ハイブリッド・チャイルド [Kindle]

  • 34人登録
  • 3.67評価
    • (0)
    • (4)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 大原まり子
  • クリーク・アンド・リバー社 (2014年7月31日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (338ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川一水
野崎まど
ジェイムズ・P・...
アンディ ウィア...
ロバート A ハ...
有効な右矢印 無効な右矢印

ハイブリッド・チャイルドの感想・レビュー・書評

  • 1984年にこの本を書いたことが、驚異的。
    これだけの複雑な物語を、イマジネーションを持って紡ぎ切った作者の力量に感心した。
    サンプルB群の凄まじいまでの能力とそれに基づく変化を見ながら、どうなるのかと思ったが、最後は儚く感じた。
    少し、難解な面もあったが、まあまあ面白かった。

  • 圧倒的に綺麗な小説である。
    いや、『綺麗』とは違う『透明感』『清潔感』に圧倒される小説である。
    今年最後の最後に最後の大物に出会ってしまった。

    また、なんなんだ?と理解に苦しむ小説でもある。
    機械帝国との戦争が生み出した人類の最終兵器、一つの星を制御するAI、舞台はどこを読んでもSFである。
    機械と人類の戦争というSFではありふれた世界の話であり、血なまぐさい表現や、グロい表現もそこかしこに存在する。

    しかし、この小説は清潔感に溢れている。
    戦争の戦闘シーンはほとんど無い。
    しかし、生命の営みとともに繰り返される排泄、摂取といった表現はそこかしこに描かれている。
    さらに、この小説は透明感に溢れ、綺麗なのである。

    まるで、その根っこにどれだけの悪意を潜ませていても、汚れのない出で立ちで微笑んでいる、男女の性差が現れる前の少年少女のように......。

    こんな小説は初めてだ。作者の想像力、筆力に大人しく跪き、惑星カリタスで繰り広げられる神の手管をただ眺めているしか読者のすることは無い。

  • 残酷な物語を美しい言葉で奏でる感じ。
    ときに感情的かと思えば、ときに無機質に語られる。
    全然先が読めないストーリーで、すごくSF。
    調べると古い作品なんですね。

    読みごたえがあって面白かったです。
    若いころに読んでみたかったです。
    もっとドキドキできたかも。

  • 読了。

    【電子書籍】
    ハイブリッド・チャイルド / 大原まり子

    久しぶりのSF作品。
    Kindle日替わりセールでやすかったので何の気無しにポチりました。

    意識だけの存在となったヨナとサンプリングした生命の遺伝情報をもとに細胞をつくりあげる宇宙戦闘用生体メカニックのサンプルB群の奇妙な冒険。

    まぁ奇妙と言っていいのか悪いのか。

    表現がちょっとグロいので読むのに疲弊する部分があったりして読むのに時間がかかった。物語中すんなりスイスイいける部分もあれば、今誰を中心に物語が進んでいってるのかわからなくなったり、SF世界ならではの読解把握能力が必要でしょうか。

    血と肉を吹き出しながらカラダを再構成するのがサンプルB群III号機さんです。

    たまにはいいのではないでしょうか。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ハイブリッド・チャイルドを本棚に「読みたい」で登録しているひと

ハイブリッド・チャイルドを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ハイブリッド・チャイルドはこんな電子書籍です

ハイブリッド・チャイルドの単行本

ツイートする