群像 2014年 09月号 [雑誌]

  • 12人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 7レビュー
  • 講談社 (2014年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910032010945

群像 2014年 09月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 芥川賞受賞作品、小野正嗣 九年前の祈り
    この賞としては珍しく、心の揺れをじっくりと書き込んだ圭作だと思う。

  • 「九年前の祈り」読了。やっぱり彼の土着的なところが好きです。そこに年月と、不思議な旅行と、いっしょに行った人たちと、息子と、親とが微妙な距離感でかかわってゆきます。

  • 芥川賞受賞作品、読みました。
    暗い。なんでこんなに暗いんだろう。
    田舎のオバちゃんたちのコアな方言が、重く響き、どんどん暗い気分になる。
    田舎に渦巻く様々な偏見や、閉塞的な空間、希望のない、息苦しくなるような閉鎖的な共同体。
    カナダ人男に捨てられる日本女。
    あまりにも、実際にありそうな話で、読んでて、胸が苦しくなったよ。

    これで芥川賞かよー。
    気が滅入った。

  • こないだ芥川賞をとった作のことが、シングルマザー云々とどこかに書いてあって、どんな話なんやろうと、初出の掲載誌を図書館で借りてくる。受賞作はすでに本になっているが、複本4冊に数十人の予約がついている。芥川賞と直木賞の違いなのか、直木賞の受賞作は複本20冊に数百人の予約待ちである。

    巻頭掲載の小説(これが芥川賞受賞作)のほか、以下のようなものを読む。

    ・小野正嗣 「九年前の祈り」
    ・野崎歓×鴻巣友季子×谷崎由依「名〈迷〉訳のレッスン 群像的文体練習II」
    ・朝比奈あすか「ザビエルが欲しい」
    ・穂村弘「現代短歌ノート 54 ごきぶりの歌」

    ■小野正嗣 の「九年前の祈り」は大分が出てくるところに興味をもった。著者は大分出身なのであろうか。登場人物たちが話す言葉のイントネーションやニュアンスまではわからないものの、書かれた言葉遣いを追うかぎりでは、広島あたりの言葉と似ている気がした。

    3親等くらいなら親族の名まですらすら出てくるような"いなか"の人間関係、そこへガイコツ人の男と別れ、子どもを連れて帰ってきたさなえ。その子・希敏[けびん]は、スイッチが入ってしまうと尋常でない泣き叫び方をすることがままあるのだった。まるで、「ひきちぎられてのたうち回るミミズのように」なるのだ。

    「いろんなことに慣れるのに普通の子よりもずっと時間がかかる子」だという希敏と、実家の両親の家で暮らしながら、さなえは九年前の初めてのカナダ旅行のことを思う。町全体が国際交流推進でもりあがっていたころに、外国語指導助手として来ていたジャックさんの企画した旅行だ。

    7人の参加者のなかに「みっちゃん姉」がいた。みっちゃん姉の息子さんが病気らしいと聞いたさなえは、あの旅行のときのみっちゃん姉の祈る姿を思い出す。… というような話。登場人物が多くてちょっと混乱し、最後まで読んでから、もういちど読みなおした。

    ■私には、この小説よりも、野崎歓、鴻巣友季子、谷崎由依による「名〈迷〉訳のレッスン 群像的文体練習II」 が大変おもしろかった。3人がいろんな文体での訳を実際に試してもいて、たとえば第一のお題「ジェーン・オースティン『高慢と偏見』冒頭部分で文体練習」だと、

     ・福沢諭吉『福翁自伝』風文体
     ・謎の号泣議員文体
     ・落語文体
     ・哲学書文体
     ・谷崎潤一郎訳『源氏物語』文体、もしくは連続テレビ小説『花子とアン』美輪明宏ナレーション文体

    という5つの文体による訳文が掲載されている(これがまたフォントもそれらしく変えてあって、芸が細かい)。その次のページには、既刊の訳本でこの『高慢と偏見』がどう訳されているかが、原文併記で6つ挙げられている。

    第二のお題は、外国文学の名作タイトルを翻訳してみるもので、これも面白いものがいろいろ出てくるが、タイトルとして格好いいかということを、鴻巣が「響きは面白いけれど、フォークナーの新訳が『がやとわや』では、誰も買わないでしょうね(笑)」と語っている。原語に忠実か、意味をつかんでいるかという側面は大事ではあろうが、それを読者が手にとって買うかどうかも問題だ。

    私は翻訳小説をあまり読んでないけれど、3人の話を読んでいると、同じ作の翻訳読み比べをやってみたくなった。鼎談のさいごには"翻訳家が選ぶ「名訳」"の小見出しが立てられていて、鴻巣が大好きなのは若松賤子で、バアネットの『小公子』の訳が素晴らしいと言い、谷崎は詩人の多田智満子が訳したユルスナールの小説が好きだと言い、野崎は森鴎外を素晴らしいとしか言いようがないとたたえ、『諸国物語』は本当にお勧めしますと言う。「鴎外は本当に全身翻訳家ですよ」と鴻巣も語っている。

    この「群像的文体練習」は「II」なので、バックナンバーがみつかるなら「I」もぜひ読んでみたいところ(2012年の11月号らしい)。

    ■新聞広告でみた感じだと、朝比奈あすかの「ザビエルが欲しい」はタイトルを変えて、『あの子が欲しい』という本になって出ているようだ。ザビエルというと、てっぺんはげらしき宣教師の名を思いだしてしまうせいか、ザビエルが欲しいって、どんな話やろと思っていたら、これは就活小説でもあった。会社で採用担当を任された志帆子が主人公で、ザビエルというのはHOFHOFという猫カフェにいる猫の名だった。

    これも、就活をめぐって真偽のわからぬ情報が流れ、採用側と学生側の攻防戦のようでもあるLINEやら巨大掲示板やらが出てきたりして、『声を聴かせて』とは内容は違うものの、息をつめて読む感じがあった。読んでいてちょっと疲れた。

    ■短歌ノートは、「ごきぶり」が出てくる歌を引く。けっこうあるもので、どれもおもしろかったが、とくに印象に残ったのは、馬場あき子の2首。

     半打ちのままに逃がししごきぶりのそののちを眠れぬ夜に思ひをり
     ごきぶりの生態の本買ひて来ぬあはれごきぶりなぜに打たるる

    「ごきぶりの生態の本」まで買ってくるところに、気になったら調べずにいられない私は、ちょっと親近感をおぼえる。

    (2~3月に拾い読み)

  • 芥川賞候補作小野正嗣著「九年前の祈り」読む。
    集落に住む女性たちとのカナダ旅行。そのうちの一人との自分の重なり。きれいな小説だけど、実は毒だらけでこわかったり。

  • 小野正嗣先生の最新作「9年前の祈り」を読むために購入。舞台はおなじみの著者の故郷「浦」。9年前のモントリオールと現在の浦(場所と時間)が交叉し重厚な読後感を与えてくれる作品。
    ちなみに、本作は12月に短編集として単行本として刊行されるが、その中には「悪の花」(ボードレールの作品と同じ題名)という作品も含まれる。こちらは英語訳が先行してBad Seedsというタイトル発表されている。(http://www.granta.com/New-Writing/Bad-Seeds)。
    海外で翻訳本が出版される場合、現地の読者獲得のために、編集者が原作者に対して大幅に本文の(削除や書き換え)を注文してくる場合が多いが、今回も例外ではなく、タイトルもそういう理由からBad Seedsになっている。

  • 〈創作〉
    九年前の祈り  小野正嗣
    ザビエルが欲しい  朝比奈あすか

    〈連作評論〉〔1〕
    小説の機能(1)――「ロビンソン・クルーソー」という名前  武田将明
    〈連作評論〉〔4〕
    優雅で感傷的な見者――高橋源一郎『さようなら、ギャングたち』  清水良典

    〈特集〉
    群像的文体練習Ⅱ 名〈迷〉訳のレッスン  野崎 歓×鴻巣友季子×谷崎由依

    〈インタビュー〉
    「未闘病記」――難病と知らずに書いてきた  笙野頼子 聞き手・千石英世

    〈連作〉〔5〕
    夜明けの枕  古井由吉
    〈連載小説〉
    時穴みみか 最終回  藤野千夜
    尻尾と心臓〔3〕  伊井直行
    虚人の星〔3〕  島田雅彦
    ビビビ・ビ・バップ〔9〕  奥泉 光

    〈連載評論〉
    チェーホフとロシアの世紀末〔5〕  沼野充義
    鬼子の歌 近現代日本音楽名作手帖〔9〕  片山杜秀
    〈世界史〉の哲学〔65〕  大澤真幸

    〈連載〉
    現代短歌ノート〔54〕  穂村 弘
    映画時評〔69〕  蓮實重彦

    〈随筆〉
    棘を秘めた真紅の薔薇   笙野頼子
    老眼にトイレンズ     栩木伸明
    噂のランチメイト症候群  白石公子
    理系女子な日々の思い出  松崎有理
    どうでもいい仏教     池口龍法

    〈私のベスト3〉
    よい声に魅せられて    富士川義之
    3Dプリンタ作品の愉悦  田中浩也
    歌えばそこがぼくの場所  中川五郎

    〈書評〉
    文学、あるいは笙野頼子という病(『未闘病記――膠原病、「混合性結合組織病」の』笙野頼子)清水良典
    10作後の彼女に向けて(『殺人出産』村田沙耶香)市川真人
    猫と言語と自分をめぐる冒険(『吾輩ハ猫ニナル』横山悠太)中条省平
    理性/非理性の共犯関係を超える分業に向けて(『明治の表象空間』松浦寿輝)大澤真幸
    七年の隔たり(『透明な迷宮』平野啓一郎)山城むつみ

    〈創作合評〉
    吉増剛造+中条省平+長野まゆみ
    「惑星」上田岳弘(新潮2014年8月号)
    「献灯使」多和田葉子(群像2014年8月号)
    「愛と人生」滝口悠生(群像2014年8月号)

全7件中 1 - 7件を表示

群像 2014年 09月号 [雑誌]に関連する談話室の質問

群像 2014年 09月号 [雑誌]に関連するまとめ

ツイートする