ブルージャスミン [Blu-ray]

  • 37人登録
  • 3.82評価
    • (5)
    • (5)
    • (6)
    • (1)
    • (0)
  • 9レビュー
監督 : ウディ・アレン 
出演 : アレック・ボールドウィン  ケイト・ブランシェット: サリー・ホーキンス  ピーター・サースガード 
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年10月24日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988111146847

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ブルージャスミン [Blu-ray]の感想・レビュー・書評

  •  すごい強烈。過去と現在が交互が展開され、どうしようもない道へと向かう。生活水準が直せない主人公、これはどうみても病気だよと思いながら、避けられなかった結末だと思う。どん底までの道をリアルにどうしようもないくらいの人間味で描く。それがブラックユーモアやシニカルな笑いであるいわれているが、単純な笑いはこの映画にない。けっこう難解な集中力を必要とされる映画。

  • セレブ人生を謳歌していた女の転落劇。これがまたウディ・アレン監督らしく気持ちいいほどの転落っぷりと藻掻きっぷり。あまりの痛々しさに見てられなくなるような女をケイト・ブランシェットがクールな美貌をかなぐり捨てての熱演。アカデミー主演女優賞GETも至極納得だ。後味の苦さもアレン節だな。

  • 高過ぎる自尊心と虚栄心だけの痛い女性それがジャスミン。この映画は間違いなくシニカルなコメディ。

    ジャスミンがドワイトと婚約指輪を買いに来たところにオーギーが現れて婚約者の前で全部ぶちまけるシーンが印象的。”名前をどう変えようとそう簡単に過去の恨みを忘れない奴もいるんだぜ”

  • Woody Allen のシニカル・コメディ。皮肉とウィットに富んだ台詞で始終クスクス笑わせるような、彼お得意のトーンとは少し違うけれど、辛辣で嘲笑的な彼の視線を常に感じる。これに見よがしにセレブを気取り、虚栄に満ちたジャスミンの過去にも、初めから何も持たない俺達の方が幸せだと言わんばかりの西海岸の住人達にも。ジャスミンを演じきったCate Blanchettの存在感が非常に印象的。

  • なんという勢い、演技というものの枠を超えた気迫すら感じさせるケイトブランシェットの演じ方に終始圧倒された。

    ジャスミン役に彼女を起用できたかできないかによってこの映画の評価は変わってくるのがすぐにわかる。

    頭脳もビジュアルのそこそこでしかない妹を見下し、資産家の旦那と裕福な頃は、虚栄心とプライドに支えられながら非常にやさしい姉でいられたが、夫に捨てられ、お金も無くなりながらもまだ高いプライドおいうお荷物は背負ったままで、底辺だと見下し続けた妹の自宅に身を寄せることになる。

    「妹はどうせ私はこの程度の人生」といった感じで適当な男を見つけ自分の中でこれでいいんだこれが平凡な幸せなんだと笑顔を作る。

    プライドを捨てることと、持ち続けること、どちらも正解がないけれど、この姉妹は男に依存することで自らの幸せに思う道を進んできた。

    きっとこれからずっと先もそうだろう。
    完全悪ではない、でも決して共感もしがたい、少しプライドの高すぎるジャスミンの悲惨な人生の転落は観ていて気持ちいものではなかったし、後味もよくなかった。

    でも、見ていくうちにケイト演じるジャスミンに引き込まれて、ケイト=ジャスミンなんじゃないかと思ってみているとなんだか日曜日の午後にやっているようなドキュメンタリーを見ているような気分にさせられた。

    規模は違えどこういう女性周りも見渡せばたくさんいる。
    予備軍も・・

    ウッディーアレンが皮肉な感じで女性たちに観てほしかったに違いない。

  • ルシネマ 2014/05/23

  • 劇場で観た。

全9件中 1 - 9件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ブルージャスミン [Blu-ray]はこんな映画です

ツイートする