スコーレNo.4 (光文社文庫) [Kindle]

  • 15人登録
  • 4.50評価
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 宮下奈都
  • 光文社 (2009年11月20日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (171ページ)

スコーレNo.4 (光文社文庫)の感想・レビュー・書評

  • 「スコーレNo.4」宮下奈都
    スコーレとはスクールの語源となったギリシャ語で、余暇、遊びから転じて真理探求のための空間的場所のこと。主人公麻子の中学(家族)、高校(恋愛)、仕事、恋愛の4つのスコーレが描かれ、目立たない、自分に自信がない女性がゆっくり成長していく様が鮮やかに描かれていく。
    他作品同様に大きな事は起こらないし、主人公も真面目でちょっと面倒くさい。その成長の過程もとても緩やかだし、詩的で情緒的な表現が上滑りし、自分には合わないと思ってしまう読者もいるかもしれない。それでもこの美しい文章、的確で丁寧な描写は、宮下作品の大きな魅力のひとつだと思う。
    麻子には、一つ違いの美しい妹・七葉が居る。美人で愛嬌があり、積極性もある妹に比べ、自分は平凡でなんの取り柄もないと麻子は思っている。とっても仲の良い分かり合えていた姉妹が、思春期を迎え少しずつすれ違っていく。それでも麻子にとって七葉は誰よりも頼りになる認められたい相手だった。そんな二人の静かで暖かいラストもいいなぁ。
    スコーレNo.3,4からは、原田マハさん的に偶然が良い方に転がる展開が続く。もどかしい前半部から一気に世界が開けてきて、スコーレNo. 1,2の苦い経験もここでは生きくる。13歳の内気だった女の子が大人になり、これまでの経験を糧に一気に成長する。読後感も爽快でオススメの一冊です(^o^)

全1件中 1 - 1件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

スコーレNo.4 (光文社文庫)はこんな電子書籍です

スコーレNo.4 (光文社文庫)の単行本

スコーレNo.4 (光文社文庫)の文庫

ツイートする