青本 [Kindle]

  • 80人登録
  • 3.40評価
    • (6)
    • (12)
    • (21)
    • (6)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 高城剛
  • 2014年7月15日発売
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (68ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
高城剛
高城 剛
高城剛
高城剛
有効な右矢印 無効な右矢印

青本の感想・レビュー・書評

  • 高城剛さんへの旅関係のQ&Aをまとめた本。
    街も時期も日程もかなり限定的なのでこの本を読むようでしたらその前に行き先に特化した本を読み漁った方がいいです。
    質問をした本人にとってはとても有用だと思います。
    高城さんは知識の守備範囲が世界レベルだということはよくわかります。

  • 安定の高城剛クオリティ。エキセントリックな内容とは裏腹に、文章から感じられるのは(恐らく)本人の真面目で誠実な性格。

  • 黒より白より青!

  • 国内、海外旅行のちょっとマニアックで刺激的な楽しみ方を希望する方にオススメの一冊。
    特に旅行計画前に読みたいですね。

  • 僕はまだ日本から出たことがない。
    高城さんの本を読むたびに、世界への憧れが募る。

    旅行ではなく、そこで生活をしたいという意味で
    世界へ出て行きたい。

    夢はどんどん広がる。

  • Kindleストアの新刊で見かけ、早速購入しました。高城剛氏のメールマガジン「Future Report」の1コーナーを再編集したものですが、正直言ってこのシリーズ、最高です。

    国内旅行、海外旅行に行く際の役立ち情報が満載。何が良いかというと、ネットで調べても到底見つけられないような「現地に住んだことがある人でないとわからないような、ホンモノの情報」が詰まっていること。その辺のガイドブックよりも、生の情報が網羅されています。これで280円は相当安いです。

    メルマガ自体も面白いのでおススメです。また、個人的には高城剛という人物自体にも強烈な魅力があります。これから私たちが過ごすであろうライフスタイルを半歩先に実践しており、インタビューを見るだけでもワクワクしますね。テクノロジーを駆使しているはずなのに、なぜかアナログを感じさせる微妙な空気感。何でしょうねこの方は。笑。

    高城剛とは何者なのか? 今後、日本人が世界で生き残るためのロールモデルとして考える。

    興味をもたれた方は、過去の「白本」「黒本」を読んでみてください。青本もそうですが、Amazonプライム会員の人であれば、Kindleオーナーライブラリーを使って無料で読むことができます。一度読めば、間違いなくドップリハマります。

  • 高城剛未来研究所のメールマガジンの読者Q&Aの中から"旅"に関するテーマでまとめられたもの。世界を旅する著者のお勧めの場所や楽しみ方を伝授。扱うテーマ故に前書「黒本」のような刺激は少ない。

  • 初耳情報多数。
    さすが、世界を飛び回っている方です。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

青本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

青本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする