THE PIER (通常盤)

  • 95人登録
  • 4.28評価
    • (11)
    • (15)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 12レビュー
アーティスト : くるり 
  • ビクターエンタテインメント (2014年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988002672882

THE PIER (通常盤)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 旅先から絵ハガキ届きました、みたいなアルバム。
    見て聞いて食べて消化したものを、自由にスケッチしているような印象。
    素材のクオリティは文句なしに一流で、もはやテクがどうのという視点で語れる音楽ではないですね。
    いびつなバンドサウンドを好む自分としては、あまり好みでない曲もありますが、この自由なスタンスは刺激的です。
    エスニック感たっぷりの「浜辺から」、「Brose&Butter」、ファンク感溢れる「Amamoyo」あたりが好み。

  • 2014年の発売から何度も聴いてるのに全然飽きないのすごい。
    でもそろそろ新しいアルバム出してほしい。

  • どこにも収束しないこと、落ち着かいこと、日本のシーンではあまりに挑戦的だが、見事に貫いてる。

  • いろんなメロディーが重ねたものすごい和音にも関わらず、とても軽く聞けるのがすごい。シティ・ポップを想起する音楽技術の高さに脱帽。

  • くるり。普通に聞けば良い作品なんだろうけど、どうしてももっとシンプルさを求めてしまう自分がいます。こういうハードルを求められるのは可哀想だなと思うし、良曲が実に多いってのはさすがと言えます。

  • 肩の力を抜いた秀作。世界に浸りきる。

  • 「変な曲」として噂されていたLiberty&Gravityは癖になる曲だけど、lovelessやThere is(always light)もとても心に温かい大好きな曲です。

  • くるりのアルバムごとのコンセプト、というか違いがおもしろい。今回のは郷愁を誘う、というか船出、旅立ち?ちょっと民族調で、それはそれでまた、よいね!

  • ああもう!いい!!何回も聴くよ!!!

  • もう見限ろうかと思う事もあるけど、アルバムを聴くと凄く良いので、もうしばらく見守るか…と言うのを数年繰り返している。今回も凄く良かった。

全12件中 1 - 10件を表示

THE PIER (通常盤)のその他の作品

THE PIER MP3 ダウンロード THE PIER

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

THE PIER (通常盤)はこんな音楽です

外部サイトの商品情報・レビュー

THE PIER (通常盤)を本棚に「いま聴いてる」で登録しているひと

THE PIER (通常盤)を本棚に「聴き終わった」で登録しているひと

ツイートする