音楽と人 2014年 09月号 [雑誌]

  • 19人登録
  • 4.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
  • 音楽と人 (2014年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910021610941

音楽と人 2014年 09月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • UNISON SQUARE GARDEN
    斎藤宏介ソロインタビューと斎藤、田淵智也、鈴木貴雄のメンバー3人へのインタビューの2本立てが掲載。

    harmonized finaleのときの斎藤さんのインタビューは立ち読みした記憶はあるのだけど内容はちょっと忘れてしまったので残念。読み直したいし、買っておけばよかったなと今すごく思う。
    ユニゾンの3人はとっても仲良しさんなのは感じからすごくよくわかるけど、でもバンドとしてお互いが絶妙な距離感でバランスを取ってるから(インタビュアーさんの話にもあったけど)斎藤さんの手術のこともあっさりと話が進んでいったのかなぁなんて想像してたけど、「2人が友人として接してくれた」というお話にちょっとグッときてしまいました。斎藤さんには不本意かもしれませんね、感動話にはしたくないのだけど、っていうのが彼ららしい(笑)
    最後の「黄昏インザスパイ」の話題、爆笑でした(笑)
    ユニゾンが活動休止している間、ちゃんとメトロックで戻ってきてくれるまでずっと不安で不安で仕方がなかったし、折れないで戻ってきてくれて本当に嬉しかったな。嬉しいよりも先にホッとしたとか安心したがあったかな。

    3人へのインタビューの方は新しいアルバムのお話。近すぎず遠すぎずの温度感でほのぼのした雰囲気がいいね、やっぱり貴雄さんがいい味だすよね(笑)
    「絆」って単語が出てきたときに「あははは」と笑いが起こる(貴雄「カンベンしてください!」)あたりとか、田淵「アマゾンレビューは見ません(笑)」とか、本当にユニゾンらしいなぁと思います。
    それから屋上で曇り空をバックにした写真がめちゃくちゃかっこよかったです。かっこいい。田淵さん前髪超長い。一番最後の、3人が笑い合ってる写真が一番素敵で一番好きでした。

    思い通りにいかないことばっかりの中で彼らも頑張っているんですよね。と、思いました。CIDER ROAD、ユニゾンと出会ってから今までずっと大好きなアルバムです。Catcher In The SpyはきっとCIDER ROADのポップさと対極になりそうなアルバムなんだろうなってわくわくしてます。

    私はユニゾンが大好きだからすごく応援してるけど、私自身はユニゾンが売れるとか売れないとかそこにはそんなに興味がなくて、ただあの時私が折れないように背中を支えてくれ、押してくれ、尻を叩いてくれた音楽を鳴らす彼らが、彼らの大好きな音楽を好きなように好きなだけ鳴らしてくれたらいいなと思うのです。その楽しさをちょこっとだけこちらにおすそわけしてくれれば。
    彼ら自身が一番楽しい音楽を、彼ら自身が一番かっこいいと思うロックバンドを、聴くことを私は楽しみにして毎日を過ごしています。

    Catcher In The Spy、とっても楽しみです!

  • 知りたかった五十嵐の空白の5年の状況と中畑がどう思っているか、それが知れて、ひとまず安心出来て、満足。

全2件中 1 - 2件を表示

音楽と人 2014年 09月号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする