広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。 [Kindle]

  • 21人登録
  • 3.75評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン (2014年7月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (149ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームズ アレ...
伊賀 泰代
ジェームス W....
岸見 一郎
有効な右矢印 無効な右矢印

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。の感想・レビュー・書評

  • 2014年7月初版
    本田哲也 田端信太郎 著
    ==

    ペイドメディア一本足的な広告コミュニケーションの限界と、その上での考え方のフレームを呈示した一冊。

    タイトルはあおりが多少入ってますが、頭の向け方にはとっても賛成。何枚か、企画書で使えそうなグラフや図も入っていたので、個人的には収穫ありでした。

    ==

    ステップ0 目的を必ず明確にする。何人に届けたいのか。
    ステップ1 「ターゲットインサイト」を洗いざらい出してみる
    ステップ2 「目的」と「インサイト」をお見合いさせる
    ステップ3  「心の沸点」を起すために何を伝えるかを決定する
    ステップ4 「心の沸点」体験となるコンテンツを用意
    ステップ5 「お金のかからない順に」伝える施策を決めていく
    ==

    最後が、なかなか出来ないけど、本質的。

  • 物の見方の新しい尺度を与えてくれる本はいつだって学びになるけど、「人数の規模別に、人が動くメカニズムを考える」というアイデアが出た時点でこの本の成功はほぼ決まっていたのではないか。この現場がうらやましいです。

  • これまでの手法の否定だけでなく、それを踏まえて今後どう考えていくべきかについても具体的に書かれていて参考になった。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。を本棚に登録しているひと

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。を本棚に「読みたい」で登録しているひと

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。を本棚に「積読」で登録しているひと

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。はこんな電子書籍です

広告やメディアで人を動かそうとするのは、もうあきらめなさい。の単行本(ソフトカバー)

ツイートする