ダ・ヴィンチ 2014年 10月号 [雑誌]

  • 105人登録
  • 3.52評価
    • (4)
    • (9)
    • (17)
    • (1)
    • (0)
  • 20レビュー
  • KADOKAWA (2014年9月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910059871048

ダ・ヴィンチ 2014年 10月号 [雑誌]の感想・レビュー・書評

  • 進撃の巨人特集&辻村深月さん特集。

    個人的には大暮維人さんの描いたリヴァイ兵長のカッコ良さに倒れそうになった。(←ここは星5です!)いいホント最高!いつまでも眺めていたい…(/ω\)あずまきよひこさんのアルミンも可愛いし♪良い。

    辻村さん、超苦手作家さんの一人なんだけど、書店お買いものの様子は面白くって、アンソロジーでもいいから読んでみようかなーと思った。作家さんの本、お買いもの様子はとても楽しい(o^∀^)いいなー、20冊2万5千円も本が買えるなんて。。。夢のようだ。うらやましい。

  • 全ページ、しっかり読破して帰るつもりだったが、
    (やな客。)
    本日は棚に戻せなかった。

    著名な漫画家さん達が
    描いてくれた『進撃の巨人』キャラクターのイラストは
    永久保存版。

  • 進撃の巨人特集。他漫画家が描くキャラクターイラストが良かった。

  • 進撃の巨人に関する目新しい情報はない。が、あずまきよひこ画のアルミンに価値あり!ゲスミンっていったやつ、あやまれっ!

  • 辻村深月が好きなので購入。
    とある漫画家がイラストを寄稿しているとも知らずに。

    そして辻村深月特集ページを見た。
    小畑健が1番好きな『スロウハイツの神様』のイラストを寄稿していた。
    とても素晴らしかった。
    どのキャラクターもイメージ通り。
    狩野も正義もスーも黒木も莉々亜も。
    環もコーキも。

    このイラストだけで購入した甲斐がある。
    できればコミカライズもしてほしい。

  • 辻村深月さん、同じ山梨に産まれた作家さん。まだ未読ですが、辻村さんの作品を読んでみたいと思います。

  • 新劇の巨人と、辻村深月特集。

    後者目的だったのですが、かなりすごい量。
    色々な人達から、自分から見た辻村深月、を
    語ってもらっていましたが…豪華です。
    こんな所まで仕事関係!? と思うほどの人。
    しかしほとんどを網羅して読んでしまっています。
    ただいま連載中、が単行本になるのを
    楽しみにしていたいと思いますw

    後は新刊チェック。
    面白そうな本もチェックできました!

  • この号が出たあとの上野の森美術館の進撃の巨人展で見た内容とだいたいかぶる感じ。どっちも、諫山創の「何でオレが売れてるのかわからない」という戸惑いが全面に出ていて、この人は本当にブレないなぁ。

    チェック本:
    コミック
    『バイオーグ・トリニティ』大暮維人×舞城王太郎
    『0能者ミナト』田倉トオル(漫画)葉山透(原作)

  • 辻村深月さんの特集が、面白かった。

  • 2014.10.13
    図書館から一月遅れで拝借

    JTちょっと一服ひろば
    「 多田便利軒 」番外編

    真夏の昼下がり 暑さに上半身裸行天が最後の良心に手をかけようとした時
    事務所に突進してきた少女 新村清海の放った一言 「 星くんが浮気してる!」

    続きは JT一服ひろば(web) で

    気 に な る ! !
    星くんが浮気⁉ 無い無い絶対無い!
    あ〜また、巻き込まれちゃったよ 笑
    どっちが?とは言わないよ

    狂騒曲 で完結じゃ無かったんかいっ!
    あ〜気になるわ〜星くん何があったの〜

  • 平野耕太氏にハンジさん描いて欲しかったな。

  • 辻村深月特集。

    学生時代において、辻村深月が自分の理想とする生活を送れていなかった、青春を満喫できなかったという思いをものすごく強く持っていて、それを小説にぶつけていることがとてもよく分かった。

    “フィクションの向こう側に行きたい”という気持ちからプロになったみたいだけど、それも小説から伝わってくる。

    憧れや理想を思い描いてるから、小説の中に入り込みたいと思う。

  • 進撃の特集につられて購入。
    一通り読んだので、人にあげました。

  • 今月は『進撃の巨人』特集。50m級巨人くん(ミニチュア)が作者のお父さんと共に、作者のふるさとである大分県日田を散策する特集が面白かったです。

  • 進撃の巨人特集。

  • ぴんときたときこそ、もう一度考えてみる。
    世間の物差しを捨てる。
    自分の人生であるにもかかわらう、心から自由に意くることができない。世間の常識からはみ出してみる。
    世間体や他人の目ばかり気にするのではなく、自分の物差しをしっかりと持つこと。

  • 「進撃の巨人」のファンなので、今号で特集が組まれると知ったときから買うと決めていた。表紙イラストと“進撃の巨人が終わる日”というインパクトのある文言に圧倒されたのだが、よく見れば“辻村深月特集”も! 最近はあまり読めていないが好きな作家なので嬉しかった。気になったのがミカサのエレンへの気持ちが「恋」と書かれていたこと。間違いじゃないのかもしれないが、「ちょっと待って!」とこころで叫んでしまった。うれしかったのは「まほろ駅前」の番外編が載っていたこと。さっそく検索したらきょうの時点で2話まで公開されていた。

  • 特集2 辻村深月
    ・寄稿「辻村深月ってこんな人」椹野道流

    掲載小説
    ・三浦しをん『まほろ駅前』シリーズ番外編「多田便利軒、探偵業に挑戦する」第一話

    インタビュー
    ・恒川光太郎 『スタープレイヤー』

  • 進撃の巨人、人気あるんですねー。私はまだ読んだ事ない…ですが、今月限定図書カードが発売になりますよー。すごいですね。限定図書カードって。

全20件中 1 - 20件を表示

ダ・ヴィンチ 2014年 10月号 [雑誌]を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2014年 10月号 [雑誌]を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2014年 10月号 [雑誌]を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ダ・ヴィンチ 2014年 10月号 [雑誌]を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする