ある過去の行方 [DVD]

  • 82人登録
  • 3.36評価
    • (5)
    • (15)
    • (18)
    • (5)
    • (2)
  • 18レビュー
監督 : アスガー・ファルハディ 
出演 : ベレニス・ベジョ  タハール・ラヒム  アリ・モッサファ  ポリーヌ・ビュルレ 
  • Happinet(SB)(D) (2014年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953062894

ある過去の行方 [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • B+。
    複雑で重い話。いかにもフランス映画。
    これをみた日の夜に夢をみた。映画の世界に巻き込まれた。

  • イランで初めてアカデミー外国語映画賞を受賞、ベルリン国際映画祭でも金熊賞を含む3冠を達成した「別離」(2011)のアスガー・ファルハディ監督。
    パリを舞台に、再婚を予定している子連れカップルの思いもよらぬ過去の秘密が少しずつ明らかになっていくさまと、彼らを軸に複雑に絡まり合う愛と哀しみの人間模様が赤裸々かつサスペンスフルに綴られていく。

  • しばらく登場人物の関係がわからない。もちろん見ているうちに、あーなるほどと。

    しかも、自分の都合で行動し、それを隠そうとするからお互いの不信感を高めるため、話がこじれて、本当のことがなかなか見えてこない。

    サスペンス的な要素が含まれている。それぞれの思惑が見えてくると話がひっくり返ってくる。そういうところは最後まで観てしまう要素。

    ラストも希望があるような、ないような。もし話が聞けたとして、何か希望があるのかな。変わらなければ、また同じ繰り返しだと思うのだけど…

    それにしても、大人の勝手で振り回される子供たちが気の毒。

    観ていてあまり気分のいい映画じゃないけど、人の心理の見せ方とか良かった。多分こんな気持ちが隠されてるんだろうとか、こうな気持ちになってるのかもと想像していく映画。

  • 最後までドレスのシミの原因はわからなかった。込み入った人間模様は、ヒトであるがゆえ。正直なら問題は大きくならなかったかもしれないけど、愛や妬み、疑い、ちょっとした悪知恵は人生につきもの。

  • 白黒だけじゃない、誰のせいは言い切れない、そういうグレーゾーンの存在をいつも描いておるような気がする。

    少し離れたところでされる会話。
    音を聞かせない、かといって内緒話とは言い切れない、そんな映像の見せ方が斬新。

    憶測の積み重ね、それで現実が過去となっていくのだとすれば、それを丁寧に紐解くと、こういう真実というべきものが見えてくる。
    そんなことを教えてくれる良作。

  • フランスの国民性なのかな。
    火が付いたときには我が子であっても感情をむき出しにする。元を正せばその原因が自分に有ったとしても。
    こういう人ってフランス映画では結構見ている気がする。
    とにかくそういうシーンが見ていてちょい辛い。

    映画的には、わざとらしい説明的な会話は無く、小出しにされる会話(情報)から推測しながら少しずつ事実が解明される感じはサスペンス要素を駆り立てる。
    登場人物それぞれのちょっとした嘘や誤解から生まれる不幸の連鎖は観ているこちらまで鬱々。
    しかしラストシーンのかすかな希望は救い。


    3.7点

  • 空港で待ち合わせる男と女。甘い物語かと思いきや、離婚手続きのためにイランからやってきた元旦那と迎えるフランス人元妻なんですね。説明的な描写がなく、交わされる会話から、現状と真相が明かされます。雑な作りはなく、会話に聞き耳を立てさせられるミステリー仕立ての展開が楽しめます。大人の事情に巻き込まれる子供たちは可哀想ですが、そのせいで可愛さ5割増しでした。

  • 私はやっぱりフランス映画合わないなーと。

    全部ではないんだけど、やっぱりフランス映画って鬱々としてて・・・。

    で、なぜか主人公の女の人は大抵気が強く、陰気で嫌味でヒステリックだったりする。
    フランス人女性にはこのタイプが多いのかな。

    この映画の主人公もまさにそう。
    何度も離婚と再婚を繰り返し、現夫と離婚成立前に他の男(妻子あり)の子供を妊娠し、
    娘の説得を現夫に任せ、何が何でも妻子あり男と結婚しようとし、何かあれば厭味ったらしく
    ヒステリックに叫びながら家族を怒鳴り散らすこの主人公には、
    何ひとつ魅力を感じませんでした。

    ファッドとリュシーがずっと可哀相でした。
    子供はいつだって大人の都合で振り回されて、いとも簡単に傷つけられてしまう。

    リュシー役の子が可愛かったな。

  • 2015/6/2 最初の車の中で振り返った時に出る
    タイトルの出し方いい 曰く付きな感じで始まり
    結構 観てしまったが 最後まで 解決には辿り着かず 余韻を残した終わり方だったが、良い映画に思えた。過去の行方 過去に捕らわれながらも 今を生きていかなければいけないし…結局、何かの
    きっかけが必要なんだろうね。しかし、どちらの旦那様もメチャ善い人だなぁ〜と感じた。それが 魅力であり危ういのかもしれない。
    生きてく上では 過去も現在も含め 何かの形で 色んな事が露呈されるんだろうね。ラストシーンは良かったけど…何らかの結果に導かれないところは 少し残念だと思うのは 観ている自分も何らかの答えを求めてるからだろうな。

  • サスペンス性(宙吊り状態)はあるのだけれどもどこに向かっているのかいまいちよくわからない映画だった。植物人間になった妻が夫の香水の匂いに反応するという、それだけのシーンを撮りたかっただけのワンアイデアに固執した映画のようにも見えた。

全18件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ある過去の行方 [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

ある過去の行方 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ある過去の行方 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする