8月の家族たち ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]

  • 114人登録
  • 3.36評価
    • (6)
    • (20)
    • (21)
    • (6)
    • (3)
  • 26レビュー
監督 : ジョン・ウェルズ 
出演 : メリル・ストリープ  ジュリア・ロバーツ  ユアン・マクレガー  クリス・クーパー  アビゲイル・ブレスリン 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014年10月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967113495

8月の家族たち ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 年老いた父親が失踪し、自殺してしまった女系家族とその家族たち。兎に角豪華出演陣が繰り広げる愛憎ドラマでした。

    母親役をあの名女優メリル・ストリープが演じ長女をジュリア・ロバーツが扮しこの二人の親子が物凄い確執の言い争う姿がリアルです。

    親子・夫婦其々の長年にわたる鬱積した思いが葬儀の晩餐の場に一気に吐き出される想いがそこまで言うか?と感じてしまう迫力が物凄い。
    本当に見応えのあるドラマでした。

  • これ全員いいな。ベネディクト・カンバーバッチ、息子を見るような気持ちになる…

  • WOWOWで録画視聴。字幕版。
    感想は後ほど

  • 「私にどうしろっていうの?」
    皆が皆、自己中心的な世の中だし、そういう社会だからこういう考え方になるのは仕方がないですが、
    人間の思いやりの限界と現実を思いしらされた。そんな後味の映画でした。

  • ジュリア・ロバーツ圧巻だわ~
    家族が全て愛でできてるはずない。砂利みたいなもんだ。

  • 8月の真夏日。父親が失踪したと知らされ、オクラホマにある実家へ集まった三姉妹。

    真面目すぎて暴走しがちな長女バーバラと、反抗期の娘、実は別居中の夫。
    ひとり地元に残り秘密の恋をしている次女アイビー。
    自由奔放な三女カレンと、その不審な婚約者。

    彼らを迎えるのは、闘病中だが気が強く、率直で毒舌家の母バイオレットと、その妹家族。
    生活も思惑もバラバラな“家族たち”は、つい言わなくてもいい本音をぶつけあい、ありえない“隠しごと”の数々が明るみに―。
    (公式HPより引用)

    メリル・ストリープの演技、女優魂に脱帽。
    他のメインキャラも素晴らしく、家族という関係の持つ、愛おしさ、残酷さが生々しく描かれています。
    息をつめて観ていたので、鑑賞後どっと疲れがでるくらい、迫力ある映画です。

  • 良いんだけど、このラストは悲しい。 ケンカしてるところは笑える。

  • メリル・ストリープが祖母、ジュリア・ロバーツが長女、次女はよく知らないけれど、三女がジュリエット・ルイス。
    いやー、みんな歳を重ねて…、しかもかなりきつい言い争い。女子は、特に姉妹がいる女子、母子関係に一癖ある女子は絶対面白いけれど、男子はきついかも。

    でも、ストーリーよりも、設定とドラマ。
    ラストシーンもよかった。

  • まずキャストが豪華! 母親:メリル・ストリープ、長女:ジュリア・ロバーツ、次女:ジュリアンヌ・ニコルソン、三女:ジュリエット・ルイス、他にユアン・マクレガー、サム・シェパード、ベネディクト・カンバーバッチなどなど。
    この映画は女性陣中心なので男性陣は控えめだけどねー。
    この豪華な女優たちが父親が失踪し、実家へもどってきて衝突するわけです。
    ある意味、どこの家族にあり得るような感じでもあるし、彼女たちがほぼスッピンで一般ピーポーらしいところなどから感情移入しましたよん。
    まー、この一家の各々の悩みはちょっとディープすぎますけどね(苦笑)
    allcinemaではコメディって書いてあるけど、決してコメディではありません。
    笑える箇所なんて全然ないもの(笑)。
    親がそろそろ死期を迎える年代で、子供たちもアラフォーとかで、それぞれ家庭があったりで、ということで、まさに私たち世代の映画とも言えます。
    考えてみたら、私も弟や妹たちがどういう生活をしていて、何に悩んでいるとか・・・全然知りません><
    それは、私ひとりだけ遠くに来ちゃったせいでもあるんですけどねぇ。
    家族だからこそ言える本音もあれば、家族だからこそ言えないこともあるわけで、売り言葉に買い言葉の喧嘩になり、言うつもりじゃなかったのに・・・ってことがありますよね。
    近いからこそ、傷つけたくなったり、傷つけまいと隠したり。
    なんか、いろいろと考えさせられたし、日本の家族が恋しくもなりました。
    でもね、日本人は相手を尊重するから、この映画ほどこじれないとは思いますが。
    メリル・ストリープがちょっと破天荒なおばあさん役で、ガンということもあり薬物中毒で、少し認知症もはじまっている役を生々しく演じています。
    こんな奥さんだったら、旦那さんも疲れちゃって自殺もするわなぁ・・・なんて思い、私は素敵なおばあさんになりたいなーなんて思ったり(笑)。 終わらせ方はあまり好きじゃない終わり方だけど、きっとバラバラになった家族たちもいつかなんとかなるだろう~と受け取りました。希望的観測ではありますが^^;
    なんだかんだあってもやっぱり家族だから・・・
    ミドルエイジの女性が観たらよくわかる映画だと思います。

  • 描かれているのは、起こりそうな問題ばかりですね。

全26件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

8月の家族たち ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

8月の家族たち ブルーレイ&DVD セット (初回限定生産/2枚組) [Blu-ray]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする