ローマへの道 (小学館文庫) [Kindle]

  • 10人登録
  • 4.00評価
    • (1)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 萩尾望都
  • 小学館 (2000年8月10日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

ローマへの道 (小学館文庫)の感想・レビュー・書評

  • スターバレエダンサーを目指してドミドリールのオーディションに受かったマリオ。
    スターの座を争いながら、恋愛もする。
    夢に向かっていたはずなのに、自分のルーツがローマにあり、本当の両親の過去が彼の心に影をさしていく。
    自分本位だったマリオの成長を描いた表題作と、

    バレエダンサーのアシュアは、同じバレエ団のヤンにパートナーを取られる。
    意識するうちに役も取られていき、ライバル意識を持つが…。
    不思議な関係を描いた「青い鳥」、

    バレエ団にゲストで来たロブが気になる新入りのピナ。
    スターダンサーのイブの死によって、二人の距離が近付くが…。
    バレエを舞台にしたサスペンス「ロットバルト」の3作。

    さそうあきら氏によるエッセイ付き。

    TVブロスで紹介してたので購入。
    大御所らしいバレエ漫画。
    有吉京子っぽい人間らしい主人公(ちょっとサバサバしてる)だったり、青年の苛立ちや、ちょっと同性愛的な香りがあったり、恋とサスペンス…と、バラエティに富んだお得な1冊。

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ローマへの道 (小学館文庫)を本棚に登録しているひと

ローマへの道 (小学館文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ローマへの道 (小学館文庫)はこんな電子書籍です

ローマへの道 (小学館文庫)の文庫

ローマへの道 (小学館文庫)のコミック

ツイートする