裏切りのサーカス スペシャル・プライス [DVD]

  • 132人登録
  • 3.62評価
    • (10)
    • (13)
    • (21)
    • (2)
    • (1)
  • 22レビュー
監督 : トーマス・アルフレッドソン 
出演 : ゲイリー・オールドマン  コリン・ファース  トム・ハーディ  ジョン・ハート  トビ―・ジョーンズ 
  • Happinet(SB)(D) (2014年12月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953061323

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

裏切りのサーカス スペシャル・プライス [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 2011年、イギリス・フランス・ドイツ合作映画。原題は『ティンカー、テイラー、ソルジャー、スパイ』で、各スパイのコードネーム?です。
    監督はトーマス・アルフレッドソン。主演はゲイリー・オールドマンで、共演にはコリン・ファース、トム・ハーディ、ベネディクト・カンバーバッチと何気に豪華です。その他にジョン・ハート、トビー・ジョーンズ、キーラン・ハインズ、デヴィッド・デンシック、マーク・ストロング、サイモン・マクバーニーなど。数少ない女優であったスヴェトラーナ・コドチェンコワは美人でした~♪

    冷戦時代のイギリス。ブリティッシュ・サーカス(イギリス秘密情報部)内にはソ連のスパイ(通称もぐら)が入り込んでいるとの情報があった。その情報の中身を確かめようとブタペストに潜入した情報部員も撃たれてしまう。
    サーカスのリーダーで上司であるコントロール(ジョン・ハート)とともに引退したスマイリー(ゲイリー・オールドマン)は、”もぐら”がサーカス内にいるという情報を受けた外務次官(サイモン・マクバーニー)によって調査を依頼される。果たして”もぐら”はいるのか?いるとしたら”もぐら”は誰なのか?スマイリーの調査が始まる・・・。

    サスペンス・スパイ映画です。ジェームズ・ボンドはいないのでド派手なスーパーアクションや美女はいませ・・・、いや、美女のスパイは出てきます!やったー!(笑)やっぱり映画は美女が出てこないと!(笑)
    展開は息もつかせないというか、展開が早いので一つのカットでも見逃そうものならついていけなくなるかもしれません。それくらいに物語の進展が早いので、何がどうなっているか見失うこともままありました。
    加えて、一見関連性がわからないシーンが突然入ってきたりもして、後からようやく繋がりがわかるような展開が多々あったのも分かりにくさを助長していたかもしれません。
    全体的には、緊張感があり抑制の効いたサスペンス調の進行だったので、わかりにくさがあった割には、それさえもサスペンスの一部と考えれば作品としての出来は良かったのではないでしょうか。

    主演のゲイリー・オールドマンはいいですね~。抑えに抑えられた演技がとても良かったです。静かに静かに真相に迫る雰囲気が良く出ていましたね。あまりにも静か過ぎたせいか彼の思考過程がいまいちわからなかったのが難と言えば難なのですが、これもミステリアスさが出ていてプラス効果だったかもしれません。
    妻の浮気に苦しむ夫と、任務を果たそうと老骨に鞭を打つ老スパイという二つの面を内面から見事に醸し出していたと思います。
    そして、彼の右腕になるのがベネディクト・カンバーバッチですが、最初はどこかで見たことがある誰だっけ?と思っていましたが、シャーロックでしたね。噂?だけは・・・。私は『エレメンタリー』派なもので観たことなくて・・・。(^_^;
    この作品ではゲイリー・オールドマンに次ぐ重要な役どころだったと思いますが、重厚な俳優陣に引けを取らぬ活躍だったと思います。
    ところで、このベネディクト・カンバーバッチの役を含め、ゲイカップルが2組いて、もう一組の方はラストにも繋がる濃厚な関係だったわけですが、美女が1人だけだったことといい、これは原作者の趣味だったのかな?
    ああ、スパイのイメージがあ!(笑)
    美女も含めて、どのカップルもみな薄幸でしたけど・・・。(^_^;

    そういえば謎解きにいたる道筋と、謎解きの決定的場面もいまいちわかりにくかったのですが(笑)、ラストの”もぐら”の終焉シーンは良かったですね。
    そして、最後は何となくの爽快感も・・・。(笑)

    展開についていくのが難しい映画でしたが、重厚なサスペンスに彩られた作品でしたので集中して観ることができました。重厚な雰囲気に浸りたい方はどうぞ!

  • ややこしかったけど、味があって良かった!
    コントロールは死んだけど回想録で出てくる感じが渋さあり。
    ギングスマンの人も出てます。

  •  鑑賞2回目。
    以前に劇場で観たのか、DVDを借りてみたのか記憶にないけれど、とにかく久しぶりに観る2回目。
    テレビ放映されたのを録画して鑑賞。
    NHKで放映される映画は変な編集がないし、CMに邪魔されないし(編集もいらないし)、オリジナル音声の字幕付きでやってくれるから、もう最高だな。

     2回目なのに、初見のような驚きと面白さ。そして、難しさ!!!
    ストーリーも、誰がもぐらなのかさえも覚えていないという・・・。
    ただもう、この豪華な面々によるヒリヒリ感の漂うかけひきと、独特の湿った空気。ラストの鮮烈さ。切なさ。
    小難しいし、誰が誰だか名前が混乱するとか、時系列がぽんぽんとんで意味不明とか、諸々もうどうでもよくなるくらいに、好みの作品としか言いようがない。
    また何年後かに、観ると思う。何度でも観たい。

  • 自分には初見では理解は難しかった 原作読んでから再チャレンジしたいな

  • 殆ど前情報も知識もない私のような素人ではちょっと扱いきれなかった。
    作品背景も理解したうえできちんと整理してから見れば全然違った印象になりそう。ちょっと寝かせておく。

  • 一度観ただけではわからないという噂の裏切りのサーカス。たしかに細かいところは釈然としなかったかも。コリン・ファースとプルドーの関係性が気になる。

  • 難解!!
    誰がどこの国OR組織の何なのか、現在なのか過去なのか、全て分からなくなってしまい、値落ちした。久しぶりに映画で寝落ちした。

    この映画を楽しむためには解説を読んでからもう一回観る必要がありそうだけど、かなり体調の良い時じゃないとまた寝てしまいそう。

    体調を整えて再度観る時があったらレビューを更新しようと思う・・・・

  • 気になっていた作品だった。
    アマゾンプライムビデオでやっと見た。
    英国の諜報機関を取り上げたスパイ映画。
    諜報機関の中に2重スパイがいるではという疑念から裏切り者を捜査していく。

    難しい。吹き替えでみたが、それがよかった、字幕だったら、内容を把握できなかったかも。
    各々の場面の描写に意味があるのだろうが、脳がそれを理解する前に次の場面になっていく。概要を把握するのがやっと。

    見てから解説を読んだけど、大体は把握できていた。

    好きな人はいるのだろうが、もっと簡単な話のほうが私は好み。盛り上がる場面もわからず淡々とストーリーが流れていく感じ。

  • めちゃくちゃ難解。ネットに落ちてた解説読んで納得。一度目は欺かれ、二度目に真実が分かる、そのとおりなのかもしれない。ワタシは二度目を見る気はないけれど。。。

  • ハラハラしたり一生懸命考えたり。楽しかった。

  • 大分前に見たのでうろ覚えですが
    結構内容としては人物関係や事件について覚える事が多く、頭がフル回転させられます
    置いて行かれない様にと食いついていたら衝撃的な真実が…

    見応えはあります。陰謀や人間どうしの駆け引きなど心理サスペンス要素があった気がします
    がっつり世界に入り込めるだけの深さがあるので二週目も楽しめるタイプです

  • 三回目。何回見ても好き。あの長い話をうまくまとめていると思う。今度はBBC版を観よう。

  • 旧ソ連とのやりとりが手に汗にぎるスパイ映画。コリンファース目当てに借りたけど、結構見ごたえがあって面白かった。

  • ジョンルカレ原作の二重スパイドラマ。脚本がやたらと「思わせぶり」なコマ切れ構成で(原作を読んでいない限り)一度観ただけでは筋が終えないのではなにか。。。役柄のせいもあるが、カンバ-バッチの演技も、さほど冴えた感じがなく残念。

  • 「サーカス」と呼ばれるイギリスの諜報組織内部にいる裏切り者を探す物語。
    とにかく登場人物が多く通称で呼ばれたり本名で呼ばれたりもするので、なかなか把握出来ません。また、現在なのか回想シーンなのか解り難く、最初の鑑賞はちんぷんかんぷんで全く楽しめませんでした。
    二度目の鑑賞でようやくストーリーが解り各スパイの内情を楽しむことが出来ました。非常に緻密な脚本で感服しましたが、人物関係の説明描写の不足が無駄にストーリーを難しくしている気がし、不満が残りました。

  • ここ何年かで最高でした。もう10回以上みています。達者な俳優たちが静かに描く古き良き時代の終わり。細部まで見逃せません。ゲイリー・オールドマン好きにはたまらない。今話題のベネディクト・カンバーバッチも大切な役どころで出ています。この映画が好き過ぎて原作にも手を出しました。映画の続編もあるようですね。

  • 原作を読みながら見ました。

    間違いなく、DVDやブルーレイで何度も見て味わう作品だと思いました。

    細かい設定変更はたくさんあるのですが、軸は守りつつオリジナリティもあり、良かったと思います。

    ただ、この映画を普通の映画として一回見た限りでは雰囲気の良いなんだか難しい話、で終わるような気がしてなりません。
    特に英国とかスパイとかそういうものに興味のない人には原作も映画も薦められません。しかしだからこそ、孤独にがっつり楽しむ映画として貴重だと思いました。

    原作はもちろんのこと、映画の全解説サイトやたくさんのブログなども見つつ、多角的に掘り下げて掘り下げてもまだ余地の有る素晴らしい作品。

    映画・原作・解説サイト、すべて含めての『裏切りのサーカス』もとい『ティンカーテイラーソルジャースパイ』なのだと思います。

  • 公式サイトに「事前に知識を入れて、推理した上で一回観てね! そのあともう一回観たら、わかりやすくなると思うよ!」的な事が書かれていたので、「いやあ、このおじさん渋くてカッコイイわあ」と知識ゼロ推理ゼロ欲望だけヒャクな状態で観ました。

    簡潔にまとめよう。最終的にホモォだった。終わり。

    なんか色々あったんです。うん。説明すると面倒な気がする。
    ただね、最終的に「あ、コレホモォや」となったから、もう一回観て、「ああ、ここもここもここもここもホモォやったんやなあ、萌えるわあ」と楽しめたんです。別にいいよ、誰がモグラかだなんて!!

    いちおう説明しますと……

    (読まんくて大丈夫です)
    5人おじさんがいまして、その中に裏切り者モグラがいるらしいと分かりました。それで一番偉いおじさんがモグラさんを探します。探すためにイギリスからハンガリーまでクリケットおじさんを送り込みましたが、クリケットおじさんは返り討ちにされます。それでもモグラは分かりません。
    一番偉いおじさんはクリケットおじさんを犠牲にしちゃったので、責任をとって辞職。パッケージの眼鏡おじさんも道連れに辞職です。わあ、大変だね!
    すると一番偉いおじさんも死んじゃった。そこへもっと偉いおじさんがやって来て、眼鏡おじさんは「モグラさん探し」を命じられます。ぶっちゃけ面倒そうです。でも、仕事もないし、暇だし、気になるのでモグラさんを探します。
    そうこうする内に、眼鏡おじさんの因縁のライバル、顔が出てこないライターおじさんが、モグラさんを含めたいろんなおかしな事件の黒幕だと判明しました。さすが眼鏡おじさん! その眼鏡は伊達じゃないんですね!
    とりあえず、両刀使いだけど男同士で同棲しているおじさんと、地味に大切な書類調べとかしてるのにあまりクローズアップされない元警部の養蜂家おじさんと、仕事を放って人妻とランデブーしてたりもした若めのおじさんと協力して、眼鏡のおじさんはモグラさんをあぶりだしました。
    モグラさんは1人だったけど、結果的に5人中眼鏡おじさん以外の4人全員が、裏切っていたことが分かっちゃった! モグラさんは拷問に遭って、眼鏡伯父さんの因縁の相手の国へ強制帰国、ほかのおじさんたちはどっかに消されちゃった。
    と、思いきや! なんと、ハンガリーで返り討ちにされちゃったおじさんが、モグラのおじさんを打ち殺しちゃった! そう、二人はなんと学生時代からクリケットを通して愛を育んでいたみたいなんだ。なかなか長いつきあいだったんだね!
    (終わり)

    ……いろいろあったけど、ホモォだったってことで片づけておきたい。どっちにしろ素晴らしい映画でしたよ!

  • 画面が暗めの映画って、内容が理解できなくてもけっこう好きです。(ゆ)
    じっくり見てないと、なかなかわからない。つか、わからなかったから二回見た。(ぶ)

全22件中 1 - 22件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

裏切りのサーカス スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「いま見ている」で登録しているひと

裏切りのサーカス スペシャル・プライス [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

ツイートする