DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? DVDスペシャル・エディション(DVD2枚組)

  • 13人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
監督 : 高橋栄樹 
出演 : AKB48 
  • 東宝 (2014年11月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104088932

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? DVDスペシャル・エディション(DVD2枚組)の感想・レビュー・書評

  • 2016年4月10日観賞。AKB48ドキュメンタリー第4弾。AKBグループの中心・大島優子の脱退と総選挙、握手会襲撃騒動の最中のAKBメンバーの葛藤を描く。いつもながらエゲつないシリーズだが、今回も苦しみ泣き崩れるメンバーの姿が接写され、彼女らへの共感・運営側への嫌悪感もそうだし、「なんのためにこの子らはこんな思いをして、何をがんばっているのか?」という黒ーい気持ちを抱かされる。「何かを達成すること」ではなく「何かをやろうとして苦しむ姿を見られること」で他者に評価される、というのは気持ち悪い、というのが自分の素直な感情だが、自分自身も社会の中ではどうなんだろう?何を切り売りして生活しているんだろう?と自問自答もさせられる。

  • 笑顔の裏には、計り知れない苦悩がある
    頑張っているみんなをずっと応援していきたい

  •  AKB48ドキュメンタリー第四弾。
     大島優子卒業や握手会襲撃事件の頃に密着。

     この四作目を見て、これつくってる人たちはドキュメンタリーとしてちゃんとしたものをつくろうって信念は別にないんだなと分かった。時期がずれていたからかもしれないが、前作からの一番の出来事であった峯岸みなみの坊主については一切ない。まぁ運営者が撮ってるので運営者に都合の悪い絵は撮られない。三作目などはちょっとだけそういうのが映ってたのだが、どうやらそれは偶然だったらしい。こういう映画はプロモーション映画であって、ドキュメンタリー映画ではない。
     そんな映画なのに、やたらめったら過呼吸になる女の子の絵が出てくるのだ。はっきり言って気持ち悪いし、AKB48の運営者は女の子を追い込むことを全く問題視していないんだなぁと呆れた。

  • 大島優子の卒業発表に始まり、大島優子の卒業コンサートで終わる、そんな大島優子回。

    そんな中、ドラフト生、大組閣を受けてのそれぞれの決断、被災地訪問、握手会での事件、総選挙と場面は時系列に移る。

    一番時間を割いてるのは暴風雨で中止になった国立競技場での大島優子卒業コンサート当日の中止に至るまで。。

    個人的には…
    国立競技場にエールランで一度入ったことがあるので一瞬懐かしかった。
    まさかのかおたんがちょっと取り上げられる。他にもSKE48は松井玲奈とか、ちょこっと。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? DVDスペシャル・エディション(DVD2枚組)を本棚に登録しているひと

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? DVDスペシャル・エディション(DVD2枚組)を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

DOCUMENTARY of AKB48 The time has come 少女たちは、今、その背中に何を想う? DVDスペシャル・エディション(DVD2枚組)はこんな映画です

ツイートする