超高速! 参勤交代 [DVD]

  • 971人登録
  • 3.35評価
    • (52)
    • (151)
    • (248)
    • (53)
    • (11)
  • 197レビュー
監督 : 本木克英 
出演 : 佐々木蔵之介  深田恭子  伊原剛志  寺脇康文  上地雄輔 
  • 松竹 (2014年11月12日発売)
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105069633

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

超高速! 参勤交代 [DVD]の感想・レビュー・書評

  • 下調べも何もしないでレンタルしてしまう私。それでもパッケージの写真を見ればこの作品の内容は予想がつく。

    肩肘張る必要の全くない時代劇コメディーでした。そんな作品ですからツッコミ所は多々有るのですがそんな指摘は無用でしょう。

    そして真面目な製作姿勢だけはきちっと汲み取れる事が出来ました。まあ・・・楽しく見る事に徹した方が良いと思います。

  • どうだろう、面白いは面白かったのですが
    展開がどうも乱暴で雑な感じがしてしまいました。
    映画は楽しめたらそれで良いんですけど・・・でもねぇ。

    ちょっと乱暴なストーリー展開や設定に
    うーーーーんとうなりながらも
    物語の着地点への期待感と展開の速さで
    引っ張っていかれました。
    佐々木蔵之介をはじめ、役柄にあったわかり易い
    キャスティングが良いオモシロになっていた。

    この映画に散見する少なくない「粗」を
    気にしないでいられる人は
    コメディで勧善懲悪的カタルシスもありますから
    楽しめるのではと思います。

    「超高速」って付けたタイトルの勝利。

  • 磐城国の湯流谷藩は、彼らの金山を狙う老中の
    計画により通常8日かかる参勤交代を5日で行
    うよう命じられます。
    できなければお家取り潰しは必至で1万5千石
    の貧乏弱小藩はわずか7人の家臣とともに実行
    不可能なミッションに挑みます。
    これまでほとんど描かれることのなかった参勤
    交代にスポットを当てるというユニークに加え
    一風変わったキャラクターと先の読めない緻密
    なストーリーが見事にマッチし、笑って泣ける
    エンターテインメントに仕上がっていました。
    知恵と団結力を武器に問題を次々にクリアして
    いくさまは痛快でした。佐々木蔵之介の演技も
    見事でした。

  • めちゃくちゃいい人で剣の達人で腹話術もできる殿様有能すぎるw
    蔵之介のかっこよさにしびれる2時間だった。

    苦労人の家老に西村さんがはまり役。むちゃぶりがきたでござる!

    そんなに期待してなかった殺陣がかっこよかった。
    普段抜けててもやる時はやる。ギャップ燃えは正義!
    柄本くんのアクロバティックな二刀流が好きですよ!

    上地くん生きててよかったー!姫様よかったね!
    公儀のお庭番壊滅してるけどそれはいいのか。
    あとそんな簡単に側室にしちゃっていいのか・・・正室が影も形もなかったけど、殿様と同レベルのお人よしなのかもしれない。

  • ○日本語字幕



    最初から字幕が出てて好感度アップ。
    すごく楽しく面白かった!
    映画館で観ても楽しかっただろうけど、字幕なしでいけるかはちょっと不安。
    愛すべき殿さま。愛すべき家来達。
    金はなくとも知恵と真心で乗り切る!
    1つ不満なのは、宿屋上りの女が数日であんなに綺麗な言葉遣いになるかなって。
    はすっぱな深田恭子の方が魅力的だった。

  • 二作目が来ちゃう前にとCSで。

    参勤交代を終えたばかりの片田舎の小藩が、藩の取り潰しを狙う老中によって、再度の参勤交代を言いつけられる。
    資金も時間も無い中、知恵を絞って江戸に向かう。

    と言うのがあらすじで、タイトルからもコメディかな?と思っていたけど、まあその通りのゆるっとしたコメディで、あれれこんなモンかな?って感じる部分はあれど、良い行いをした者には救いの手がキチンと差し伸べられるし、悪い者には相応の報いがあるので見ててストレスはないよ。

    そういう映画ではないと分かってはいるけど、アクションシーンがぐだぐだな感じなのが惜しい。

  • あまり期待してなかったけど、中々楽しめた。
    かなりエンタメ感強め。
    アクションより、コメディかと思ってた。
    「物語」として見るといいかも。
    テンポも良くて、すっと見られる作品だと思う。

  •  参勤交代を終えて帰ってきたばかりのいわきの小藩に再度5日で江戸まで参勤交代せよとの命令が!

     キャストがどれも適役で見てて楽しい。間に合わせつつ大名行列もする為のあの手この手も面白い。
     ただ、こういう映画で殺陣はもっと少なめでよかったのではないか。
     あと、佐々木蔵之介の逆手の抜刀はあれはそういう技なんだよね? 

     あと、この話って、いわきが江戸の都合で振り回されるというのはひょっとして原発問題のメタファーなのだろうか。。。

  • 全く期待しないで観ました。いい意味で裏切られました。久々に単純にいい映画を見ました。爽やかで少し泣けて、頑張る姿に共感しました。少し笑いもあって、エンターテイメントとして、よくできています。

  • 想像していたよりもずっと面白かったです。コメディかと思っていたのですが、自分の藩の民想いの当主(殿様)が、江戸の老中に金産出を隠していると疑われ、藩に帰ったばかりのところを、5日以内に江戸に出てこいと言われ、お金もなければ、日数も足りないところを、知恵とさまざまな人の協力を得て、成し遂げる話。いろんな人に出会って、常に相手を想う気持ちが自分に返ってくる・・・というのが、すごく良かったです。

  • 和田竜さん系、エンタメさらっと時代小説。

    色々と、本と印象が違ったし、そもそもの解決法も違っていた。

    道中の大変さも、本の方が感じられたし、お咲との出会いも、映画ではいまいちなぜ彼女を好きになったのかよく伝わりにくかったかな。

    後、なんといっても、主人公の年齢が勝手にだけど20代の印象があったんだよねー。。。

  • 江戸のつとめを終え湯長谷に戻ってきたばかりの磐城の小藩が幕府老中に因縁をつけられて今度は5日で参勤交代せよと無理難題をふっかけられる。参勤するための費用も人員もないという状況で藩主・内藤政醇と家老・相馬兼嗣をはじめ家臣たちは藩を守るため5日で江戸へむかうべく試行錯誤四苦八苦する…そんなお話。

    少人数で山中を走り、宿役人のいる宿場でのみ日雇いの中間を雇って行列を作り、それでも足りない分は知恵を絞って列を大きく見せたり、あらゆるピンチを転機で切り抜けていくのが痛快です。テンポよく見られて笑いどころも殺陣もしっかり魅せてくれるいい映画。

    お咲と政醇の距離の縮め方というか心の通わせ方というか、出会いから親密になる過程や終盤の見せ場までがラブストーリーとしては(言ってしまえば)ベッタベタなのですが大変好みでした…フカキョンめっちゃかわいかったです…

  • う〜ん………やっぱりこの手の邦画は苦手です。

    なんか後付けでいい話っぽくまとめちゃってるトコが嫌い。
    ダイコンとタクワンで伏線張って、悪い人もいい人も殿様の人柄に惚れて…人情話でお涙ちょうだいってかぁ〜くっさぁ〜くさくさくっさぁ〜

    演者は普段、脇を固める名優たちなんで全体が引き締まっているように思えますがあまりにも臭い話すぎませんかね。

  • このミッション!
    インポッシブルです!

    5日以内に参勤交代!!
    を命じられた
    弱小貧乏藩
    幕府の無理難題に
    「参勤交代」で挑む!?
    って、どうやって・・・

    映画HPより抜粋

    いや、これ面白い.
    DVDを借りに行って偶然見つけた1枚.
    笑いと人情に溢れた作品.
    情けは人のためならず、まわりまわって自分に帰る.
    だたのコメディではない感じ、殺陣本格的.
    続編が2016年に公開されるとのこと.

  • まさにドタバタエンタメ時代劇としてかなり楽しめました。

    蔵之介さんはじめとする旅道中の一人一人が個性ある俳優さんで、そのキャラを観ているだけで楽しめた。

    ストーリーも起承転結分かりやすい。参勤交代なんて誰もがなんとなくは知ってる題材から、こういった方向に膨らませることができるのは素直にすごいな、と。

    あと深田恭子は女郎の時の庶民っぽい雰囲気の方がかわいいかもなんて思ったり。

  • 控えめに言って最高でした。
    脚本がとにかくよくて会話が楽しい、起伏に富んだストーリーにどきどきしつつちょっとほろり、その上殺陣が格好いいと言うことなしの一級品。
    もう、お殿様が本当に格好良くてあれじゃあ多少貧乏でもこの方に付いていこうってなるわ……格好いい……。
    本当に、心から面白かった。

    あ、方言がきついから字幕を表示させて見た方が気楽に見られるかも。

  • ちょっと期待外れ。
    コメディにしたかったのか、シリアスにしたかったのか、エンターテイメントたっぷりの映画にしたかったのか…。
    全てを中途半端に放り込んでしまったという印象。
    役者陣はコメディ調にしたかったような気がするが、演出がちょっとわからなかった。
    また超高速という割に、あまり高速感は感じられず、もたもたしている印象。
    演出次第でもっと面白くなるような気がします。

  • wowwowから。面白かった!エンターテイメントとしてとっても楽しかった~。家老の苦労ぶりがうかがえる……

  • タイトルだけですごいインパクト!!
    そして地味に豪華な役者陣だと思う。…単に自分好みの役者さんが多かったってだけかもしれないけど(笑)猿之助さんや時生くんやら。深キョンが可愛すぎ。

    たった5日・低予算でどうやって参勤交代するのかと思ったら、みんなで策を練って(文字通り)走り回って忍びとも戦って…忙しかったねw
    お殿様と家臣が別行動になってしまっても、それぞれが頑張って無事「超高速参勤交代」を成し遂げたのはすごかった!
    時代劇苦手だけど、とってもわかりやすいお話でクスクス笑える演出も沢山あって楽しめた。
    地上波放送されたら録画しようかな。

  • 基本ギャグだが、ちょいちょいシリアスが入る。全編ギャグだと思ってたので少し戸惑ったが、面白かった。
    戦闘シーンはそこだけ安っぽくて、ラスト付近の戦闘は特に要らなかった。
    夜のシーンになると途端に見えずらかった。
    深田恭子は可愛いけど、演技が変。下手なのか?彼女だけ浮いてた。

    将軍様が良い奴でも悪い奴でもない為政者っていうパターン。

  •  貧乏藩に金横領の疑いが懸かり、(7日以上はかかる参勤交代から戻ったばかりなのに)5日でもう一度江戸まで来いという無茶な命令が下り…。精鋭とともに、どうにか関所だけは大名行列しながら残りはダッシュで参勤交代にチャレンジするというコメディ。

     こういう映画って好き。どういう映画化って、「主人公が文句が付けられないくらいいい人」で、「その人の影響で周りがいい人になる」。そして「主人公が善良だからこそ、最終的には全てうまく行くという大団円」。

     これは所謂「勧善懲悪」とはちょっと違って、「善良な人間が世を善良にしていく」というのが大切。ただ善が悪をこらしめるのではなく。

     困ったときは助けてくれるドラえもんの如き知恵者やら、とんでもない忍術の使い手やら、不可思議な挙動の矢を放つ弓矢の名手やら、個性豊かなキャラクターも面白い。みんなのすごい訛り具合も良い。

  • 連結がたまに変。
    殺陣がたくさん。
    深田恭子がいいよ。

  • タイトルで食わず嫌いしていたものの、見てみるとちゃんとした話でびっくり。参勤交代しなければならなかった理由だけはどうしても腑に落ちなかったが、それを除けば楽しく見られる良質のエンターテイメント。

  • 録画した超高速参勤交代。
    大名行列に見せかけるための手段とかもうな。
    肝心な時はいつも竹光だし。
    ズルすぎるw

    リターンズも見たい。

全197件中 1 - 25件を表示

超高速! 参勤交代 [DVD]に関連する談話室の質問

外部サイトの商品情報・レビュー

超高速! 参勤交代 [DVD]を本棚に「観たい」で登録しているひと

超高速! 参勤交代 [DVD]を本棚に「観終わった」で登録しているひと

超高速! 参勤交代 [DVD]を本棚に「いつか観る」で登録しているひと

ツイートする