後妻業 [Kindle]

  • 18人登録
  • 4.17評価
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 黒川博行
  • 文藝春秋 (2014年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (312ページ)

後妻業の感想・レビュー・書評

  • 一言で言うと「面白かった」。出てくる人物は悪党ばかりだ。やっぱり世の中「金」なのか・・・と自分の心をのぞきつつ悲しい気持ちにもなる。登場人物の武内小夜子は筧千佐子と重ねてしまい、小説と言うよりほぼドキュメンタリーではないだろうかと思ってしまう。ますます独身男性の高齢化が進むなか、同じような事件が後を絶たないのではないかと背筋がゾッとした。

  • 筆者の書く物語にはワルがたくさん出てくるのだが、どこか憎めないワルが多い。だが、本書は違う。正真正銘のワルい奴で、しかも読んでいて気分が悪くなるくらいに人の心の隙間につけ込む嫌な感じのワルだ。
    それにしても、このリアリティは何なのだろう。相当綿密な取材の賜物なのだろうと思うけれど、自分が餌食になってもおかしくないのではないかと思うくらいありそな話で怖い。

全2件中 1 - 2件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

後妻業はこんな電子書籍です

後妻業の単行本

ツイートする