ポリス・ストーリー/レジェンド [DVD]

  • 79人登録
  • 2.87評価
    • (3)
    • (9)
    • (19)
    • (11)
    • (5)
  • 23レビュー
監督 : ディン・シェン 
出演 : ジャッキー・チェン  リウ・イエ  ジン・ティエン 
制作 : ヘ・ジュン 
  • Happinet(SB)(D) (2014年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953062986

ポリス・ストーリー/レジェンド [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 久しぶりのジャッキー作品です。

    なんだろう?

    どっちかと言うと、アクション映画というよりは、よくできたサスペンス(ミステリー?)といった感じでした。

    それでいて、作品自体の雰囲気も、コミカルではなく、シリアスです。

    なので、この作品、一応「ポリス・ストーリー」シリーズなんですが、コミカルでアクション満載の以前の「ポリス・ストーリー」では全然ないです。

    というか、「ポリス・ストーリー」シリーズの前作、「香港国際警察/NEW POLICE STORY」もシリアスな感じでしたが・・・(でも、「香港国際警察/NEW POLICE STORY」のほうが、アクションは多いです)。

  • 企画の失敗で、題名もおかしい。
    ジャッキー、お金に困ってるのか?

  • BSプレミアム録画>前評判で何となく内容は把握してたけど(ジャッキーが歳な為、アクション控え目なシリアス路線もんだって事)、やっぱり自分の期待してた物ではなかったので残念(-_-;)…がっかり。。
    往年のジャッキー映画を期待してると、とんだ肩透かしに><!!!
    この邦題付けるのはいかがなもんか汗……邦題詐欺だと思うよ!てっきりシリーズの続編かと思いきや…。今までの「ポリス・ストーリー」シリーズと全然関係ないんだもん!!びっくりしたよ(*_*)!!マギー・チャンも出てないし、コンビで仲の良いおとぼけ警部も出てこない。。
    ジャッキーが歳のせいで身体張れないのは致し方ない(アクション少な目)にしてもやっぱりジャッキー映画には所々、小学生のガキ的な笑いがあって欲しい(=コミカル路線多目の方が楽しい)のはファンである私の願い(;^ω^)。。
    話の内容もシリアス過ぎて何だか笑えない。。犯人の動機もいまいち。。単なる逆恨みにしか見えないや。

  • 「香港ポリスストーリー」は香港映画やけど、「レジェンド」は中国映画。時の流れやなぁ。

  •  老刑事が娘に呼ばれてやってきたナイトクラブでそこにいた客と一緒に監禁される。店の経営者である犯人の要求は5年前のある事件の犯人を連れてくることだった。

     アクション卒業を宣言したジャッキー・チェン主演映画。なるほど、こういう映画だったのか。確かにこの映画はアクションシーンはあるがアクション映画ではない。
     刑事という職業の報われなさと犯罪の虚しさをしっかりと描いている。そして、誰も悪人がいない。だから誰の命も助けるというジャッキー刑事の想いが今回は報われてくれーっと強く映画の中に引き込まれていく。
     アクションスターでないジャッキーの存在感。60歳でまだまだこんな映画ができるのだから、やっぱりジャッキー・チェンはすごい。

     こんなシリアスな映画でもエンドロールでしっかりNGシーン流すのも脱帽。

  • ①話が明快でサクサク進む
    ②臭い恋愛要素がない
    これだけでとても爽快に楽しめた、こういやうシンプルなアクション映画はもっと増えるべき!
    そしてジャッキー・チェンカッコいい!

  • ジャッキーがずっとBAR、薬局だけで動くとはとっても狭い。
    どう広がるか冒頭期待しただけにがっくり。

    せっかくの生身のアクションでの音楽が全く合わない。
    スローの多用がひどい。
    監禁されてる人質の明るさも不快で緊張感無し。

    真相の薬局も深みないなぁ。
    妹の死んだ真相しりたい敵も、ふっきれてない感じがずっと続いて曖昧。
    NGエンドロールはうれしい。

  • 中国語ってほんと綺麗

    中国版ダイハード?
    過去を体験してるところ、ストーリー的にすぐ分かるんだけど切り替えが欲しかった
    悪役の人格好良かったけど、ヤケッパチすぎて残念。なかなか悲しい件が多いけど、最後の撮影風景に救われるのは年のせいかな

  • 仕事帰りでお疲れのジョン・ウェン(ジャッキーチェン)は娘のミャオ(ジン・ティエン)に呼ばれて、若者の人気スポット、ウーバーで待ち合わせ
    行ってみるとなんだか怪しげな客ばかり
    ミャオに呼びだされた理由を聞いてジョンは「納得いかない!」
    憤慨してるとお店の様子がおかしな感じ
    すると、ウーバーの客を人質にして店長のウー(リウ・イエ)が刑務所にいるウェイ・シャオフー(シュウ・シャオオー)に会わせろという
    そうでないと、ウーバーは爆破し、人質の命はない。と
    事件の渦中に立たされたジョンは娘のために頑張る!
    ジャッキーは人質を解放できるのか!?
    ジャッキーのNGシーンはみれるのか!?
    おおおっと、構成というか演出がなんかっぽい
    「シャーロック・ホームズ」での演出で実は今のシーンは想像でした!びっくりしたでしょ?
    とか、今の一連のシーンは会話の内容でした!
    とかジャッキー映画っぽくない
    ドラマもアクションシーンは入れてるけれど本筋は群像ミステリー
    設定としては「ポリス・ストーリー」のジョン・ウェンなのでいつの間に結婚して、子供が生まれたのか
    ママは「ポリス・ストーリー」シリーズに縁のある人ではない様子
    舞台も香港ではないので「ポリス・ストーリー」と同名異人なのかも
    今までのジャッキー映画を想像して見続けようとすると上手くいかないと思う
    香港映画で刑事モノを選んだと思ってみたほうがすんなりいけるんじゃないかな
    物語の主人公はウーの妹で妹が死んだ理由を探すウーなので巻き込まれたジョン
    いつものジョンだったら、、、と思ったらいつもの様に体使って展開を変えようとするけどやっぱり
    みたいな二転三転を意識したスジなので面白いよ、思ったよりも

    警察故事2013 Police Story 2013 (10/04/'15)

  • 60歳のジャッキーチェーン、心配したけどアクションも人となりも健在、ストーリーの構成も単純に楽しめる内容になっている。気楽に鑑賞、楽しめる作品。

  • 少し衰えた感はあるけどバーリトゥードを取り入れた殺陣はさすが。登場人物全てが絡んで真相に辿り着くがコレはいまいちのれない。
    全てセリフで解かれるためかも。

  • ベテラン刑事に扮するジャッキーが人質に取られた娘を助けるために立て篭り集団と戦う。過去作と関係ないものの、設定上今までの活躍を想起せざるをえないつくり。勝つアクションだけじゃなくやられアクションも上手かったよなーそういえばと再確認。時限爆弾が話を引っ張り始めた辺りでかなり不安にはなったが、謎解きシークエンスはまあまあ。結局敵の目的の落とし所が迷子になったのが残念、どこにハイライトを見出すかで変わる。ダイハード3思い出したから星4つなのかな。ジャケの写真は毛がないように見えるがちゃんと生えてる。

  • アクション映画引退しまーす、といった舌の根も乾かぬうちに公開された、ということで
    雨トークのジャッキー回でもネタにされていたようでしたが、
    んー、確かにバトルシーンはあったけども、本質的にはアクションじゃないですな。

    登場人物たちが断片的に過去の出来事を語っていくうちに真相にたどり着く、といった
    サスペンス仕立てのドラマになっていました。

    ジャッキーはその中心であるベテラン警官。
    ストーリーの最後にたどり着いたときには、結構いい話感にあふれ、
    思ったより拒否感はない感じ。

    今後、ジャッキーが主演する映画の形として、
    こういう方向性を目指す、というのも悪くはないなと。

    ただ、この映画がポリスストーリー(警察故事)を題するのはちょっと違うかな。
    いや、映画の良し悪しではなくて、同シリーズとされるのは如何かな、と思うのですよ。

  • お父さんが借りてきたから家族で観た

    ちろりとビデオ屋さんであらすじ読んだだけで
    ラッシュアワーとかと違ってジャッキーチェン出ててもそんな面白くなさそうとか思ってたけど、正解でした
    しかも全編中国語(?)で...前半とかまじ寝落ちしちゃうかと思った

    話も正直そこまで面白くなくて
    アクションではなくシリアスもの?
    最後の最後、電車が突っ込んできたところで突然コミカルな展開だったけどね
    何あのアホなぶつかり方 ないわー
    電車のレールの向き変えた人も一か八かすぎるし

    最後のNGシーンは面白かった

  • 続編では無い別のストーリーらしいが過去シーンが唐突だった。事件の種明かしも拍子抜けだしアクションは凝っててセットも洒落ているから惜しい。

  • ( ^_^) Ding Sheng監督。シリーズ何作目だろう、前作までとはストーリーの関連は無いようだ。ジャッキーのポリスもの。前半今ひとつテンポが悪いが、後半は謎解き要素が入り面白くなってくる。ハデでコミカルなカンフーはもうないが、アクションはそれなりに魅せる。北京が舞台だが、ほとんどバーの中なので北京らしさはひとつも無い。脚本も今ひとつかな。共演者もほとんど知らないメンバーばかりだが、まぁまぁの演技(ヒロイン可愛い)。でもまぁジャッキーで無ければ観れない作品。

  • 2014/11/24 最初は何だか よく分からない展開だったけど…ジャッキーは最近 シリアス系な映画ですね。でも、アクションもジャッキーらしくていいし、歳を重ねた ジャッキーもなかなか良かった。途中は人質がふざけた奴らって感じで、同情心も湧かない人質で、何で 必死で助け…何の目的か?分からなかったが…だんだん、目的や視点が見えてきて面白かった。ラストは魅せてくれましたね。ジャッキー 今後も頑張って!

  • ジャッキー新作。なんかコナンみたいなストーリー。香港警察のポリスストーリー・シリーズとは全く関係ない。

  • もうアクションやめるってゆうたやんか!
    と、これだけは突っ込まずにいられません。
    まぁ、今までの明るく楽しいジャッキーアクション、体を張ったスタントはやめたっていうことなんでしょうね。
    シリアスな総格風のアクションでした。ジャッキーも還暦ですし、仕方ないところです。
    閉鎖空間の中でシリアスに進んでいきます。これからこういう路線で行くのかな?
    正直、突っ込みたいところもありましたが、二転三転する展開は面白かったです。
    エンドロールはいつものNG集。映画のテイストとはあっていませんw
    すごく残念なことは、警察故事というタイトルなのに英雄故事が流れなかったこと!
    まぁ、これもテイストとはあわないのですが…

  • 制作年:2013年
    監 督:ディン・シェン
    主 演:ジャッキー・チェン、リウ・イエ、ジン・ティエン、グーリー・ナーザー、リュウ・ハイロン、ジョウ・シャオオウ
    時 間:110分
    音 声:北京:ドルビーデジタル5.1ch、日:ドルビーデジタル5.1c


    ベテラン刑事ジョンは、一人娘のミャオに会うため、約束の場所として指定された繁華街にある怪しげな雰囲気のナイトクラブにやってくる。
    父娘は半年ぶりに対面するが、突然ジョンは何者かに殴り倒され、そのまま拘束されてしまう。
    気が付くとクラブの出入口は封鎖され、ジョン親子を含む十数人の客が閉じ込められていた。
    事態は警察も手が出せない大量人質籠城事件へと発展。犯人であるクラブのオーナー・ウーの要求は、ある囚人の解放だった…。

  • 2014年9月27日観賞。JAL国際線の機内プログラムにて。初老の刑事ジョンが娘に呼び出され訪れた酒場で発生した事件。過去に彼が担当した事件に関連があるようだが・・・。ジャッキーが刑事になる映画は全て「ポリスストーリー」になるのか、前作では多数の部下を連れた警部役だったジャッキーは本作では一匹狼・現場命の刑事役。アクションは控えめだが娘を想い人々を助けようと傷だらけになって奮闘するジャッキーは、かつて「酔拳」などでコミカルなアクションを見せた男が年輪を重ねた姿、として見る側に言い知れない感動を呼び起こされるものがある。ストーリーは随分乱暴でありえねー感たっぷりだが、それが中国・香港映画のいいところか。

  • 引退宣言後のジャッキーアクション映画。
    超人ではなくなったジャッキー・チェンを観ていて、私たちはジャッキーとともに歳をとったんだな、と思わせてくれる。
    とても丁寧に作ってあって高感度も高い。
    自身の歌に乗せて流れるエンドロールのNGシーンでじんとしてしまった。

全23件中 1 - 23件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ポリス・ストーリー/レジェンド [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

ポリス・ストーリー/レジェンド [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ポリス・ストーリー/レジェンド [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする