西巷説百物語 (角川文庫) [Kindle]

  • 19人登録
  • 4.50評価
    • (3)
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 京極夏彦
  • KADOKAWA / 角川書店 (2014年8月25日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (402ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
飛 浩隆
ジョージ・オーウ...
有効な右矢印 無効な右矢印

西巷説百物語 (角川文庫)の感想・レビュー・書評

  • とうとうまたいっつあんともお別れ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)
    他の百物語と違って林蔵がメインに。ラストでは百介も仕掛けに加わるおまけ付。
    「西」は改心していれば救いがある仕掛け。
    「豆狸」では久々に泣いた(。ŏ﹏ŏ)

  • 2014/10/1 AmazonにてDL購入。(角川フェアのため¥884を¥400で)

  • この本に収録されている上方の小悪党の話は、今まで(特に『(『巷説百物語』『続巷説百物語』)に比べると犯人の、小悪党の物語にからめられて旧悪や狂気を暴かれる側の立場で描かれている。これは、以前の作品の百介のような狂言回し、観察者が存在しないからこそ描ける面にシフトしたのだと思う。この変化で恐ろしいのは、読んでる側が少しでも犯人側の叙述者にチャンネルが合ってしまうと、ものすごい力で物語に引き込まれてしまうのだ。
    この作品を読むのは二回目だが、恐らく一回目は野狐で、今回は夜楽屋で引っ張られた。甘美だが恐ろしい経験だった...

全3件中 1 - 3件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

西巷説百物語 (角川文庫)はこんな電子書籍です

西巷説百物語 (角川文庫)の単行本

西巷説百物語 (角川文庫)の文庫

西巷説百物語 (角川文庫)の新書

ツイートする