シフト 下 (角川文庫) [Kindle]

  • 27人登録
  • 4.00評価
    • (4)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 5レビュー
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年7月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (201ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェイムズ・P・...
ヒュー・ハウイー
ヒュー・ハウイー
ヒュー・ハウイー
有効な右矢印 無効な右矢印

シフト 下 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • ウールの衝撃と比べるとややボヤけた印象の物語。並列するストーリーの一つが、ウールとの繋ぎとしてしか機能していないのがちょっともったいない感じ。
    ただ、終盤に明かされるサイロ建造の理由は、荒唐無稽ながらも説得力があり、そこからは読んでいて盛り上がった。
    ウールの序章のセンセーショナルさからの流れで読み続けてはいるが、3作目も読みたいと思えるだけの魅力はあった。

  • ーーー長い眠りから覚醒したドナルドは地下壕を統括するサイロ1の責任者となる。より多くの人を救うため、崩壊し始めたサイロを消滅させるミッション。苦しむドナルドはサイロから足を踏み出す決心をするが――。

    『ウール』の続編であり、三部作の第二部
    前作の世界に至るまでの過程を、さまざまな時間軸から描いて、古い謎は解かれ新たな謎が提示される。

    スケールの大きさとドナルドの置かれた立場に圧倒される。
    第三部は第一部の直後から始まるようなので今から楽しみ



    「星探しはやめるんだ。いいな?われわれはほとんどの星の位置をすでに把握している」

  • 世界の誕生と、今のジュリエットを描く、それにしてもジュリエットは押しが強くて、実際にいたら好みの女性ではなさそう

  • Woolでは、ほとんど説明がなく いきなり提示される異常な状況。そして年代的には遡るShift
    なかなか心憎い演出と 相変わらず全編にただよう異様な雰囲気は心地よい。
    もしかすると Shift →Woolと読んでも違和感がないのかも。
    ただ多分誰しも感じると思うがWoolの重厚的感動には遠く及ばない。現実世界との「繋ぎ」だからかも。
    いずれにせよ三部作最後のDust 楽しみでもあり、、、

全5件中 1 - 5件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

シフト 下 (角川文庫)はこんな電子書籍です

シフト 下 (角川文庫)の文庫

ツイートする