死霊館 [DVD]

  • 88人登録
  • 3.19評価
    • (1)
    • (13)
    • (17)
    • (4)
    • (2)
  • 21レビュー
監督 : ジェームズ・ワン 
出演 : ベラ・ファーミガ  パトリック・ウィルソン  ロン・リビングストン  リリ・テイラー 
制作 : トニー・デローサ=グランド  ピーター・サフラン  ロブ・コーワン  チャド・ヘイズ  ケイリー・W・ヘイズ 
  • ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2014年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967104868

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

死霊館 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ソウシリーズの監督さんだそうです。
    だからと言ってパニック!グロテスク!という映画ではなくて、ある意味日本的なゾッとする怖さとか、相手の正体や狙いを解明するサスペンス的な要素もあって面白かった。
    洋画ホラーで悪魔って流れに持っていかれると、またかという風に思えてしまうんだけれど、これは実話なので仕方ないか。
    それにしても洗礼を受けていないと、バチカンからのエクソシズム許可が下りにくいとか…どうしようもないからすがってるであろう人達を容赦なく切り捨てるのですね…という気持ちに…。慈愛の心は?

  • 怖くはない。アナベルもまだそこまで主張はしない。キリスト教圏の方が見るとめっちゃ怖いのかもしれない。

    個人的に驚いたのは、話を持ってこられてペロン家に訪れ、後日録音などを検証しているその日にもう結構資料が揃って真相に近づいているところである。さすが心霊研究家である。ネットのない時代にすげえ。

    あとこういった話を見るにつけいつも思うのが、愛犬が死んだり、壁にかけられた絵が落ちて割れたり、夜中に足をひっぱったりドアやクローゼットの扉開閉音で起こしたりするじゃないですか。

    そのペナルティを霊は考えたことあるのか?精神的ストレスはさることながら修理代やら睡眠不足によるコストなどのペナルティを払うのは住人なんですよ!やるならさっさと済ませて欲しい。長期に渡ればそれだけ金銭面に影響が出る。まあそういう兵糧攻めが目的だったらしょうがないけどライバル社じゃあるまいし霊なんだから、目的である皆殺しでも呪いでもちゃっちゃとやって欲しいんですよ。

    怖さよりも「ああ!窓や額が割れて!結構高いのに!」「ああ!飛んで行ったシーツ!買い替えか?」「ああ!謎のゲロを吐いて絨毯の掃除めんどくさいのに!」そういうのが気になる小市民です。

  • 洋物ホラーはどちらかというとあまり怖くないのだけど、これは結構怖かった。「アナベル」「エンフィールド事件」まで観たが、これが一番怖かったかな。洋物は、こういうのどうしても悪魔か魔女関係になるのね。そこが日本と違う所だと思った。

  • かなり面白い。いや〜な演出がたくさん。なんでこんなにハマるのかと思ったら、インシディアスの監督様。さすが。
    個人的に好きなのは、地下室で奥さんの後ろから拍手してくる男(?)の子!
    こんな講義、わたしも受けたいな〜笑

  • え、これ本当に実話…???
    霊が尋常じゃなく暴れてて、椅子がぶっとんできたり、思わず笑いがこみ上げてくるレベル

  • ひとりで観る勇気がなかったので、娘(高2)を引きずりこんで一緒に観る。
    何度か悲鳴をあげるくらい怖い。
    でも娘たちが(5人)みな可愛い。
    こどもたちがかくれんぼして遊ぶシーンがもう怖い。
    5女が庭から拾ってきた手巻きのオルゴールのおもちゃも絶対なにかあるし。
    とにかく前半が怖い。一体どれだけ霊がいるんだろう。
    悪魔払いの夫婦が泊まりこんでくれてからはちょっと安心したよ。
    原題のConjuringは悪霊を呪文、呼び出すの意。

    The Conjuring 2013年 112分 米 BS朝日
    監督 : ジェームズ・ワン
    出演 : ベラ・ファーミガ パトリック・ウィルソン ロン・リビングストン リリ・テイラー


    “心霊現象の大半は科学的に解明できる”
    と証言する著名な学者が、キャリア史上唯一
    100%本物と認めた事件。

  • 続編が公開中ということで遅まきながら鑑賞しました。

    いやー、怖かったッス!

    ショックシーンは実はそんなに多くないし冷静に画面を見るとそんなに怖い絵はないんだけど、タメ演出が非常にいやらしい!

    悪霊側の一人称視点かのようなカメラワークは強制的に観客を共犯者にさせてしまう不安感を煽るし、普通のシーンで焦らして焦らして焦らして・・・来ないっていうのも遊ばれてる感じが怖いですね。

    洗濯物を使ったショックシーンのアイデアも面白いですし、冒頭のアナベル人形のくだりも怖かった!ていうか初っ端からあんな怖いの勘弁してくれーw

    エドとロレインの二人のキャラもいいですね。マジで心霊現象を信じているから霊障でも何でもないことはあっさり真相を暴いちゃうんですよね。
    その二人が「ヤバい」と焦りだすから信憑性が増すというか、事態の深刻さが明るみになってく感じも巧いなーと思いました。
    二人と依頼者家族の親交もほっこりしました。あの家族、酷い目に遭いっぱなしだったから束の間の安息はホッとしますね。

    家族の楽しい思い出が最終的に解決の決定打となるっていうのも道徳的でいいじゃないですか。夫が妻に「悪魔よりお前の方が強い!」って励ますのも泣ける。呪いのパワーより家族の思いが上回ったところにカタルシスがありましたね。

    テンポも良くて飽きさせない、面白くて生きている人間の強さを感じることが出来る作品でした。

  • 「ソウ」の監督が実際に起きた出来事を基に描いたオカルトホラー
    これを観たら、家を買う部屋を借りる時に、前の住人が気になるだろう
    地上波初

  • 途中で寝ました。最初はまあ面白いかと思ったけど…そして俺は気づいた、こういう感じのはどうでもいいんだと……
    とても記憶に残らない映画、ただエンドロールの演出はよかった

  • めちゃ怖かった!
    後半緊張状態がずっと続いて、いい意味ですごく疲れました。
    各人物の行動ごとにシーンが切り替わるんだけど、もうあっちでも怖い!こっちでもこわい!ってなった(笑)
    久しぶりに尾を引く洋画ホラーだった。

    あと霊能力がある奥さん役の人、凛としていて綺麗な人だった。

全21件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

死霊館 [DVD]を本棚に登録しているひと

死霊館 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

死霊館 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

死霊館 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

死霊館 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする