なぜ、戦略を実行するのはむずかしい? 組織のなやみ研究所 [Kindle]

  • 41人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : 株式会社富士ゼロックス総合教育研究所 
  • ユナイテッド・ブックス (2014年8月14日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (107ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤秀峰
エリック・リース
伊賀 泰代
鈴木大介
有効な右矢印 無効な右矢印

なぜ、戦略を実行するのはむずかしい? 組織のなやみ研究所の感想・レビュー・書評

  • 完読

    非常によくまとまった内容。
    小難しい話はなく、戦略が実行されない原因と対策をわかりやすく一般化して書かれている。

    各社・各人の状況は違っても応用できる。

    マネージャーは必読。

    メンタルモデルによる誤解、スキーマによる拒絶反応。

  • 安かったので購入。99円くらいだったと思うが。

    内容はそれほど悪くない。非常に当たり前の内容を当たり前に書いている、と言える。それだけに、物足りない部分もありつつ、でも最初にタッチする本としては有用ではある。

    戦略の妥当性を考え始めるとキリがないので、本書は『戦略はあるものとして、それを実行することだけにフォーカス』している。その点は素晴らしい。結局本書は、担当者やマネジャーに向けた本なので。

    ただし、結局のところ、上層部がしっかりしないと戦略の徹底は履行されないし、マネジャーが戦略を理解してそれに対する戦術を考えないと具体化されないし、それを現場に実行させられないと意味が無い。それをどうするか、そこが本書では弱いかな、と思う。誰しもがぶつかるのは、そこだと思うので。

    また、本書に書かれているのは理想論の1つだと思う。理想論だけでは実現されないので、泥臭い方法、無理矢理にでも何とかさせる方法が必要で、そこについての言及が少なかったのも少々残念。

    一方で、人間心理を含めて検討している点は有益だと思う。これを知ったところで活用できるかどうかは微妙だが、知っておくことは無駄にはならないだろう。

    「どうやって戦術を履行させるか?」「戦略と戦術を理解させるためにどうすべきか?」といったことに悩んでいる人は、少しはヒントが得られるかもしれない。

  • 文量としてはさほど多くなく1時間もかからずに読み終わるレベル。

    しかし内容としては戦略から実行までの基本的なところをつけていると感じた。「マネージャーと現場の意識の違い」などわかってるつもりでわかっていないことが多いのもわかった。

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

なぜ、戦略を実行するのはむずかしい? 組織のなやみ研究所を本棚に「読みたい」で登録しているひと

なぜ、戦略を実行するのはむずかしい? 組織のなやみ研究所を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

なぜ、戦略を実行するのはむずかしい? 組織のなやみ研究所を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

なぜ、戦略を実行するのはむずかしい? 組織のなやみ研究所はこんな電子書籍です

ツイートする