなる作品。

  • ドイツ料理となってはいるが、実際はオーストリア料理の「カイザーシュマーレン」

    カイザーシュマーレンは、薄いパンケーキで、小麦粉、卵、砂糖、塩、および牛乳を混ぜ合わせた甘い生地をバターで焼いて作る。果物類などはそれを進化させたもので個人の好みで楽しむものです。

    映画紹介で食の話も珍しいのですが、最近の作品では食の時間を少しずつではあるが多く撮る作品もある。今作も食が中心…と思ったのですが主演のインパクトが強すぎた。

    これは日本では出会えない作品だと思う。主演を人気どころで固め、常に若い子がメインとなり実力派のお年寄りは脇に回るこのくらいのことをぶっ壊そうとしない限り、邦画の向上はあり得ないと思う。

    https://www.youtube.com/watch?v=AVpIcI5kGIE
    お世辞でも美人と言えない彼女の25年後!さらに表情が豊かになってキュートなおばあちゃんになりましたね!

    「バチカンで逢いましょう」
    https://www.youtube.com/watch?v=cpPQeXQKo0Q

    久しぶりに笑顔を絶やすことなく、映画を観たような気がしました。フィルムの中で登場人物全てを笑顔にする主演のマリアンネ・ゼーゲブレヒトは見ているすべての人々をきっと笑顔にしてくれる。実際には10作品しか出ていない彼女だが、その1本に前出で紹介した「バグダッドカフェ」がある。そのヤスミンもインパクトあったが、今作では67歳になっても衰えないパワーを見せてくれた。

    波乱万丈的なストーリーの中でも彼女の笑顔が少しずつ、一人ずつみんなを笑顔に変えていく。大好きな1本です!

  • ロックなばあちゃん 憧れる。(ゆ)
    好きなものをしっかり持つって大事(ぶ)

  • ラストにはほっこり!
    心の支えはひとそれぞれだね~♪
    とりあえず料理が食べたくなった!

  • ローマでバイク二人乗り、いいなー。

  • 懐かしのバグダッド・カフェから早25年。
    主演のマリアンネ・ゼーゲブレヒトはもちろん、私としては孫娘役のミリアム・シュタインもすごく良かった。

    何だろうな、このとびきりワクワクするでもなくハラハラするでもなく、それでも観ているだけで満たされていくこの感じ。
    のんびり観たい方にオススメしたい。

    ありきたりだけれど、映画って良いなあ...なんて思ってしまう作品。

  • バグダット・カフェのMarianne Sägebrechtが、明るさと優しさを振りまくお祖母ちゃんを好演。バグダット・カフェ程の映像美はないが、ほっこりと温かい後味を残す小品。

  • カナダに住む敬虔なカトリック信者の女性が、単身ローマに渡り、周りの人々を幸せにしていく...。
    バグダッド・カフェのマリアンネ・ゼーゲブレヒトが、またしても周りに幸せを振りまいていきます。観ていてこちらも幸せな気分になれます。

  • 2014/10/13 すごく良かったです。バグダッドカフェ以来の主演女優 マリアンネ.ゼーゲブレヒト
    25年以来なんて信じられない。存在感すごいし 元気ハツラツな姿 とても良かった。ローマの景観もバイエルン料理も魅力的!ジャンルがコメディとなってたけど…暖かいシリアスドラマだった気がするけど…元気ももらえる とても心がホットになる映画だった。内容も女優の演技力にも感動!登場する人達が皆 良かった。バグダッド.カフェとは内容ももちろん 監督も違うけど…その印象を彷彿させる魅力ある映画でした

  • なんとも軽快に走る太っちょおばあちゃん。キュートである。

  • 荒んだ幸福の国。イタリア行きたい。
    音楽が良い。ほのぼのした場面もクラブでのソロも。
    寛容でお茶目でちゃっかりしたとこもあるオマ、最高じゃん。

  • “カナダで生活するドイツ人のマルガレーテ(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)は夫に先立たれ、長きにわたり暮らしてきた家を離れて長女マリー(アネット・フィラー)一家と暮らすことに。敬虔(けいけん)なカトリック信者の彼女は、以前から楽しみにしていたローマ旅行を心待ちにしていたが、その話はうやむやにされてしまう。結局マルガレーテは手紙を残し、一人でローマへと向かい……。”

    バグダッド・カフェ主演の女優さん。
    料理目当てで観たが、肝心な料理はあまり出て来ない。
    でもストーリーは良かったから楽しめた。
    お洒落な感じで観ているだけでも楽しめる。
    オマ(おばあちゃん)カッコ良すぎ。

全23件中 1 - 23件を表示

バチカンで逢いましょう [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

バチカンで逢いましょう [DVD]を本棚に登録しているひと

バチカンで逢いましょう [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

バチカンで逢いましょう [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

バチカンで逢いましょう [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

バチカンで逢いましょう [DVD]はこんな映画です

ツイートする