WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディション

  • 654人登録
  • 3.82評価
    • (76)
    • (158)
    • (107)
    • (16)
    • (1)
  • 122レビュー
監督 : 矢口史靖 
出演 : 染谷将太  長澤まさみ  伊藤英明  優香  西田尚美 
  • 東宝 (2014年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104088581

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディションの感想・レビュー・書評

  • あの国際派女優との結婚が報道された昨今、それだけでは無く注目されている染谷君の主演作。そして矢口監督の作品ではいつも爽やかな青春・コメディで楽しませてもらっているので期待しての鑑賞でした。

    期待に十分応えてくれ、楽しく見せてもらいました。チャランポランな目的で林業訓練生に応募した青年が一年間の研修の中で、その職業の重要性と携わっている人々との交流を通じて生きる目的を掴み取って行くストーリーでした。

    ‘海猿’シリーズで主演した伊藤英明さんがこの作品で又、一味違った男臭さをコミカル感を交えて演技していた事に好感を抱きました。それに矢口監督の何時もながらのテンポの良い展開で楽しめました。

  • 大学受験に失敗し、彼女にも振られた主人公が、なんとなく目に付いた林業の研修制度に参加することに。

    主人公のダメっぷりが最後まで続くのがちょっと見てて辛いですが、面白かったです。

    途中、呼びかけられた伊藤君が走るトラックを追いかけてきて飛び乗るシーンがめっちゃカッコ良かった‼️

    原作とは少し違う祭りでしたが、それはそれで迫力があって良かったです。

  • おもしろかったです!

    勇気のやる気のなさが原作以上で笑えました(笑)それでもどんどん山や林業のおもしろさ、魅力に引き込まれ、腕も心も成長していく勇気がきちんと描かれていてよかったです。
    あとは何といってもヨキ!ワ、ワイルドぉ…!かっこよかったです。

    次の世代のためにきっちり仕事をする。自分たちのやった仕事は自分たちが死んでから評価される。胸が熱くなります。

    そして、もう最後の大祭は爆笑です。
    エンディングもよかった!

  • 「ウォーターボーイ」の矢口史靖監督が三浦
    しをんのベストセラー「神去なあなあ日常」を
    映画化したコメディ作品です。
    高校を卒業した都会っ子の主人公が安易な気持
    ちで飛び込んだ林業の世界で、かこくな現実に
    くじけながらも個性あふれる村人たちとの交流
    を通して成長していく姿をコミカルに綴ってい
    ます。
    主人公の勇気を染谷将太が演じ凶暴でワイルド
    な林業の天才、ヨキを伊藤英明が演じ、勇気が
    一目惚れする相手は長澤まさみさんが演じてい
    ます。
    原作も面白かったですが映画化も笑いと発見が
    詰まったエンターテインメントでした。

  • おもしろかった。なよなよしてたのにたくましくなっていく。
    最後までヒル言われてたのには爆笑。
    子どもは泣いてばっかだしね。笑
    伊藤英明はじめ、村の男たちの団結がかっこいい。
    すっかりなじんでトラックの荷台で歌っちゃうところがほほえましい。

  • はじめに出てきたヤンキーっぽいのと、元自衛官との絡みがあるとの思いきやほとんどなかったのは拍子抜けだったが、主要な登場人物が皆魅力的なのがいいね。
    林業は本当はもっと大変なのでしょうが、これぐらいの描写でいいのでしょう。
    こんな村があったら行ってみたいですね。
    長澤まさみもいいが、優香ががんばっていますね。彼女はこういうはっちゃけた役がいいかもです。

  • 都会のチャラ男君が三重県の山奥で林業の研修をするお話です。思ったより面白かったです♪ 俳優さんがハマり役で上手だったのかもしれません。途中出てくる都会の子はちょっとステレオタイプすぎるかな?と思いましたが…、意外と真実かもしれないですね。山の風景が素晴らしかったです。木の倒れるときの音も。映画では木の香りを味わえないのが残念でした。

  • 素晴らしい作品。新しい世界も知ることができたし、心地よい余韻。全く文句なしの映画でした。

  • 最高!
    伊藤英明。染谷将太。長澤まさみ。優香。ほんとにいそうなマキタスポーツ。

    ほんと満足。
    伊藤英明のワイルドな山男。いちいちおもしろい。車に飛び乗るシーン。木を切り倒すシーン。しびれる。

    原作超えだと思う。

  • CGでは表現できない「山の奥行き」が魅力の映画。

    身の程を超えた、日本のSF映画より、清々しいです。

  • 林業を主産業とする山深い地域が舞台。先祖の業に敬意を持って恩恵を実感し、先祖が大切にしてきたものを大切にし、同じように次の時代の為に受け継いでいく。
    都会の青年がそんな山深い地域の生活に自然と惹かれ 溶け込んでいく物語。

  • ふだんは見れない木こりさんたちの仕事、そして山の神様、ご神木など、日本の伝統的な仕事・文化・祭事をとても丁寧に写している。

    主人公の変化・成長も見ていて楽しいが、個人的には巨木など現地方々の協力がとても見えることに感動した映画であった。

    祭事のシーンは、本当によく許可がおりたと思う。

  • 原作よりかなりポップな仕上がりだっけど、面白かった。勇気が山と直樹に魅せられていく姿に、元気をもらった。伊藤英明にこういう役はホントぴったりくるなぁ。マイア・ヒラサワってアーティストを初めて知ったけど、この挿入歌がまたいい。どんなきっかけで何に出会うかわからないけど、飛び込んでみないとわからないことはたくさんあるんだと思う。年齢の所為にして受け身でいるのはもったいなぁ。いくつになっても出会いはあるはずだから。残された時間が少なくなっていくのに守りに入るのは何でだろう。何かをしたくなる夏っていうのはホント不思議な季節だ。

  • 主人公のウザさをよく演技でだしている。都会育ちの1人じゃ何にもできないやつ。見ていてうざくなって来るからすごい。
    親方が途中で言ったセリフ、農業は美味しいもん作って食べてもらえば分かるけど林業はそうはいかん。植えていくら間引いても、結果が出るのは俺らが死んだ後。確かに…辛い仕事だなぁ

  • 山や木の匂い。
    山の水が美味しい事。
    思い出す。
    山や水の神様。

  • 気軽に見れるコメディ
    ところどころ下品
    林業ってテーマ新しいね

  • 爽快お仕事映画。
    森林の美しさと、染谷くんの表情に惹きつけられてしまう。

  • 導入部分でつまらなくて見るのやめようかと思うくらい流し見していたが、林業に馴染んできたあたりからは見いってしまった。
    ヒロイン役が長澤まさみということにエンディングロールで気づいた。
    名前で気づいたのを気づいたといって良いのかどうか知らないが。

  • 予想通りの内容で面白かった

  • 楽しいマッチョ映画。
    森の研修生という題材がよかった。
    できれば長澤でない方が。
    お祭りは、おまけ。
    花粉症でリタイアというオチを期待していたんだが。

  • 林業カッコイイ‼(^o^)原作のあんなエピソードや、こんなエピソードが無くなっていたり、変わっていたりして、少し残念(T-T)でもこれはこれで楽しくて良かった♪勇気が村を離れる時は与喜と一緒に泣いたよ(ToT)

  • 登録番号:11561 分類番号:D778ウ

  • 面白かった。染谷くんの勇気がめっちゃ良かった。原作とはちょっと設定に違いもあったけど、内容自体は原作に沿っていたし、不思議な体験だったり、山の仕事の過酷さだったり、自然の美しさと不便さの対比とか、矢口監督らしい作品でした。また、観たくなるような作品でした。なぜか、長澤まさみがあまりかわいく無かったなぁ。表情が良くなかったし、バイクに乗り慣れてない感じがなんとも。それだけが残念。

全122件中 1 - 25件を表示

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディションに関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディションを本棚に登録しているひと

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディションを本棚に「いま見ている」で登録しているひと

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディションを本棚に「観終わった」で登録しているひと

WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~ DVDスタンダード・エディションはこんな映画です

ツイートする