鳥籠巫女と聖剣の騎士 ミミズクと夜の王 (電撃文庫) [Kindle]

  • 20人登録
  • 3.80評価
    • (1)
    • (2)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 紅玉いづき
  • KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2014年8月7日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (64ページ)

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

鳥籠巫女と聖剣の騎士 ミミズクと夜の王 (電撃文庫)の感想・レビュー・書評

  • ミミズクと毒吐姫より前のお話。立場の違いや育ちの違い、考えて方の違いはあるけどそれぞれに必要なものはそれぞれだったんだ、と思えた。
    2時間以内で読めてしまうので、ミミズク好きには特に読んでもらえたら。

    これを読んだあとミミズク読み返したらまた泣けた。

  • 大概是聖騎士和聖劍巫女的沉重神聖職責,安迪和歐莉葉特的故事相較於角角和毒吐姬的故事,顯得成熟細膩(簡言之就是專屬大人的世界(?))

  • 申し訳ないが、ガッカリ。『毒吐姫と星の石』のあとがきに、スピンオフとして書かれているとあり、ただボリュームがないから発刊までは当分お預けと思っていたら、電子書籍のみ刊行のお知らせ。こういうところは電子書籍の利点だなあ、ありがとうと喜んだものです。
    前作より時間は遡り、アン・デューク(アンディ)とオリエッタのお話。何か事情がありそうな夫婦のその事情が明かされるのか?
    で、前2作がすごく良かったのに、なんでだろう?ボリュームがないから?なんだか盛り上がる前に読み終わっちゃった・・・期待しすぎたか。ぐぬぬぬぬぬ。

全4件中 1 - 4件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

鳥籠巫女と聖剣の騎士 ミミズクと夜の王 (電撃文庫)を本棚に登録しているひと

鳥籠巫女と聖剣の騎士 ミミズクと夜の王 (電撃文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする