ラストミッション [DVD]

  • 102人登録
  • 3.22評価
    • (4)
    • (17)
    • (30)
    • (6)
    • (3)
  • 21レビュー
監督 : マックG 
出演 : ケヴィン・コスナー  アンバー・ハード  ヘイリー・スタインフェルド 
  • TCエンタテインメント (2014年11月19日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4571390739734

ラストミッション [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 洋画鑑賞の時は字幕と決めている私がこの作品は吹き替えでの鑑賞にしました。

    ケヴィン・コスナー演じるCIAエージェントが末期の脳腫瘍で短い余命である事を告げられ、残された日々を別れた妻と娘と送ろうとパリを訪れる。
    しかし、彼に最後の仕事として凶悪なテロリストの殺害の指示が出るのだが・・・。

    パッケージの写真にもなっているケヴィンの姿は年齢を重ねている今も精悍さを保っている。シュワちゃんやスタローンの表情とはかなり違う。エージェントとしての動きも立派なものである。
    末期がんと云う設定により動きが鈍いのも丁度良い?(笑)のかもしれませんが・・・・。

    そんな事で十分に楽しめるのですが父・娘愛、アクション、さらにコメディまでも盛り込んだ不思議な作品に感じました。吹き替えのコスナーの声が合わないのがいけなかったのかナ??

  •  CIAのベテランが病気で余命宣告を受ける。男は別れた妻と子どもとの時間を過ごしながら、延命薬をかけて最後のミッションに挑む。

     これ、アクションというよりコメディが近いんじゃないかなぁ。ケビン・コスナーがこんな役をという面白さはある。
     ただ、そこ以外のウリに乏しいかな。主人公が都合よくターゲットの前だけ発作で倒れるのは萎えた。

  • CIAエージェントのイーサンは突然、余命数ヶ
    月と宣告されてしまう。そこで、残された時間
    を別れた家族とすごしたいと願いパリへと向い
    ます。ところが思春期の娘ゾーイとの溝は深ま
    るばかり。そんな時女エージェントのヴィヴィ
    が延命する試験薬をエサに仕事を持ちかける。
    こうして危険かつ困難な暗殺計画に挑む凄腕エ
    ージェントと良きパパとなり娘の信頼を勝ち取
    るために奮闘する平凡な家庭人という2つのミ
    ッションに挑むイーサン。主人公のケビン・コ
    スナーのアクションの演技は見事でした。
    久しぶりのケビン・コスナーの活躍を楽しむ事
    が出来た映画です。

  • バリバリのアクション映画と思って観たのでコメディ色が強かったことに肩透かしを食らいましたが普通に面白く観れました。
    ケビン・コスナーさんやっぱりかっこいいですね~♪
    ジーンズ姿の時も充分かっこよかったんですが、スーツに着替えると男前度が増してちょっとキュンときました(笑)

  • リュック・ベッソンが原案・脚本を手がけ、マックG監督、ケヴィン・コスナー主演で贈るサスペンス・アクション。ケヴィン・コスナー扮する不治の病に冒されたベテランCIAエージェントが、妻子との絆を取り戻すために、危険かつ厄介なミッションに挑む姿を、ユーモアを織り交ぜスリリングに描く。

  • なぜか住み着いてる家族たち、いるかなぁ。
    娘、母役のキャラがぼんやりしてる気がして序盤は眠気が襲う。

    やっと盛り上がると思いきや
    敵の悪さがぴんとこない。指示出す女の存在感のみ際立つ。

    ケビンコスナー、夜景が似合って見とれるかっこよさ。
    終盤のカーチェイスのリアルさ。
    これらはいいなぁ。

    バスルームに捕まえた敵2人が、なんだか楽しそうなのが面白い。

  • ハードな感じかと思いきやコメディ色も強くてアクションも迫力あって楽しかった。

    思ったよりも病気に関してはありえない感じで進んでいったので病気に対しての緊張感はあまりなかったかな。

    協力者としてあのキャラでならなかった必要性は不明だけどアンバーハードが可愛くて最高だった。

    娘もずっとつんけんしていて父親が憎くて手が付けられない…みたいな感じゃなく寂しさからくるつんけんで可愛かった。
    あの着信音もくるぞ…って時に来てくれるから面白くていい。

  • CIAのベテラン特殊工作員という顔。
    別れた妻と暮らす娘に手を焼く父親としての顔。

    そして余命を宣告された男の顔。

    そんな主人公を老練な俳優となったケビンコスナーが演じます。

    敵と対した時の鋭い表情と
    娘の言動に戸惑う表情のギャップがとってもいい。

    さらに敵の情報を得るために拷問するシーンでも
    時々ポップな着メロで娘から電話がかかってきて
    父親の顔になるところが面白過ぎです。

    この映画もそこまでの期待がなかったですが
    観るとけっこうハマる映画。

    ダイハードに似てるとも思いましたが
    年をとったケビンコスナーもいいですね。

  • 職業、スパイ。
    弱点、16歳の娘。



    3 DAYS TO KILL

  • 一線を退いたパパがもう一回がんばっちゃう系の映画。
    娘がさらわれたとかそういったものではなく、任務を遂行しながらも父親として娘の相談に乗ったり、娘のためになにかを施したりといった内容で(オンとオフが同時に進行していく感じ)とてもおもしろかった。

  • なんか観たような設定と思っていたら、フランスのノーリミットか。そして、ラストのエンドロールを見ていたら、リュックベッソンの名前が。なるほど、そういう事ですか。
    個人的には、ノーリミットよりもこちらの方が好きですね。
    ケヴィンコスナーがセクシー。

  • 良かった。
    スパイ映画と親子のヒューマン映画の合体。
    アクションシーン良かった。

  • ケビンコスナーは老けてもカッコいい!!

  • ケビンコスナー色気むんむん
    夫婦愛あこがれ
    良い父親は殺さない
    娘とのダンスシーン
    ビィビィのスーザンへの愛がソソル

  • ケビン・コスナー、さすがに老けてますねぇ。しかし格好いいですね。
    コメディ成分多めで、ハイヤーの人との関係なんかは面白かったです。あと娘との関係もグッと来ました。

  • 期待通りの映画でした♪
    ケビン・コスナーかっこいい!!

  • ジャケットや裏書の印象とは違って、実は家族の再生…って感じのストーリーでサスペンスモノとうまくマッシュアップしている秀作ってとこでしょうか。
    抜け目ない表情や動きはやはりカッコいいね。その辺は流石なんだけど、ケヴィンコスナーは年取って昔ほど色気がないのが残念…まぁまぁ面白いんで観ても損はないです。

  • 制作年:2014年
    監 督:マックG
    主 演:ケヴィン・コスナー、アンバー・ハード、ヘイリー・スタインフェルド、コニー・ニールセン
    時 間:115分
    音 声:英:ドルビーデジタル5.1ch/ドルビーデジタルステレオ、日:ドルビーデジタルステレオ


    任務中に倒れ、病院へ運ばれたベテランCIAエージェントのイーサン・レナーは、医師から余命3ヶ月と告げられる。
    残された時間を家族と過ごそうと、彼はパリへ向かうが空白の時間はなかなか埋める事が出来ず、思春期の娘ゾーイとの溝は深まるばかり。
    そんな中、女エージェントのヴィヴィが現れ、病に効く試験薬を提供する代わりにある仕事を持ちかけてくる。それは、凶悪で冷徹なテロリスト抹殺という危険な仕事であった。
    イーサンは、これが現役最後の仕事として引き受けるのだが…。

  • 2014/12/3 まぁまぁ、面白いアクションではあったものの…チョット 理解不明みたいな部分もあり、とりあえずはハッピーエンド あの試薬品と
    殺し屋の女性がケビン.コスナーに依頼し続ける意味が分からないけど…チョット コメディチックにしてるのかな?構想に少し 無理ある部分あるけど、まぁ 娯楽として楽しめたかな、、

  •  最後、娘が人質に取られたりしないところがいいですね。

  • 90分にまとめるべき作品だったと思う。
    悪い作品ではないだけに、そのほうが生きたと思う。
    それにしても、EUROPE CORP作品なのに監督がそこそこ大きな作品も撮っているアメリカ人監督だったのに驚き。
    新人フランス人監督の登竜門って言うわけではなくなったんだね。

全21件中 1 - 21件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ラストミッション [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ラストミッション [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ラストミッション [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする